← 2011年 07月 愛媛県南宇和郡御荘湾レポート 2012年 09月23日 徳島県椿泊湾レポート→
 
かかり釣り天国 > 正木義則レポート 愛媛県 御荘湾
2012年03月17日 愛媛県 御荘湾
 
  春チヌ狙いで御荘湾へ
 
四国地方に春一番が吹いた2012年3月17日(土)、乗っ込みを意識した大型チヌを狙うべく、愛媛県南西部に位置する御荘湾に釣友5人と遠征した。

まだ冷たい雨が降りしきる中、6時30分に「釣り筏 宇和海」さんから出船し、マブネ沖33P、通称サンサンポイントと呼ばれるカセに向かった。水深が33mあることからその名が付いたポイントで、夢のロクマルが狙えるカセの1つだ。

到着後、はやる気持ちを抑えながらも早速ダンゴ作りに取りかかった。といっても、当日使う分のダンゴは事前に混ぜ合わせていたので、あとは海水と「ニュー活さなぎミンチ激荒」を加えるだけ。雨や風などのあるときには、サッと作れてトラブルが少ないのでオススメの方法である。

一日使う分のダンゴの内容は「パワーダンゴチヌ」1箱(12kg)+「本筏チヌ」1袋(5kg)+「速戦爆寄せダンゴ」1袋(4kg)+「ムギパワー白」1袋(2kg)の計23kg。これを2つに分けそれぞれを午前用、午後用としている。そして最終的には現地で、事前に混ぜたエサ1袋(11.5kg)に海水500ccと「ニュー活さなぎミンチ激荒」1袋(900g)を追加して混ぜ、釣り場の水深やその日の状況にあったダンゴに仕上げていく。

私の場合は基本的に“モーニング”は狙わない。そのため当日もダンゴが完成したら、竿下のステージ作り用として前述のダンゴに「ニュー活さなぎミンチ激荒」をアンコにして10個投入した。それからタックルをセッティングし実釣に入った。
 
 
  開始早々にヒット!?
 
7時前後に釣りをスタート。1投目からダンゴの割れ具合もよく、20秒ほどで「フワ〜ッ」とサシエが抜けてくれていい調子。そして次の2投目、同じように自然とサシエが出た瞬間、穂先がにわかにモタレる。すかさず大アワセを入れるとヒット!でも、引きがオカシイ。ときおり「グゥ〜」とか「グッ」とか引くので「ゴミ?それともタコ?」と思いながら上げてくると、現れたのはなんと1.5kg級の特大コウイカだった。

サシエの「くわせオキアミスペシャルチヌ(L)」が、よほど自然な動きをしていたのか、それとも美味そうに見えたのか…。オキアミに飛びついてしまった不運なコウイカ君だったが、これはこれでうれしいお土産に変身した。

予想外のゲストが釣れてから1時間弱が経過し、ダンゴが効き始めた8時10分、サシエをボケにしハワセていたところに再びアタリ。何度かの突っ込みをかわした末に顔を見せたのは45cmほどの良型チヌだった。

これで弾みがつき始めるかと思ったが、そう思い通りになるとは限らないのが魚釣り。1匹目を手にした直後から、どこからともなくエサ取りが寄ってきて大苦戦。軟らかいエサでは30秒も持たなくなってしまったのだ。

そこでエサ取り対策として「ニュー活さなぎミンチ激荒」の中に入っている“さなぎ”と“コーン”をサシエにセレクト。交互に使い分けて猛攻をかわし、10時頃に「激荒コーン」でなんとか2匹目を手にした。

続いて10時45分には「激荒コーン3個付け」で待望の“年無し53cm”をゲット!!着底付近でダンゴからサシエを抜き、ラインを張りながら落としていったところ、底近くで「グッグッ」とアタッてきた。この魚はとにかくよく引き楽しませてくれた。
 
 
  あの手この手で攻めた午後
 
弁当船が来たので小休止したあと、12時から釣りを再開した。いざ仕掛けを入れてみると、海底付近はさらにエサ取りの巣と化していて、コーン、さなぎ、練りエサなどで頑張っても有無を言わさず秒殺!

仕方がないのでタングステンシンカーでボケを付け、遠巻きにいるであろうチヌをピンポイントに狙ったがこの作戦はうまくいかず。結局、ダンゴ釣りでハワセてじっくり待ち、「激荒さなぎとコーンの抱き合わせ」で14時過ぎにやっと1匹追加。それから17時前にもう1匹キャッチし、46〜53cmまで計5枚という釣果で納竿した。

まだ水温が上がりきっていないこの時期でありながら、予想をはるかに上回るエサ取りの多さに苦戦した一日。「冬期だからエサ取りは少ない、冬期なので硬いサシエは必要ない」なんていうセオリーは、まったく通用しないと痛感した釣行だった。

その一方で、期待通りに年無しが顔を見せてくれたのも事実だ。本格的な春が訪れ、水温が安定して上昇すれば、御荘湾ではもっと面白い釣りが楽しめるようになるだろう。

なお、当日使用したサシエは「くわせオキアミスペシャルチヌ(L)」「ニュー活さなぎミンチ激荒」「くわせ練りエサ・チヌ」「くわせ丸えび」とボケだった。

お問い合わせ先:釣り筏 宇和海(大島海産)
電話:0895−75−0375
ホームページ:https://www.oshimakaisan.jp/
 
 
今回使用のマルキユーのエサ
         
パワーダンゴチヌ   本筏チヌ   ムギパワー白   速戦爆寄せダンゴ   くわせ丸えび   くわせオキアミ
スペシャルチヌ(L)
                 
くわせ練りエサ・チヌ   ニュー活さなぎミンチ
激荒
             
 
 
ページトップへ
 

■攻めのかかり釣り
【実釣編】

■攻めのかかり釣り
【エサ作り編】

■筏かかり釣りスクール

■九州のチヌを攻める〜実釣編〜

■九州のチヌを攻める〜エサ作り編〜

■デカイ!

■ダンゴ投入

■ボラをかける?

■釣れるまでをノーカットで

■3分27秒

■ラインフリー

■アタリの瞬間

■ダンゴ投入

■穂先編

■ダンゴ投入

■サシエ付け
■穂先に集中
 
 
 
 
v
 
  ← 2011年 07月 愛媛県南宇和郡御荘湾レポート 2012年 09月23日 徳島県椿泊湾レポート→
 
  Copyright (C) 2010 Marukyu Co.,Ltd All Rights Reserved. サイトのご利用について  l  お問い合わせ