へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 椎の木湖 > 釣果情報

2019.07.13

吉田 康雄インストラクター 椎の木湖にて

75.07kg(82枚) プライベート 第4位(池全体)

釣行場所 椎の木湖   251番
釣行日時 2019年07月13日(土)   6:00〜16:00
天候 曇り時々晴れ
混雑度
釣行理由 プライベート
釣果 75.07kg(82枚)
成績 第4位(池全体)
釣り方 10尺宙釣り(タナ1m)両ダンゴ
仕掛け 竿10尺(皆空) 道糸1号(ストロングアイ) ハリス上下0.5号(上30〜40cm、下40〜50cm スーパープロプラス) ハリ上下6〜7号(軽量ダンゴヒネリ) ウキ吉田作プロト「両ダンゴ用」(ボディ7cmパイプトップノーマル)

エサ

(1)「カルネバ」200cc+「凄麩」200cc+「バラケマッハ」200cc+「浅ダナ一本」100cc+水200cc

(2)「GD」100cc+「カルネバ」200cc+「凄麩」200cc+「バラケマッハ」200cc+水250cc+「浅ダナ一本」150cc

(3)「カルネバ」200cc+「凄麩」200cc+「バラケマッハ」200cc+水200cc+「BBフラッシュ」100cc

釣り方の注意点 朝イチは、まず状況確認のため(1)からスタートし、2投目から釣れ始める。1ボウル打ち終わる頃より水面下の魚が多くなり、難しくなってしまった。そこで(2)の「GD」がブレンドされたパターンにしたところ、一気にペースアップした。「GD」の”途中で開かずタナで開く”という性質のおかげで、午前中は、このパターンの小エサが決まった。しかし午後になると状況が変わった。水面下の魚がおとなしくなり、またタナの魚の反応も悪くなってしまった。そこで(3)のパターンに変更し、ハリスも上40cm、下50cmに長く。このままだと、エサ持ちが悪くなってしまうので、ハリのサイズもワンランクアップ。この対応が正解だったようで、ラスト2時間は深ナジミした位置でアタリが続き、ヒット率もアップしました。太陽が出たり曇っただけで、釣れるエサのタッチが変わってしまう1日でした。
釣り場情報