浅ダナでのヒゲトロセットは、夏場、両ダンゴに反応は示すものの、カラツンやスレが多いとき、または明確な食いアタリが出にくいときに、短ハリスで確実に釣っていくことを主眼に置いた釣り方です。パラパラと落下するバラケの粒子に寄ってきたへら鮒に、数cm下を漂う「ヒゲトロ」を吸い込ませるイメージです。ハリスが短いため、アタリはオモリにダイレクトに伝わり、強く出ます。釣り場が混雑しているときなど、夏の食い渋り対策として効果的です。
■作り方
■一般的な仕掛け
■釣り方と対処法
  ●理想的なウキの動き
  ●エサの大きさ
  ●ウキが沈没してしまうとき
  ●ウキがナジまないとき
  ●サワリがあるのに食いアタリがでないとき
  ●アタリがあるのに釣れないとき
(1)「Sブルー」すりきり5カップをエサボウルなどの容器に入れ、水1カップを注ぎます。

(2)手を熊手状に開いて、全体に水がゆきわたるように均一に混ぜ合わせればできあがりです。


●エサのまとまりが良いので、練り込まずに使用してください。

●くわせエサには「ヒゲトロ」をご使用ください。
 
↑ページトップ
●竿
8〜10尺
●道糸
0.8〜1号
●ハリス
上 0.5号
6p ← → [8p] ← →10p
下 0.3〜0.4号
13p ← → [15p] ← →20p
●ハリ
上 5号
下 4号
●ウキ
ボディ 6〜8p。

 
↑ページトップ
●理想的なウキの動き
ナジミをしっかり入れ、バラケが付いているうちにアタリをだすよう 心がけながら釣ります。
●エサの大きさ
●ウキが沈没してしまうとき
バラケエサが大きすぎです。エサを小さめに付けます。 また、沈んだウキが動かないようなときは、エサが持ちすぎていると判断し、手水をしてエサが開くようにします。
●ウキがナジまないとき
エサがタナまで持っていません。エサを大きく付けるか、丁寧に丸めてハリに付けてください。 それでもウキがナジミにくい場合は、エサが柔らかすぎると判断し、エサを追い足して硬めにし、持たせるようにします。
●サワリがあるのに食いアタリがでないとき
へら鮒がいる層とくわせエサの位置がズレていることが考えられ ます。下ハリスを長くし、アタリのでる長さを捜します。
●アタリがあるのに釣れないとき
寄せたへら鮒に下バリがあおられていて、空振りが多くなってい ます。下ハリスを短くして様子を見ます。ハリの大きさを1サイズ上のものに変えるのも一手です。
↑ページトップ


[0]『S DESIGN』サイトTOP

[1]『S DESIGN』とは

[2] 商品情報

・Sグリーン

・Sレッド

・Sブルー

・Sイエロー

マルキユーモバイルオフィシャルサイトヘ
へら鮒天国モバイルサイトヘ
お問い合わせ

(C) 2011 Marukyu Co.,LTD