へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 甲南へらの池 > 釣果情報

2018.09.08

濱嶋 勇フィールドテスター 甲南へらの池にて

43kg(131枚) 東レカップ関西大会 第1位

釣行場所 甲南へらの池   
釣行日時 2018年09月08日(土)   7:30〜13:30
天候 雨のち曇り
混雑度 約60%(約80人)
釣行理由 東レカップ関西大会
釣果 43kg(131枚)
成績 第1位
釣り方 7尺カッツケ(タナ15cm)バラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿7尺(独歩) 道糸0.7号(タイプII) ハリス上下0.5号(上8cm、下18cmスーパープロプラス) ハリ上4号(バラサ)、下3号(喰わせヒネリ)→3号(リグル)→2号(喰わせヒネリ) ウキ達明「オリジナル」→AKIRA(ボディ3.5→3cmパイプトップ足長)

エサ

[バラケ](1)「粒戦」50cc+「粒戦細粒」30cc+「セットガン」(山盛り)100cc+水150cc+「セット専用バラケ」100cc+「バラケマッハ」100cc+「軽麸」100cc
(2)「粒戦」50cc+水140cc(5分置いて)+「セット専用バラケ」200cc+「パウダーベイトスーパーセット」100cc(30回かき混ぜる)+「軽麸」100cc
[くわせ]「感嘆
(「さなぎ粉」入り)」10cc+コーラ9cc

釣り方の注意点 朝一は活性があり、バラケを受けさせて釣りました。タッチはカタボソで、基エサのまま使用。1時間ほどで活性が悪くなり、(1)のエサに手水を打って軟らかくし、「軽麸」で調整しながら釣りました。2時間半が過ぎたころ、さらに悪くなったため、ウキを小さくし(2)のエサにしました。これも基エサに手水を打ち「軽麸」で調整。ナジミを入れないとアタらなくなったため、エサ落ち目盛りを2.5から4目盛りにして対応しました。ハリスは伸ばしても意味がなかったので、ほとんど18cmでハリの重さで調整しました。それからポイントが良かったです。
釣り場情報 第2位はチョーチンセット、第3位はチョーチン両ダンゴでした。