へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波白水湖 > 釣果情報

2017.11.10

早川 浩雄アドバイザー 筑波白水湖にて

42.3kg(90枚) ゴールデンクラブ例会 第1位(参加25名)

釣行場所 筑波白水湖   南中央桟橋37番
釣行日時 2017年11月10日(金)   6:00〜16:00
天候 曇り時々晴れ(北〜南西の風)
混雑度 他約40人
釣行理由 ゴールデンクラブ例会
釣果 42.3kg(90枚)
成績 第1位(参加25名)
釣り方 9尺チョーチンバラケにウドンのセット
仕掛け 竿9尺 道糸1.25号(白の道糸) ハリス上0.8号、下0.6号(上10cm、下27.5cm ザイトサバキ) ハリ上9号(バラサ)、下6号(とろ掛) ウキ一志 「アドバンテージ」10番(ボディ10cmパイプトップ足長)

エサ

[バラケ]「凄麩」400cc+「バラケマッハ」400cc+「Sレッド」400cc+水250cc
[くわせ]「魚信」40g+水92g

バラケは上記の配合で水を加えたら手早くかき混ぜて3分ぐらい放置。約半分を小分けして手水を打ち20回ぐらい練り込み、残りの半分を合体して使用。2回目以降は、1/3ぐらいになったら新しいバラケを作り、使用していたものと合体して使用。

釣り方の注意点 朝は今期一番の4℃と冷え込んだ。日中は風も弱く穏やかという天気予報。そのため南中央桟橋の比較的空いている所に決めた。前週土曜日のマスターズ例会で朝の釣れだしはだいたい分かっていたので、浅ダナの釣れだしが早くても自分のペースでエサを打ち続けられた。バラケは抜かずに持たせた状態でアタリを取った。午前中に60枚、午後はアタリが遠く30枚。
釣り場情報 第2位は南中央桟橋15番、8尺カッツケ(タナ40cm)バラケに「力玉(「さなぎ粉」漬け)」のセットで34.8kg(89枚)。第3位は東桟橋22番、9尺カッツケ(タナ30cm)バラケに「感嘆(「さなぎ粉」入り)」のセットで32.2kg(78枚)。第4位も東桟橋5番、9尺カッツケ(タナ45cm)バラケにウドンのセットで31.8kg(83枚)。第5位も東桟橋27番、8尺チョーチンバラケに「ヒゲトロ」のセットで28.2kg(63枚)。