浅ダナでの両ダンゴ釣りは、晩春から秋にかけて、活性の高いへら鮒を積極的に狙っていくスタイルです。手返しのサイクルやアタリが出るタイミングも早いため、一日を通してみると、非常に高い釣果が期待できます。糸を引くようにバラケながら、ごく自然に落下していくエサでへら鮒を引き付け、食い気を立たせながら、追わせて食いにつなげるイメージです。リズミカルな打ち返しでテンポよくアタリを出していくのが理想です。
■作り方
■一般的な仕掛け
■釣り方と対処法
  ●エサ作りに際して
  ●狙うタナによるエサの大きさ
  ●ウキが沈没してしまうとき
  ●ウキがナジまないとき
  ●アタリがあるのに釣れないとき
(1)「Sイエロー」すりきり5カップをエサボウルなどの容器に入れ、水1カップを注ぎます。

(2)「Sイエロー」すりきり5カップをエサボウルなどの容器に入れ、水1カップを注ぎます。


●エサのまとまりが良いので、練り込まずに使用してください。
 
↑ページトップ
●竿
8〜12尺
●道糸
0.6〜0.8号
●ハリス
上 0.4号
15p ← → [20p] ← → 30p
下 0.4号
20p ← → [27p] ← → 40p
●ハリ
上 4〜6号
下 4〜6号
●ウキ
ボディ 4〜8p

 
↑ページトップ
●エサ作りに際して
エサと水の比率は、まず5:1でスタートしますが、状況に応じて比率を変え、最もその場にあった比率を探しだします。常に作りたての状態で使えるメリットもあるので、100ccのカップを使用するなど、少量ずつ何度も作ることをおすすめします。
●狙うタナによるエサの大きさ
●ウキが沈没してしまうとき
エサが大きすぎるか硬すぎるためです。エサを小さめにハリ付けするか、手水をして柔らかくしてください。
●ウキがナジまないとき
エサが狙ったタナまで持っていません。エサを大きめにハリ付けするか、「Sイエロー」を少量ずつ加え、硬めにして使ってください。
●アタリがあるのに釣れないとき
エサが持ちすぎているか、エサが大きすぎます。エサを小さめにハリ付けするか、手水をして使っているエサを柔らかくする必要があります。柔らかくしたエサで釣れるようになったら、エサと水の比率を4:1で作ったものを使います。
↑ページトップ


[0]『S DESIGN』サイトTOP

[1]『S DESIGN』とは

[2] 商品情報

・Sグリーン

・Sレッド

・Sブルー

・Sイエロー

マルキユーモバイルオフィシャルサイトヘ
へら鮒天国モバイルサイトヘ
お問い合わせ

(C) 2011 Marukyu Co.,LTD