← 2014年1月19日〜20日 高知県 宿毛レポート 2014年2月25日 和歌山県堅田レポート→
 
かかり釣り天国 > 工藤昇司レポート 静岡県・清水港
2014年1月26日 静岡県・清水港
 
  第28回 MFG筏かかり釣り部懇親釣り大会
 

1月26日(日)に、筏かかり釣り部の懇親釣り大会が清水港の3軒の渡船店を利用して開催されました。当日は心配された雨も受付時にはほとんど止んで、出船時には富士山が顔をのぞかせる好天となり、参加者49名(全参加者51名)が2尾の合計長寸を競い各ポイントで竿を振りました。

私も抽選で山本釣り船店の豊年のポイントへ入ります。ダンゴは「パワーダンゴチヌ」「本筏チヌ」「紀州マッハ攻め深場」「チヌスパイス」「細びきさなぎ」「ニュー活さなぎミンチ」、アミエビ、オキアミなどを清水の生オカラに混ぜてボソタッチに仕上げます。生オカラとアミエビ、オキアミの水分があるので、海水はほとんど入れなくてもOKでした。

メインのエサはボケ、シラサエビ、オキアミで、さなぎのミンチと一緒にアンコにして打ち込んでいきます。豊年のポイントの水深は12mほどで、潮の流れはほとんどないものの、時折上潮が滑り、カセがバースの足に近寄っていく程度。西よりの風が強く、ポイントによっては錨が流されるカセもあったようですが、我々のカセは完全に風裏で波気はほとんどありません。


まず、竿を曲げたのは淳子さんでシラサエビに来た40cm。エサ取りはほとんどいない状況で、落とし込みとラインを這わせて待つ、を試行錯誤。食ってきたのは這わせ気味にしてから誘いを掛けようとした瞬間、シラサエビに「グッ!」ときた39cmの1枚だけでした。

この日は全体でも厳しい状況が予想されましたが、結果は全体で35尾のチヌが検量に持ち込まれ、49cmの良型を2枚揃えた、チヌスタッフの川村直久さんが初優勝に輝きました。成績は以下のとおりです。



■大会成績
[順位] [氏名] [釣果1] [釣果2] [総匹数] [最少] [合計長寸]
優 勝 川村 直久 49 49 49 98
準優勝 鈴木 孝久 42 40 27 82
第3位 上田 昭宏 43 35 34 78
第4位 光田 武司 38 39 38 77
第5位 福永 豊 41 35 35 76
第6位 神村 和良 30.5 30.5 30.5 61
第7位 大谷 広隆 30 27 27 57
第8位 湯山 直昭 42 42 42
第9位 工藤 淳子 40 40 40
第10位 大石 佳伸 38 38 38
第10位 工藤 昇司 38 38 38

○大物賞………………川村 直久
○尾数賞………………福永 豊
○レディース賞………工藤 淳子

 
 
 
今回使用のマルキユーのエサ
         
本筏チヌ   紀州マッハ
攻め深場
  チヌスパイス   細びきさなぎ   ムギパワー白   ニュー活さなぎミンチ
激荒
                     
         
ニュー活さなぎミンチ   くわせオキアミ
スペシャルチヌ(L)
  活さなぎ   よせアミ   パワーダンゴチヌ  
 
  ※当日使用したダンゴにはカセに付いている生オカラを混ぜて使用。
 
ページトップへ
 

■ダンゴを混ぜる

■ダンゴが割れない
■かかり釣りスタイル
 
 
 
 
v
 
  ← 2014年1月19日〜20日 高知県 宿毛レポート 2014年2月25日 和歌山県堅田レポート→
 
  Copyright (C) 2010 Marukyu Co.,Ltd All Rights Reserved. サイトのご利用について  l  お問い合わせ