「一発」を用いた段差セット釣りは、暖かい時期、明快なアタリで比較的簡単に釣果を望める釣り方です。強い集魚力と拡散性が高いバラケエサでへら鮒を厚く寄せ、タナに漂った麩の粒子と共に、くわせエサの「一発」を吸い込ませて釣るイメージです。何よりも寄せることを重視した釣り方のため、釣り場の混雑による食い渋り時に威力を発揮。 また、この釣りが決まると食って持ってゆくアタリが多くなるので、アタリもとりやすくなります。
■作り方
■一般的な仕掛け
■釣り方と対処法
  ●理想的なウキの動き
  ●ウキが沈没してしまうとき
  ●ウキがナジまないとき
  ●エサの大きさ
  ●サワリがあるのに食いアタリがでないとき
  ●アタリがあるのに釣れないとき
(1)「Sピンク」すりきり5カップをエサボウルなどの容器に入れ、水1カップを注ぎます。

(2)手を熊手状に開いて、全体に水がゆきわたるように均一に混ぜ合わせればできあがりです。


●浅いタナや、やわらかいエサがいいときにはエサと水の割合を4:1で作ってください。

●くわせエサには「一発」をご使用ください。
 
↑ページトップ
●竿
8〜21尺
●道糸
1〜1.2号
●ハリス
上 0.5〜0.8号
10p ← → [20p] ← →30p
下 0.3〜0.5号
40p ← → [60p] ← →80p
●ハリ
上 6号 ← → [9号] ← →15号
下 2号 ← → [3号] ← →5号
●ウキ
ボディ 8〜15p

 
↑ページトップ
●理想的なウキの動き
タナにへら鮒を寄せるため、常に、一旦ウキを深くナジませることを心がけながら釣ります。ウキのナジミ幅は、ハリ付けするエサの大きさを変えて調整します。
●ウキが沈没してしまうとき
エサが大きすぎるか硬すぎるためです。エサを小さめにハリ付けするか、手水をしてやわらかくしてください。浅いタナや、やわらかいエサがいいときには水の割合を増やして作ってください。
●ウキがナジまないとき
エサがタナまで持っていません。エサを大きく付けるか、ていねいに丸めてハリに付けてください。
●エサの大きさ
エサ持ちやバラケ性は、硬さを変えて調整します。バラケ性を抑え、エサ持ちを良くしたいときは、「Sピンク」を少量ずつ加え、エサを硬くして使います。バラケ性を良くしたいときは、少しずつ手水を加え、エサをやわらかくして使います。
●サワリがあるのに食いアタリがでないとき
エサがバラけ過ぎていると考えられます。エサを硬くするか、押し練りを加えてエサのバラケ性を抑えるように調整します。もしくは下ハリスを長く調整し、アタリがでる長さを探します。
●アタリがあるのに釣れないとき
バラケエサへの反応が強いと考えられます。「Sピンク」を少量ずつ加え、エサを硬く調整するか、下ハリスを短く調整します。
↑ページトップ


[0]『S DESIGN』サイトTOP

[1]『S DESIGN』とは

[2] 商品情報

・Sグリーン

・Sレッド

・Sブルー

・Sイエロー

マルキユーモバイルオフィシャルサイトヘ
へら鮒天国モバイルサイトヘ
お問い合わせ

(C) 2011 Marukyu Co.,LTD