へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > さくら湖 > 釣果情報

2017.12.02

田中 雅司モニター さくら湖にて

16枚(底釣り8枚、チョーチン8枚) プライベート 

釣行場所 さくら湖   C桟橋奥事務所背
釣行日時 2017年12月02日(土)   6:40〜14:40
天候 晴れ
混雑度 60%(160人)
釣行理由 プライベート
釣果 16枚(底釣り8枚、チョーチン8枚)
成績
釣り方 21尺底釣りバラケに「わたグル」のセット→9尺チョーチンバラケに「力玉大粒」のセット
仕掛け [底釣り時]
竿21尺 道糸1号(へら名人煌) ハリス上下0.4号(上43cm、下50cm へらハリス底) ハリ上下4号(ストロングストレート) ウキ薫作 「底釣り」15番(パイプトップ)

[チョーチン時]
竿9尺 道糸0.8号(へら名人ブラウン) ハリス上0.5号、下0.3号(上5cm、下50cm へらハリス) ハリ上4号(ストロングストレート)、下1号(ストロングストレート) ウキ自作 「深宙抜きセット」7番(グラスムクトップ)

エサ

[底釣り時]
[バラケ]「ペレ道」100cc+「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ダンゴの底釣り冬」100cc+水160cc
[くわせ]「わたグル」150cc+水160cc
(タッパー作り、ポンプ出し)

[チョーチン時]
[バラケ]「粒戦」100cc+「セット専用バラケ」160cc+水200cc+「GTS」160cc+「セットアップ」160cc+「サナギパワー」50cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

釣り方の注意点 長竿の底釣りが行いたく、久しぶりにさくら湖へフォーラム侠のメンバーと遊びに来た。6時半に現地へ着くと、さくら湖の愛好会の12月例会を行っていた。新べらがよく釣れる情報から多くの釣り客が入っていて、5人で並んで入る場所が少なく、C桟橋奥のみ並んで空いていたので、そこへ入ることにした。Y君とS氏が短竿の浅ダナセット、私が21尺底釣り、H氏とN氏も21尺底釣りで行った。私は、とりあえず打ちだしをバラケにグルテンのセットで行った。朝のうちは池を見る限り釣れている人が少なく、場所によっては全くアタリがなく移動する人も出ている状況。15投ぐらい打つとサワり始め、フワ、チクチクなどでへら鮒とは違う動きである。早くチクッとアタることを願い打っていくと食いアタリらしいものがあり、アワセるとアッパー。数投後にヒットし、旧べらの型物だった。さらに数投後、小型の旧べらのアタリが段々多く出てきてうれしいが、空振りが多い。教科書通りのアタリでも空振りで、タナが変化したと思い再度水深を測るが変わりなく、アタリの取り方に注意して対応し続ける。新べらに変われば落ち込みの早いアタリで釣れるのだが簡単にはいかず、8枚で終了。次に、小貝川吉野でいじめられた短竿(9尺)のチョーチンセットを試した。2投目から釣れ、パタパタと続いて面白いと思っていたら、いきなり釣れなくなりビックリ。サワリはあるが食いアタリがなく、11尺に変更。1枚はすぐに釣れたがあとが続かず、ガッカリ。大変難しく苦戦の1日であった。今回で懲りずに、またさくら湖に来ることを誓った。
釣り場情報