へら鮒天国TOP > へらエサQ&A

マルキユーのへらエサユーザーの皆様から、よく寄せられる質問にQ&A形式でご案内します。

へらエサQ&A

野釣りのバラケと「一発」のチョーチン釣り 「段差バラケ」400cc+「バラケマッハ」200cc+水100ccのバラケがうまくつけられないときは?

一発の段差釣りのバラケは水分が少ないボソエサが基本。手の平で握るように形を整え、その中にハリを埋めるようにして再度形を整えて直系5cmほどにハリ付けします。うまくまとまらない場合は、まとまりがいい「天々」を加えるといいでしょう。上記ブレンドに「天々」400ccを入れ水150ccでかき混ぜ、コツは手の平でギュッとにぎるようにして形を整えます。タナが18尺以上の深い場合は2、3回握りながら全体を丸くしてハリ付けするといいですよ。

管理釣り場の両グルテンの宙釣り 最近のブレンドは?

最近では、以前のように大きく開くものより芯残りがいいタイプに代わってきました。例えば「グルテン四季」100cc+「わたグル」100cc+水230cc。これをつまんでパチンコ玉ほどにハリ付けするのが主流になっています。

管理釣り場の両グルテンの底釣り アタリがでないときは?

グルテンは麩エサに比べて集魚力が弱いため、40cmと48cmといったような長ハリスでへら鮒にエサをアピールしながら釣るのが効果的です。アタリがでないのはへら鮒の寄りが少ないとき、タナが狂っていることが考えられます。寄りが少なければエサをやや角ばらせてテンポ良く打ち返します。両グルテンの底釣りのタナは上バリ3〜5cmズラシが基本。エサが軽いので始めからずらし幅を多くしてエサを安定させるわけです。このタナ設定でアタリがでないときは竿を長いものと交換して沖の深いエリアを攻めるといいでしょう。

管理釣り場の浅ダナ両だんご 早期のブレンドパターンは?

ダンゴを追い始めたこの時季は、シットリ系でまとまりがいいエサが基本。そのため「ガッテン」単品500ccを水100ccでつくったものからスタートします。その後、これに手水を打ちながら軟らかくして、しっかりしたアタリがでるタッチを探ります。早期はわすかのタッチの違いでアタリの出方が大きく変わります。段階的に少しずつ調整するのがポイントです。その後、へら鮒の寄り方や活性に応じて、エサ持ちが弱ければ「ガッテン」400cc+「BBフラッシュ」100+水100cc、アタリが少なければ「ガッテン」400cc+「スーパーダンゴ」100cc+水100ccでバラケ性の良いもので集魚します。

管理釣り場のペレ宙 どんなブレンドがいいのですか?

以前はボソッとした大きなエサが良かったのですが、最近では「ペレ道」だけでなく粒戦を使った釣り方もあります。短ザオ浅ダナ両だんご感覚で釣るときは軽めの「粒戦」50cc+水200cc+「白べら」200cc+「もじり」200cc+「軽麩」200cc。長ザオで沖の大型をターゲットにする場合は、「ペレ道」200cc+水200cc+「白べら」200cc+「BBフラッシュ」200cc+「軽麩」200cc。これらのパターンは目安なので状況に応じて使い分けてください。

管理釣り場のペレ宙 長ザオの浅ダナ釣りで、サワリだけでアタリがでないときは?

エサがしっかり付いていればカラツンでもはっきりしたアタリがでるはずです。サワリだけで決めアタリがでないのは、エサのバラケ過ぎと判断していいでしょう。こんなときは、エサをていねいに丸めてしっかり付けます。最近ではボソよりシットリが気味がいいため、なじみ幅が少ないと上ずりになります。さらにハリスの長さは50cmと60cmが目安ですが、強いサワリがでるわりにアタリが少なければ上下5cmずつ短くします。反対にサワリが弱ければ長くします。いずれにしてもトップが深くなじんだところで、カラツンでもいいですからしっかりした動きをだすことです。

管理釣り場のペレ宙 カラツンが多いときは?

カラツンが出る位置に注目してください。落ち込みでカラツンになる場合はエサが開きすぎてへら鮒がはしゃいいるときです。エサをていねいに丸めてトップをしっかりなじませ、そこからのアタリを狙います。トップがしっかりなじんでいるときのカラツンはエサの持ちすぎです。ひと回り小さくエサ付けするか、手水を1、2回打って軟らかく調整するといいでしょう。

管理釣り場の両グルテンの底釣り 「いもグルテン」30cc+「グルテン四季」30cc+「グルテンα21」30cc+水100ccでカラツンが多いときは?

始めに、エサをひと回り小さくエサ付けします。それでも効果がなければ濡れた手でエサを2、3回押さえるようにして軟らかく調整したものをていねいにハリ付けし、さらにタナを2cmずつ深くしてヒットするところを探ります。グルテンは軽いのでなじみ幅がでやすいムクトップが効果的。エサ落ち目盛りの確認と水深のチェックも忘れずに。

野釣りのバラケとグルテンのチョーチン釣り 「段差バラケ」400cc+「新B」200cc+「天々」200cc+水120ccのバラケと「グルテンα21」単品の標準つくりのくわせえさでサワリもでないときは?

へら鮒の寄りが少ないので、使っているバラケに手水を1、2回打ちバラケ性を良くしたものを500円玉大にハリ付けして集魚します。さらに下のハリスは60cmを目安に10cmずつ長くします。これでもサワリがでないときはタナが違うと考えられます。サオを2〜3尺長いものと交換して深いタナを攻めましょう。

野釣りのバラケとグルテンのチョーチン釣り カラツンが多いときは?

バラケの開きすぎ、くわせエサが硬い、あるいは下のハリスが長すぎるのが原因です。バラケエサはひと回り小さくしてていねいにエサ付けします、グルテンは濡れた手でエサを押さえるように軟らかくしたものを大豆粒大につけます。さらにハリスを5cmずつ短くしてサワリを抑えるようにすると食いアタリがしっかりでます。