へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > さくら湖 > 釣果情報

2008.11.01

吉田 康雄インストラクター さくら湖にて

24kg(53枚) さくら湖愛好会 第1位

釣行場所 さくら湖   C桟橋
釣行日時 2008年11月01日(土)   
天候 晴れ
混雑度 41人参加
釣行理由 さくら湖愛好会
釣果 24kg(53枚)
成績 第1位
釣り方 8尺1mバラケにウドンのセット
仕掛け 竿8尺(風刃) 道糸0.7号(東レスーパープロプラス) ハリス上0.5号(5cm 東レスーパープロフロロ)、下0.4号(30〜35cm 東レスーパープロプラス) ハリ上5号(極ヤラズ)、下3〜4号(喰わせヒネリ) ウキ吉田作パワーセット5番

エサ

[バラケ]「粒戦」50cc+「粒戦細粒」20cc+水150cc+「スーパーダンゴ」200cc+「底バラ」100cc+「浅ダナ一本」100cc(10分放置)+「軽麩」150cc
[くわせ]「魚信」2分包+水160cc(鍋作り)

[バラケ]上記基エサを半分に分けて、手水で軟らかくして、そこへ洗った「粒戦」50cc、「粒戦細粒」をパラパラ程度入れ、「浅ダナ一本」をひとつかみ入れて、まとめる。アタリが少なくなったら「軽麩」を入れて硬くする。これでもアタリが出なくなったら、「粒戦」&「粒戦細粒」を追い足ししていない基エサを軟らかくして使うとアタリが復活しました。午前中はウワズリが激しく水面まで魚が出てきてしまうので「粒戦」&「粒戦細粒」を追い足ししたバラケがよかったが、午後になるとそのエサでは魚が下ズル感じがしたので「粒戦」のあまり入っていない基エサを使い、喰わせのウドンの周りに軽めのバラケを漂わせるイメージで釣りました。 [くわせ] 安定液は「特選わらび職人」10cc、コーヒーミルク3個

釣り方の注意点 バラケをしっかりと付けて毎回深ナジミさせてトップをゆっくりとあげる。早くバラケを抜くとアタリは減りました。アタリがなくなったときはバラケをもっとしっかり付けて、さらにゆっくり抜けるようにするとアタリました。でもこれを2〜3回繰り返すとアタリが消えるので、大きめのバラケをラフ付けして1〜2回打ち、わざとウワズらせる感じにさせておいて、次の1投をしっかりと付けて、そこで1枚釣るようにしないと釣れ続きませんでした。
釣り場情報