チョーチンでの両ダンゴ釣りは、晩春から秋にかけて、食い気の高い大型のへら鮒を積極的に狙うスタイルです。 その日にもっとも釣れるタナを、竿の長さを変えながら探りあて、そのタナにへら鮒を集めながら食わせます。浅ダナでの釣りに比べて大きめのウキを使用。 大きめのエサをテンポよく打ち返し、厚く寄せたなかから、ウキがナジんだ後の力強いアタリをとってゆくのが理想です。
■作り方
■一般的な仕掛け
■釣り方と対処法
  ●理想的なウキの動き
  ●狙うタナによるエサの大きさ
  ●ウキが沈没してしまうとき
  ●ウキがナジまないとき
  ●アタリがあるのに釣れないとき
(1)「Sグリーン」すりきり5カップをエサボウルなどの容器に入れ、水1カップを注ぎます。

(2)手を熊手状に開いて、全体に水がゆきわたるように均一に混ぜ合わせればできあがりです。

 
↑ページトップ
●竿
7〜13尺
●道糸
1号
●ハリス
上 0.5号
20p ← → [40p] ← →50p
下 0.5号
30p ← → [50p] ← →60p
●ハリ
上 6号
下 6号
●ウキ
ボディ 7〜13p

 
↑ページトップ
●理想的なウキの動き
大きめのエサをテンポよく打ち返し、厚く寄せたなかから力強いアタリをとってゆくイメージです。トメやサワリなどの動きを出しながらウキをしっかりとナジませ、アタリを出していくのが理想です。
●狙うタナによるエサの大きさ
●ウキが沈没してしまうとき
エサが大きすぎるか硬すぎるためです。エサを小さめにハリ付けするか、手水をして柔らかくしてください。
●ウキがナジまないとき
エサが狙ったタナまで持っていません。エサを大きめにハリ付けするか、「Sグリーン」を少量ずつ加え、硬めにして使ってください。
●アタリがあるのに釣れないとき
エサが持ちすぎているか、エサが大きすぎます。エサを小さめにハリ付けするか、手水をして使っているエサを柔らかくする必要があります。柔らかくしたエサで釣れるようになったら、エサと水の比率を4:1で作ったものを使います。
↑ページトップ


[0]『S DESIGN』サイトTOP

[1]『S DESIGN』とは

[2] 商品情報

・Sグリーン

・Sレッド

・Sブルー

・Sイエロー

マルキユーモバイルオフィシャルサイトヘ
へら鮒天国モバイルサイトヘ
お問い合わせ

(C) 2011 Marukyu Co.,LTD