へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2017.10.09

高原 良貴モニター 野田幸手園にて

45.9kg(71枚) 日研個人ベストテン決勝 第4位

釣行場所 野田幸手園   竹桟橋
釣行日時 2017年10月09日(月)   6:15〜15:00
天候 晴れ
混雑度 80%
釣行理由 日研個人ベストテン決勝
釣果 45.9kg(71枚)
成績 第4位
釣り方 8尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」「力玉」のセット
仕掛け 竿8尺 道糸0.8号 ハリス上0.6号、下0.5号(上8cm、下30cm) ハリ上7号(バラサ)、下5号(タクマ) ウキ光作(ボディ5cmPCトップ足長)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「とろスイミー」100cc+水200cc(約5分放置後)+「セット専用バラケ」100cc+「セットガン」100cc+「セットアップ」100cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)」、「感嘆(「さなぎ粉」入り)」20cc+コーラ20cc

[バラケ]基エサをていねいにハリ付けして、ウキ(全7目盛り4目盛り出し)を沈没寸前までしっかりナジませる。ナジミきってからバラケが抜ける間の力強いアタリを狙って釣りました。水面に近い魚を刺激しないように、基エサに手水を加え、軟ネバにしたバラケが一番アタリがもらえました。[くわせ]ジャミのアタリが多いときは「力玉」、少ないときは「感嘆」を使用しました。

釣り方の注意点 ウキがナジミきってからバラケが抜けるまでの間、およそ15秒を目安にして、手水でバラケを調整しました。
釣り場情報 当日はチョーチンセットのほうが、浅ダナセットよりも大型の魚が釣れていました。