へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2017.11.11

田中 雅司モニター 筑波湖にて

31枚 プライベート 

釣行場所 筑波湖   5号桟橋中央→4号桟橋奥
釣行日時 2017年11月11日(土)   6:30〜13:30
天候 晴れ
混雑度 60%(100人)
釣行理由 プライベート
釣果 31枚
成績
釣り方 21尺底釣り両グルテン→12尺浅ダナバラケに「力玉大粒」のセット→11尺チョーチンバラケに「力玉大粒」のセット
仕掛け [底釣り時]
竿21尺 道糸1号(へら名人グリーン) ハリス上下0.4号(上43cm、下50cm へらハリス) ハリ上下5号(ストロングストレート) ウキ薫作 「底釣用」15番(パイプトップ)

[浅ダナ時]
竿12尺 道糸0.8号(へら名人イエロー) ハリス上下0.4号(上15cm、下50cm へらハリス) ハリ上5号(ストロングストレート)、下3号(ストロングストレート) ウキ自作 「浅ダナ用」6番(パイプトップ)

[チョーチン時]
竿11尺 道糸0.8号(へら名人ブラウン) ハリス上0.5号、下0.3号(上5cm、下50cm へらハリス) ハリ上3号(ストロングストレート)、下1号(ストロングストレート) ウキ自作 「チョーチン抜きセット」7番(グラスムクトップ)

エサ

[底釣り時]
「新べらグルテン底」120cc+「グルテン四季」100cc+水200cc(手水で硬さを調整)

[浅ダナ時]
[バラケ]「粒戦」50cc+「バラケマッハ」320cc+「サナギパワー」160cc+水200cc+「GTS」160cc+「軽麸」100cc(硬さを調整)
[くわせ]「力玉大粒(「さなぎ粉」漬け)

[チョーチン時]
[バラケ]「粒戦」100cc+「セット専用バラケ」160cc+水200cc+「GTS」160cc+「サナギパワー」160cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

釣り方の注意点 当日の朝一番に新べらが1.8t入り楽しみだ。いつも放流の直後は魚が入った付近のカケアガリにいて、その後は奥側の浅い所に移動したあと池全体で釣れるような傾向に思える。とりあえず混雑時に新べらがよく釣れる5号桟橋の中央に入り、21尺の底釣りで試したい。エサもグルテンで対応し、場合によっては宙釣り両グルテンに変更を考えスタートした。数分後にN氏、Y君が来て一緒に釣りを開始。私が底釣り、N氏が18尺宙釣り両グルテン、Y君が16尺浅ダナセットでスタートした。朝のうち、筑波湖の山向きは多少ウキが見づらいが、我慢しているとチクッと入り、最初に入れた新べらが掛かってきた。その後ぽつぽつとアタリがあり、6枚追加。一番右のY君は新べらが入れ食いで楽しそうなので、私も底釣りから12尺の浅ダナセットを試した。Y君も12尺ぐらいで十分と思い竿を変更。2名で打ち始めると左斜め前から風が吹き始め、ウキが右に流れてアタリが出ない。ようやく1枚釣り、正面の4号桟橋奥は風が当たらないので5人で移動を決め、チョーチンセットで対応した。数分でアタり始め全員がぽつぽつ釣れるようになり、大型の引き味を楽しんだ。例会組は15時に終了。一般客の終了時間は15時30分であったが、残り30分は全くウキが動かずに終了となってしまった。それでも新べらの引きを楽しめた。
釣り場情報