へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > さくら湖 > 釣果情報

2009.08.22

吉田 康雄インストラクター さくら湖にて

29kg(55枚) 月例会(底釣り規定) 第1位

釣行場所 さくら湖   C桟橋49番
釣行日時 2009年08月22日(土)   
天候 晴れ
混雑度
釣行理由 月例会(底釣り規定)
釣果 29kg(55枚)
成績 第1位
釣り方 13尺バランスの底両ダンゴ(上バリ2cmズラシ)
仕掛け 竿13尺(神威) 道糸0.8号(タイプII) ハリス上下0.4号(上40cm、下47cm タイプIIハリス) ハリ上下3号(極ヤラズ) ウキ吉田作底釣りパイプ14番

エサ

(1) 「ダンゴの底釣り夏」50cc+「ダンゴの底釣り冬」50cc+「バラケマッハ」50cc+水70cc(30回かき回す)
(2) 「ダンゴの底釣り夏」100cc+「グルバラ」100cc+「バラケマッハ」100cc+水100cc(60回かき回す)

スタートは(1)のブレンド。ポツポツ釣れたが寄せ不足&重過ぎと感じたため、(2)のブレンドに変えた。手直しはエサ持ちが悪くなったら30回かき回す。手水はたまに打ったが、この日はあまり軟らかくするとウワズってしまい、食いアタリにつながらなかったため、基エサのまま釣り続けた。エサを付けて振り込み、3目盛りウキがナジみ、1目盛り返してきてからの位置でのアタリがヒット率がよかったので、そのアタリに集中してアワセた。ズラシ幅は上バリトントンの位置から1〜2目盛りズラシ。

釣り方の注意点 底釣り規定のため、同じような竿の長さで同じ底釣り。当然魚の引っ張りあいになるため、エサの重過ぎやタッチが合っていないと、アタリも出ていなかったようです。渋いからとすぐにセットにするより、ダンゴをうまく合わせたほうが釣れ続きます。セット(段底)などにすると最初は簡単に釣れますが、魚の寄りが増えるに従い、上のバラケにアタックされ難しくなります。しばらくの間は、魚の寄りが多いときは(1)のブレンド、食い渋り時は(2)の軽めのブレンドでいけると思います。
釣り場情報