GO!GO!九ちゃんフィッシング

毎週土曜日 あさ8時30分~TOKYO MXにて放送中!!

お花見フィッシング! 後篇

釣り場

■鳥羽井沼自然公園

〒350-0112 埼玉県比企郡川島町鳥羽井新田266
TEL(049)291-0884
埼玉県川島町鳥羽井の荒川西側土手に位置し、ひょうたん型の形をした鳥羽井沼と、その周辺の自然を残した形で整備した公園です。
約1万5千m2に広がる園内には芳康いちじく園の直売所ほか、隣の沼へとつながる遊歩道や、民芸資料館もあります。
春には200本の桜が楽しめるお花見スポットです。

https://www.houkouichijiku.com/tobainumakoen

仕掛け

【タナゴ釣り仕掛け】

竿
番組では、市販の2本つなぎ竿を使用しました(長さは、45cmと68cm)。
※竿の長さは、短いほど扱いやすく、手元から 水面までの高さを目安に合わせるといいでしょう。

道糸
番組では、市販のナイロン素材0.2号(タナゴ用の黒い糸)を使用しました。
※竿の長さより、5〜10cmくらい“長め”にするとエサを付けやすくなります。

親ウキ
番組では、タナゴ釣り用の自作ウキ(外通しタイプと斜め通し)を使用しました。
※親ウキがゆ〜っくりと沈んでゆくように極薄の板オモリでバランス調整をしています。

シモリ(糸)ウキ
番組では、水中で見やすいように蛍光カラーを塗装したシモリ玉6〜7個の自作ウキを使用しました。
※タナゴ釣りは、親ウキの動きを見るのではなく、シモリウキが横に動く、止まるなどの動きを見ながら微妙な食いアタリをキャッチします。

ハリス止め
番組では、市販のステンレス製極小タイプを使用しました。ハリスのチチワを引っ掛けるだけのワンタッチ装着が可能です。

オモリ
番組では、市販の極薄板オモリ(厚さ0.1mm)を使用しました。
※細くカットしハリス止めに直接巻いてあります。
※親ウキがゆ〜っくりと沈んでゆくようにバランスを調整しています。

ハリ
番組では、市販の糸付きバリ(ハリスの素材はテトロン#100、長さは3cm、チチワ付き)を使用しました。
(※がまかつ社製の「極タナゴ」)

【へら鮒釣り仕掛け】

竿
へら竿9尺(2.7m)

道糸
ナイロン0.8〜1号

ウキ
へらウキ ボディ7cm
※エサ落ち目盛 7目盛出し

オモリ
板オモリ(0.25mmの厚さのもの)

ハリス
上0.6号15cm 下0.4号40cm

ハリ
上6号 下3号

エサ

タナゴグルテン

止水域から流れのある釣り場まで、様々なシーンに幅広く対応するスタンダードなタナゴ専用グルテンエサ。ハリ先に残るグルテン量が多いため、明快なアタリを選んで釣ることが可能。また、ニンニク成分も配合し、広範囲からタナゴを寄せ、食いを高める効果が期待できます。

楽ポイッ!

【新製品】
パッケージから取り出してすぐに使える粒状エサのセット。水中で拡散して魚を寄せる緑色の粒と、魚が食べる黄色い粒の2種類が入っています。使い方は、仕掛けにハリを2本セットし、糸が短い方に緑色の粒を、長い方に黄色の粒を付けるだけ。入門者も手軽に使えて、へら鮒、マブナ、鯉などのウキ釣りにぴったりです。

九ちゃんのワンポイントアドバイス!

今回は九ちゃんから「フナ釣り」のワンポイントアドバイス!

ぜひ釣り場で実践して、楽しいフィッシングライフを満喫しましょう。

さあ、後編はフナ釣り♪
本当はマブナやコイっ子なども併せて釣る予定だったんだけど、この日に釣れたのは全てへら鮒だったんだよね。

今回のポイントは、ハルやイサムが使っていたエサ「楽ポイッ!」だよ!
寄せるエサとくわせ専用のエサがセットになっていて、とっても便利で、ボクもお勧めのエサなんだ♪
両方とも、すでに粒状になっているので、これをハリに付けるだけでOK。
エサを作るためのボウルや計量カップもいらないんだよ〜。
何より、エサが出来ているので、直ぐに釣りが始められるわけ。
そこで注目は緑の粒。
番組の水槽実験で見てもらったとおり、しっかりとハリに付いているのに、パラパラとバラケていたでしょ。
これでお魚を集めるんだよ。
そして、この緑の粒は指先で揉んでから使うと、よりバラケが良くなるんだ!
早くお魚を集めたいときは、この方法が効果的ってわけ。

もう1つのポイントは、できるだけ狭い範囲にお魚を集めて釣ることだよ。
後半戦は風が吹いてきて、しかもその風は向かい風となったんだ。
今回使ったエサ「楽ポイッ!」がせっかくお魚を寄せてくれるのに、ウキはどんどん手前に流れてきてしまってたんだ。
竿を引いたりして、誘いをかけるのはいいんだけど、あまりやりすぎると、仕掛けがどんどん手前に来てしまい、お魚を集めたポイントから離れてしまうか、集める範囲を広げてしまうんだ。
そんな時は風を背中に受けられる場所に移動するか、それができないときには、竿先を水中に入れ、道糸を沈めるなどしてできるだけ手前に流れてこないように注意してみようね。

綺麗な桜とウキは一緒に見ることはできないけど、イサムのように空振りしてカリカリしてないで、桜を見て心をお・だ・や・か・に!

きっと楽しい釣りができること、うけあいだよ♪

ページのトップへ戻る