GO!GO!九ちゃんフィッシング

毎週土曜日 あさ8時30分~TOKYO MXにて放送中!!

冬のへら鮒!後篇

釣り場

■つり処 椎の木湖

〒348-0011 埼玉県羽生市三田ヶ谷平島2551-1
TEL(048)565-4133
日本一のへら鮒管理釣り場として知られている釣り場で、数多くの全国大会決勝の場としても有名。大型のへら鮒が多く、自動計量器で重さを量ることも可能な、施設が整っている釣り場です。『椎の木湖食堂』で食事もできます。

営業時間は季節によって異なりますので、お問い合せください。

車でのアクセスは東北道羽生(はにゅう)インターチェンジから約2km。羽生ICを降りて左折、三田ヶ谷交差点を左折し、椎の木湖看板で右折してください。

http://www.shiinokiko.jp/

仕掛け

竿
へら竿13尺(3.9m)⇒12尺(3.6m)

道糸
フロロカーボン0.8号

ウキ
へらウキ ボディ13cm
※エサ落ち目盛 7目盛出し

オモリ
FishLeague「絡み止めスイッチシンカー」0.8g 板オモリ調整

ハリス
上0.5号 10cm 下0.4号 50cm
ハリ
上7号 下3号

エサ

段底

最近の段差の底釣りに合わせパワーアップした専用バラケエサ。タナまで持たせやすく抜けもスムーズというコンセプトはそのままに、より使いやすくなりました。縦方向のバラケ性を強めてウワズリを抑え、安定した食いアタリを持続。まとまり感も強化し、セット釣りの定番「粒戦」とブレンドしても、ハリ付けしやすいバラケエサに仕上がります。

粒戦

セットのバラケに加えて使う、競技用粒状ペレット。「粒戦」がバラケの中からポロポロと落下することで、へら鮒の視覚に強烈アピール、高活性を誘発。くわせエサへの明確なアタリをもたらします。

力玉

わらびウドンタイプの粒状くわせエサです。使いたいときにサッと取り出しハリに付けるだけ。手にべとつかずハリ付けが簡単。だから素早い手返しが可能!浅ダナからチョーチン、段差の底釣りとセット釣り用くわせエサとしてオールラウンドに活躍します。冬季限定品。

力玉・大粒

人気の「力玉」よりも大粒で、特に段差の底釣りに威力を発揮します。冬季限定品。

「へら鮒ハンター」戸井田祐一のワンポイントアドバイス

フィッシングショー2017でへら鮒釣りの世界観を楽しみましょう!

あの「へら鮒ハンター」戸井田祐一が教える、へら鮒釣りのワンポイントアドバイス!ぜひ釣り場で実践して、楽しいフィッシングライフを満喫しましょう。

ハルもいいアタリだしてましたねー

ふわふわ チッ!(笑)

この時期の底釣りならではの小さなアタリ。
高活性時期のズバっと消しこむアタリもいいけど、この小さなアタリで釣るのも気持ちいいんです。

何が気持ちいいのかって?

それは釣れたんじゃなくて釣ったという実感ですね。 この小さなアタリをタイミングよくアワせるのは難しいと思いますが、アタリの前にでる「サワリ」が分かるとアワセやすくなります。
その「サワリ」こそが、何度もいっている「ふわふわ」なんですよ。
これはくわせエサの近くにへら鮒が寄ってきて、その水流によって仕掛け(くわせエサ)が動かされているサイン。
「もうすぐ食べるよ!」ってサインなので、そんな時はアタるまでとことん待ちましょう。

へら鮒釣りの醍醐味っていくつかありますが、自分としてはウキの動きから水中をどれだけイメージでき、思い通りにウキを動かせるかってとこなんですよね。

そんなへら鮒釣りの醍醐味であったり、楽しみ方や世界観などが体験できる場がやってきましたよ。

詳しくはこちら

↓↓↓↓↓↓

■フィッシングショー2017(1月20日〜22日開催)

もちろん戸井田も会場に行きます!
お近くの方は是非フィッシングショーの会場(みなとみらい・パシフィコ横浜)までお越しください。

一緒にへら鮒釣りの世界観を楽しみましょう!

ページのトップへ戻る