へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 富里乃堰 > 釣果情報

2019.06.29

吉田 康雄インストラクター 富里乃堰にて

12.25kg M-1CUP 関東地区予選準決勝1回戦 ブロック第1位

釣行場所 富里乃堰   
釣行日時 2019年06月29日(土)   6:30〜10:30
天候
混雑度
釣行理由 M-1CUP 関東地区予選準決勝1回戦
釣果 12.25kg
成績 ブロック第1位
釣り方 9尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿9尺(皆空) 道糸1号(ストロングアイ) ハリス上0.6号、下0.4号(上8cm、下30→35cm スーパープロプラス) ハリ上7号(極ヤラズ)、下4→3号(軽量関スレ) ウキ吉田作「Ayアルマ」1→2番(ボディ4→4.5cmパイプトップノーマル)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「粒戦細粒」50cc+「サナギパワー」100cc+水200cc+「セット専用バラケ」100cc+「セットアップ」100cc+「BBフラッシュ」50cc
[くわせ]「感嘆
(「粘力」スプーン2杯入り)」15cc+水17cc

釣り方の注意点 当日のために4回試釣を行い、朝イチはメーター「感嘆」セットでスタートダッシュを決められそうな確信があったので、この釣り方で始めました。狙い通りすぐに釣れて9時頃15枚となり検量。その後は予想通りに手前の魚の食い気が一気に落ちたので、下バリを小さくし、ハリスを伸ばしてアタリを保っていた。今回のメーター「感嘆」セットのポイントは、朝の食い気のあるときは下ハリスを30cm、下バリを4号とし、食わせエサをしっかりと張らせて強いアタリを出す。食い気が落ちたら下ハリスを35cmとし下バリを3号。また開き気味のバラケエサが良いので、ウキサイズを1ランク上げ、水面付近の魚に邪魔されず、タナにバラケエサを届けるようにしました。
釣り場情報