へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > さくら湖 > 釣果情報

2008.08.23

吉田 康雄インストラクター さくら湖にて

26kg(57枚) 底釣り月例大会 第1位

釣行場所 さくら湖   C桟橋D桟橋向き
釣行日時 2008年08月23日(土)   
天候 曇り
混雑度 50%
釣行理由 底釣り月例大会
釣果 26kg(57枚)
成績 第1位
釣り方 13尺底釣り両ダンゴ(上バリ5cmズラシ)
仕掛け 竿13尺(嵐馬) 道糸0.8号(東レスーパープロフロロ) ハリス上下0.4号(上40cm、下47cm 東レスーパープロプラス) ハリ上下4号(極みヤラズ) ウキ吉田作底釣り(プロトタイプ)13番

エサ

(1)「ダンゴの底釣り夏」50cc+水40cc(5分放置)+「グルバラ」50cc+「バラケマッハ」50cc(60〜70回かきまぜてエサの芯をつくる)
(2)「ダンゴの底釣り夏」50cc+水40cc(5分放置)+「グルバラ」100cc(50回かきまぜる)

手直しは手水で軟らかくするだけ。 エサを作る量が少なく感じるかもしれませんが、食い渋りのときは新しいエサに変えた瞬間、何枚か釣れることが多いので、こまめにエサを作ることが大切だと思います。

釣り方の注意点 ほぼ(1)のブレンドで釣れましたが、魚が寄り過ぎたり待たないとアタらないときには(2)のブレンドにするとエサ持ちもよく待てます。また、早いアタリを取り続けるとウワズってしまいアタリもなくなってしまうので2〜3回めのアタリを取るようにすると釣れ続きました。底釣りはウキのオモリ合わせ(エサ落ち目盛り)やタナ取りを焦らずじっくりとやることが大切です。釣れなくなったときにタナがおかしいのか、エサが合っていないのかが分からなくなります。ひとつひとつ迷いを消していくことが1日安定して釣れ続けるコツです。
釣り場情報 この日は底釣り大会のため底釣りしかできませんでしたが、浅いタナの両ダンゴが型もよく数が釣れます。混雑したらウドンまたはヒゲトロセットにすればよいと思います。