伊藤 雄大
伊藤雄大(ノリーズプロスタッフ Mr.精密機械)
フィールド:大阪府 千早川マス釣り場

釣りビジョン主催のトラウトキング選手権大会 エキスパートシリーズに参加してきました。
今回の舞台は大阪府の千早川マス釣り場。
各地の予選を勝ち抜いたエキスパートメンバー 120名が集まっての開催となりました。

trout1_0223.jpg

タイトルにもあるように、優勝という最高の結果を残せたので、その原動力となってくれたタックルセッティングについて紹介したいと思います。
事前情報でポンドには雪代が入り、水温は5℃前後と聞いていたので「朝の魚の動きはスローだろう」という予想を立て、タックルを準備しました。


< タックル 1 >
ロッド:スパイクアロー 62L-TZ
ライン:ナイロン 3lb.
ルアー:鱒玄人 ソフィア 1.6g

主に放流魚狙いで使用しました。
スタート直後、2.2gのスプーンで素早くチェックしましたが、魚がルアーを追いきれてないのが見て取れたので、
すかさず鱒玄人 ソフィア 1.6g(自塗り チャート / ブラック)にチェンジ。
スピードを落としてアプローチするとそこからは良いリズムで釣れました。


< タックル 2 >
ロッド:エステルライン用 プロトロッド 62ML-T
ライン:エステル 1.4lb.
ルアー:鱒玄人 ソフィア 1.2g、ウィーパー 0.9g、ウィーパー 0.6g

セカンド~サードパターンで使用しました。
デッドスローリトリーブでもしっかりとバイトを感じとれるように伸びの少ないエステルラインをチョイス。
エステル専用で開発を進めているプロトロッドとの相性は抜群でした。

スプーンは徐々に軽いものにローテーションして魚のスピードに合わせていきました。
カラーは006:バッタコンポジットが圧倒的に効きました。




< タックル 3 >
ロッド:エステルライン用 プロトロッド 61M-S
ライン:エステル 2.1lb.
ルアー:ハイフロートミノー

千早川でかつて何度も優勝パターンとなっているミノーイングを意識したタックル。
今回はそこまでパターンが成立する状況ではありませんでしたが、要所要所で貴重な1匹を釣らせてくれました。


< タックル 4 >
ロッド:デイブレイク 61H
ライン:PE 0.15号
ルアー:ボトム用マイクロスプーン 0.4g

ボトムでのサイトフィッシングに使用。
ジンクリアな水質の千早川ならではのメソッドです。
軽量ルアーを遠投でき、水の流れの影響を受けにくいようにPEは0.15号の極細をチョイス。
ルアーを細かくアクションさせる操作性と、ヒットしてからのバレにくさを併せ持つデイブレイクがベストマッチしました。


放流が行われた1回戦と3回戦は<タックル1、2>で放流魚を確実に釣っていき、常に優勢にゲームを展開できました。
放流のない2回戦、準決勝、決勝は<タックル4>でのボトム攻略を主軸にしました。

trout2_0223.jpg

trout3_0223.jpg

時折<タックル2>でスプーン、<タックル3>でミノーをキャストして、魚の目先を変えるのも効果的で、1~2匹追加できました。

trout4_0223.jpg

エキスパート部門は残り2戦。
最高のスタートを切れたので、マイスター目指して次も頑張ります!!

trout5_0223.jpg

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 牡鹿半島

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!
寒さの厳しい日が続く東北ですが、こんな時期でもシャローに残っているベッコウゾイを狙いに牡鹿半島へ行ってきました。

この時期のシャロー狙いは1日粘ってワンバイトあれば立派!というくらい修業のような釣りですが、
釣れれば間違いなくデカイ!という魅力的な時期でもあります。
今回エントリーしたポイントは、波の影響を受けにくいワンドで日当たりが良く、海草が多く生えている場所です。

使用するロッドはもちろん、ロックフィッシュボトムパワーオーシャン RPO 86ZXHC2"マックスリフト"!
水深 2~3mの根まわりや点在する海草のパッチを、
1oz.のビフテキに6"スプーンテールライブロール(ST10:ブルーパールシャッド)でテンポ良く探っていきます。

ST10 ブルーパールシャッド

根気よく探り続けるも、思っていた通りバイトは無く、時間だけが過ぎていきます。
それならばと、ワームをバグアンツ4"に換えて、カラーは信頼する「414:魅惑パープルカモ」をチョイス!



場所も少し移動して、海草のエッジへ送り込むと「モソモソッ」というベッコウ特有のバイトが!
しっかりとくわえ込んだのを確認してフッキングすると、ドスッ!という重量感が伝わってきました!

海草の中へ逃げようとする魚のパワーをRPO86ZXHC2"マックスリフト"が上手く吸収してくれるので、素直に魚が寄って来てくれました。

無事にキャッチしたのは45cmのコンディションの良いベッコウゾイでした!

rock1_0221.jpg

rock2_0221.jpg

バグアンツを丸飲みしており、このカラーの強さが実感できます!

rock3_0221.jpg

更なるサイズアップを目指してキャストを続けると、ピックアップしようとしたルアーの後ろに巨大な影が......!
口を使わず戻っていったので、再度アプローチするもバイトまで持ち込むことはできず......
そのまま終了となりました。

見るからに自己記録を更新できるサイズだっただけに悔しさが残る釣行となりましたが、
あのサイズを仕留めるまでは通い続けたいと思います。


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO86ZXHC2"マックスリフト"
リール:カルカッタ301
ライン:フロロ 20lb.
ルアー:バグアンツ4"(414:魅惑パープルカモ)、6"スプーンテールライブロール(ST10:ブルーパールシャッド)
    + ビフテキリグ 1oz.

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ リザーバーマイスター)
フィールド:三重県 青蓮寺ダム

ノリーズ プロスタッフの渋谷です。
全国的に強い寒気に見舞われ続けている今日この頃ですが、皆さんは釣りに行かれていますか?
ボクは寒さに負けずにフィールドに出続けていますよ!

この時期の釣りですが、可能性が低くてもあえて陸っぱりもやっています。
と言うのは、陸っぱりで出会えた1本のビッグフィッシュは、ボートゲームの時とはまたひと味違う、大きな感動をもたらしてくれるからです。

そんな1本との出会いを求め、寒波襲来中の1月22日、朝から気温が氷点下の中、ホームレイク 青蓮寺ダムに出撃して来ました。

狙いはゴミ溜まりが絡むシャローの超ヘビーカバーの中に潜むビッグフィッシュ。
そうそう釣れませんが、出ると間違いなくデカいパターンなので、冬場は時々チャレンジしています。
実はこの冬は既に2回行って2回ともノーフィッシュ。今回こそは!と意気込んでいました。


まずはエスケープツインのテキサスリグでカバーを撃って行きます。

ESCAPE TWIN

しかし、この日はいつも以上にゴミ溜まりが分厚く、1oz.シンカーでもなかなかうまく入って行きません。
こんな時は、いわゆるリーダーレスダウンショットリグにすることが多いです。

テキサスリグではその構造上、リグ全体がゴミの上に乗ってしまってどうやっても落ちて行かない、
あるいはシンカーは落ちかけているけれどラインやワームが障害になってゴミの間に入って行かない
というようなシチュエーションてよくあると思います。

そんな場面でも、リーダーレスダウンショットであればシンカーさえ突き抜ければ
あとはたいていそれに付いてワームも落ちて行ってくれますので、分厚いヘビーカバーには非常に有効です。

さらにこの時、ワームはエスケープツインでももちろん良いのですが、カバーがあまりに分厚いと
パドル部(ツメの部分)がゴミに引っ掛かったり乗ったりしてすり抜けて行ってくれないということが時々起こるため、
より落ちて行きやすいストレート系のワームを使うのがオススメです。

ただしこの時にただのストレートワームだと、せっかく障害物を突き破れてもその後で魚にアピールすることが難しくなります。
そこでオススメしたいのが、5.3" リングマックス バスです。

RING MAX BASS

リングマックス バスは、フォール時にはしっかりとテールが動いて魚を誘え、
ボディーサイズ・形状に適度な大きさと存在感があり、
着底後もロッドの上下やシェイクなどの各種のアクションにしっかりと反応して水を動かし、魚を誘ってくれます。

この日は5.3" リングマックス バスの1oz.リーダーレスダウンショットにシフトして
激しいカバーの中にムリヤリねじこんで行く展開となりました。

カラーはクリアウォーターの中で適度な強さを出せ、なおかつ、ある程度ナチュラル感もある
382: ブルーキャスティークをチョイスしました。



すると、最もゴミが分厚い、ストレッチの中で一番のヘビーカバーで明確なバイトがあり、しっかりためてからフッキング。

のった!

思い切り突っ込まれかけましたが、ロードランナー ヴォイス 760JMH"ジャングルスティックライト"がそれを許しません。
一気に巻き上げるとゴミを突き破ってビッグフィッシュが飛び出します。
ジャングルライトのパワーでそのまま抜き上げたのは、51cmのビッグフィッシュでした。

bass1_0128.jpg

bass2_0128.jpg

やっぱり居ました☆
そしてこの魚が2017年 初50cmアップとなりました。

真冬の陸っぱりで搾り出したこの1本は自分の中では価値が大きく、本当に嬉しい1匹となりました。

分厚いゴミが溜まるようなヘビーカバーは、そこの地形自体が流れからプロテクトされていて
他より暖かく、冬のビッグフィッシュがフィーディングに上がって来て潜んでいることが多々あります。

そしてエスケープツインのテキサスリグとリングマックスバスのリーダーレスダウンショットリグがあれば、
激しいカバーでも完璧に攻略することが可能です。

bass3_0128.jpg

まだまだ寒い日が続く季節ではありますが、1本のビッグフィッシュは
そんな寒さを完全に吹き飛ばしてくれる大きな感動をもたらしてくれます。
皆さんも寒さに負けずにぜひトライしてみてくださいね!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 760JMH
ライン:フロロ 22lb.
ルアー:5.3" リングマックス バス(382:ブルーキャスティーク)
    +1oz.リーダーレスダウンショットリグ


ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ リザーバーマイスター)
フィールド:三重県 青蓮寺ダム

あけましておめでとうございます! ノリーズ プロスタッフの渋谷です!!

年が明けて冬本番という感じですが、寒さに負けずに釣りに行かれていますか?
ボクは1月8日にホームレイク 青蓮寺ダムへ、2017年 初釣行に行きました。
その釣行で良いゲームができたので、レポートさせていただきたいと思います。

青蓮寺ダムの状況は約1ヶ月前にレポートさせていただいた時から変わらず、
水位はフル満水で、ショアラインは冠水植物とオーバーハングで覆われ、クリアウォーター。

変わったところとしては水温だけが季節と共にどんどん下降中で、
前回のレポート時で11℃あった水温が8℃前後くらいになっています。

釣りに来ている方々から話を聞くと、皆さんディープで粘って
なんとかキーパーサイズ前後が0~3匹くらいというような厳しい状況です。

当日は、お正月明けからずっと穏やかで暖かな気候が続いた中での冷たい雨というタイミング。しかもザーザー降りの大雨でした。
でも、一般的には寒くてイヤな天気だなと思うかも知れませんが、個人的には雨は大歓迎。
この雨のおかげで、先月ローライトな時に良かったカバー撃ちはもちろんのこと、巻きの可能性もアリと考えていました。

プランとしては、安定している水深3~5mくらいのミディアムレンジのカバー撃ちをメインにしつつ、
フラットやガレ場など冠水ブッシュが絡まないところはキレイにボトム付近をトレースできる
クリスタルS パワーロール 1oz.をボトムまで沈めてスローロールして行きます。

POWER ROLL

すると、水深7mくらいのガレ場でパワーロールを岩にぶつけながらゆっくりとトレースしている時に
ドスン! と重いバイトが入り、バスがヒット。

慎重に寄せてハンドランディングした2017年 初バスは、ナイスコンディションの40cm後半フィッシュでした。

bass1_0113.jpg

bass2_0113.jpg

以前から1~2月のクリアウォーターリザーバーで、スピナーベイトでビッグフィッシュを釣った経験がけっこうあるのですが、
たいていは雨の日のような気がします。
このように、真冬でも状況さえ合えば十分に釣れる可能性がありますので、ぜひ投げて巻いてみていただきたいなと思います。

その時に、パワーロールはウエイトがあるので深い水深でも浮き上がらずにきっちりとトレースできますし、
ゆっくり巻いてもしっかりとブレードが回って強い波動で魚を呼びますので、とってもオススメです。
ロッドは、ロードランナー ヴォイス LTTの6100H がベストマッチです。
スピナーベイトのスローロールには欠かせない名竿ですね。

この後は、先月から好調が続いているビッグエスケープツインのテキサスリグで冠水ブッシュを撃ち、
3mラインに沈むカバーの中から、45cm近いイイ魚を追加しました。

bass3_0113.jpg

やっぱり雨の日には強い釣りが効きますね。

ちなみにこの日は同船者も初釣りだったので、なんとか1本釣らせてあげたくて、後半はディープにシフトしたのですが、
雨のせいなのか?どうか分かりませんが、ベイトがあまり固まっておらず、かえってディープは苦戦しました。


ここで少し、冬のディープ攻略にも触れたいと思います。

bass4_0113.jpg
写真は釣行当日とは別の晴れた日のものですが、この冬はサイズを問わなければディープでは
水深15~20mくらいのチャンネルフラットで、インザベイト バス 18gで楽しいゲームができています。

IN THE BAIT / BASS

ディープフラットではいきなり点のゲームをすると効率が悪いので、最初は縦にも横にも使えるインザベイト バスから入ることが多いです。

ベイトのレンジや固まり具合にもよりますが、使い方は
① ほぼバーチカルでリフト&フォール
② それをしながらのハーフドラッギング
③ 少しラインを出してボトム付近をトレースする横引きドラッギング
上記の3パターンがメインで、このなかで反応の良いパターンをまず探します。

それでエリアやレンジや動かし方を絞り、冬は魚が固まっていることが多いので、
そこからメタルワサビーTGジャカブレード、ライトリグなどの他のルアーにローテーションして
さらに展開していただくと良いのではないかと思います。

METAL WASABY  TG JAKA BLADE

ということで、大雨でホントに大変な一日でしたが雨を味方にした強いゲームを成立させられたので、けっこう楽しめました。
ストロングなゲームを志向するのであれば、冬でも雨の方が絶対良いと思っています。

冬にそうそう今回のような大雨というのはないとは思いますが、皆さんも悪天候に怯まずに、
安全には気を付けていただきつつ、そんな日にこそぜひフィールドに出て強めのゲームにチャレンジしてみてくださいね!


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 6100H
ライン:フロロ 14lb.
ルアー:クリスタルS パワーロール(765:ライブワカサギシルバー)

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST720H
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:ビッグエスケープツイン(351:バンドウカワエビ)+3/8oz.テキサスリグ

<タックルデータ 3>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 680MLS
ライン:PE 0.8号 リーダー:フロロ 9lb.
ルアー:インザベイト/バス 18g(BR-4:クリアーウォーターグリーン、BR-9:リザーバーハート)


ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ リザーバーマイスター)
フィールド:三重県 青蓮寺ダム

ノリーズプロスタッフの渋谷です!
気温も寒くなり、いよいよ冬が到来しましたが、皆さん寒さに負けずに釣りに行かれてますか?
ボクは12月11日にホームレイク・青蓮寺ダムへ釣行して来ました。

この季節の青蓮寺ダムは、水位はフル満水でショアラインは冠水植物とオーバーハングで覆われます。
そして、水質はクリアウォーター。
満水&クリア&冬のリザーバーを苦手にされている方々は多いのではないかと思います。ボクも苦手です(笑)

が、今回はなかなかに良いゲームができましたので、レポートさせていただきたいと思います。
この時期の満水クリアリザーバー攻略のヒントにしていただければと思います。


この時期、当然多くの魚はディープに落ちるわけですが、12月中~下旬くらいまではまだまだシャローには良い魚が残っており、
うまく攻略するとビッグフィッシュに的を絞ったゲームが展開できます。

しかもこの日は朝から曇天のローライトだったので、天候を味方にしたシャロー攻略が十分成立し得ると考えていました。

ただし、春ならいざ知らず、この季節のクリアウォーターでは、魚にとってシャローはクリア過ぎて落ち着かないので、
見た目的には良さそうな浅いショアライン際よりも、カバーの深い側がキーになると考えています。
水深は3~5mくらいのミディアムレンジになります。

その水深でもフル満水の状態だと冠水植物は見えなくても入っているので、見た目においしそうな岸際へムリしてねじこむのではなく、
手前へ軽くフリップして、安定水深のカバーの中に安心した状態で潜んでいる魚を攻めて行きます。

入れるルアーは、冠水植物の険しいところへはビッグエスケープツインの3/8oz.テキサスリグ。

(438:ステインインパクト)

シルエットの大きさを生かして、ゆっくり見せながらフォールさせ、冠水ブッシュに絡めながらフワッフワッとゆったり誘ってあげます。

岩盤やゴロタ石絡みのハードボトム系では、ガンターオーバル5/8oz.+エスケープスイムツイン

(442:カバードーン)

こちらはハードボトムということで必然的に冠水植物は少なめになり、ルアーを魚からはしっかり見られてしまいますので、
ヘビーウェイトのジグでストンと落として、スピード感があるアクションでリアクション気味に誘う感じです。

いずれの場合でも、フル満水になると延々と続く冠水ブッシュの中での点の釣りになるので、
大きめのシルエットで、かつ、よく水を動かすルアーでしっかりと魚にルアーの存在を気付かせてあげることが重要となります。

前置きが長くなりましたが、そんな感じでやっていると、ガンターオーバル+エスケープスイムツインに
ロッドティップを押さえ込むようなバイトがあり、まずはよく太った40cmアップ 1,100gをキャッチ。

bass1_1215.jpg

ガンターオーバルをバックリとくわえていました。
bass2_1215.jpg

さらにこの後、同じくガンターオーバルにワンバイトあってのらず、
再度同じところへ入れるとセカンドバイトがあり、今度はフッキングが決まります。

かなりのビッグフィッシュの手ごたえだったのですが、そう思ったのも束の間、
ハードボトムでは少ないはずのブッシュに絡まれてロックしてしまい、最後は木化けしてしまいました(涙)

でも、この出だしの2本のおかげで、この日のゲームの方向はミディアムレンジのカバー攻略と決まりました。
"冬"ということで、メタル系やライトリグなどディープ用タックルはもちろんたくさん準備していましたが、
カバーでデカい魚がくると分かっていて、しかもローライトを味方にして狙えるコンディションと分かっていて、ディープをやってる場合じゃない!

ということでさらに続けて行くと、今度はヘビーブッシュの中でビッグエスケープツインにバイトがあり、
45cm弱くらいの1,300gフィッシュをキャッチします。

bass3_1215.jpg

ルアーカラーは、城ノ上プロセレクトの438: ステインインパクト。



このカラーは、名前には"ステイン"と入っていますが、クリアウォーターでも恐れずにビッグエスケープツインを送り込める
ホントにイイ色ですので、クリアリザーバーを相手にされている方はぜひボックスの中に入れておいていただきたいと思います。

そして終盤。
さらに太陽が隠れて夕方のような暗さになってきたので、ビッグエスケープツインのカラーを
もう少し存在感を出しつつクリアウォーターであってもそれなりになじむ、新色の351: バンドウカワエビにチェンジ。
(351:バンドウカワエビ)

すると、またまたヒット! さっきの魚と同じくらいの1,250gフィッシュをキャッチします。

bass4_1215.jpg

3匹とも、真っ黒でよく太ったナイスコンディションのバス。
そういうナイスな魚だけを選んで釣れている感じで、かなり満足な展開となりました。

もうここまで来るとラストはイケイケで、最後は時間もないので手数を多くしたくて
ビッグエスケープツインよりもストンと落とせるようにガンタージグフリップ1/2oz.+エスケープツインに変えると、普通サイズがヒット。

bass5_1215.jpg

まだこんなサイズもディープに落ちずに残っているんですね。

今回、ラバージグのジグトレーラーはエスケープスイムツイン、エスケープツイン共に
伊藤巧プロカラーの442: カバードーンが、ローライトな中で小ぶりなシルエットでも存在感が出せて良かったです。

(442:カバードーン)


ということで、この日は初冬のカバー攻略がうまく行きました。
今回のキーは、フル満水の冠水植物を前に、無理して奥へ撃つのではなく、手前の水深のあるところに落とすこと。
シャローマンは本能で(?)どうしても奥へ入れたくなるものですが(笑)、そこをグッとこらえて
手前を丁寧に刻んで、底まで落とすのがちょっと面倒に感じるかも知れませんけれど、じっくりやってみることが勝因となりました。

それと、恐れずに大きなor強いルアーを使い、しっかり魚にアピールして見付けてもらうこと。これがかなり重要です! 相手はデカい魚のみなので、ビッグエスケープツインでも全く問題ありません。
ビビらずに投げて欲しいと思います。

以上になりますが、エスケープシリーズ総動員で楽しい初冬のカバー攻略ができました。
青蓮寺ダムに限らず、この時期にフル満水のクリアリザーバーは多いと思いますので、攻略の参考にしていただければと思います。


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST700H
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:ガンターオーバル5/8oz.(134:ヨシノボリ)+エスケープスイムツイン(442:カバードーン)、
ガンタージグフリップ1/2oz.(134:ヨシノボリ)+エスケープツイン(442:カバードーン)

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST720H
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:ビッグエスケープツイン(438:ステインインパクト、351:バンドウカワエビ)+3/8oz.テキサスリグ


■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」

足立貴洋
足立貴洋(ノリーズプロスタッフ ビッグフィッシュにこだわる河口湖ガイド)
フィールド:山梨県 河口湖

bass1_1124.jpg
みなさんこんにちは。河口湖ガイドのタカヒロ足立です。
11月も後半になり、グッと冬の足音が聞こえてくるような寒い日もある河口湖です。

bass2_1124.jpg bass3_1124.jpg
ただ、前回レポートした時よりも少し季節が進みましたが、
11月後半でも日中には気温が15℃あったり、やはり比較的暖かい傾向にあります。
そのため、桜の紅葉は散りましたが、もみじの紅葉はまだ紅く残っている湖畔の風景です。


bass4_1124.jpg
さて今回は、昨年から好調の【晩秋のショットオーバー7によるスーパーディープクランキング】。
その水深 6mレンジより深い水深を攻められる"オーバー7の核心に迫るような釣り方"をおさらいのように解説します。


bass5_1124.jpg
まずは、【ショットオーバー7のカラーリングについて】です。
河口湖 限定のお話ですが、大きく分けてナチュラルカラー 3色の実績があり、他にもホワイトカラーでも釣れました。

(238:ハーフミラーワカサギ)

bass6_1124.jpg

2015年・晩秋にロクマルがヒットしたカラーは、238:ハーフミラーワカサギ。
今後も、確実にクリアウォーターレイクでは必須のカラーリングとなるでしょう。


(311:フラッシングリアルギル)

bass7_1124.jpg

bass8_1124.jpg
発売当初から実績が出ていたのは、311:フラッシングリアルギル。
ただ、この緑系のカラーがバスにとってギルに見えているのか?
はたまた、水の濁り具合でワカサギ系のベイトフィッシュに見えているのか?
真意は分かりませんが、結果としては釣れます!


(207H:ホログラムフラッシングギル)

bass9_1124.jpg

bass10_1124.jpg

bass11_1124.jpg

bass12_1124.jpg
今年から追加された新色 207H:ホログラムフラッシングギルは、河口湖の実績最強のカラー。
すでに、夏から秋にかけてビッグバスだけを選んでガンガン釣れまくっています。


(230:セクシーシャッド)

bass13_1124.jpg
そして、230:セクシーシャッドでも、深めの水深でベイトを狙い撃つ方法で釣れています。
こんな白ベタ塗り系のカラーでも、濁って深い水深だといい感じのシルエットになるのでしょう。


つまり、ホログラム・フラッシング・ハーフミラーなどのナチュラル系。
光量の少ないボトム付近で効果的なトーンのはっきりとしたホワイト系。
こういったカラーを水の色に合わせてカラーローテーションさせるのが効果的でした。


bass14_1124.jpg
続いて、【風と雨の話】です。

bass15_1124.jpg
河口湖は東西にボディウォーターラインが流れているので、西は西湖放水口 → 東は船津水門 へ 水が流れます。
この流れと同じ方向の風 = つまり、西風が吹けば"水の流れ+風の流れ"でバスの活性は上がる傾向にあります。

bass16_1124.jpg
雨ですが、低気圧は浮き袋の関係か? バスに限っては、低気圧だと体が軽くなって、より活発に中層を動き回れるような感じがします。

つまり、風と雨。この2つの要素によって、バスが"よりハードベイトなどのファーストムービングルアーに反応しやすくなっている"はずです。


bass17_1124.jpg
続いては、【フラットとウィードの話】です。
ショットオーバー7は、超フルキャストでは水深 7~8mのボトムノックを延々とできます。
普段の力加減では、水深 5~6mを余裕でボトムノックして引いてこれます。

bass18_1124.jpg
上の写真は、11月中旬から見られる水深 6~7mぐらいのディープフラットの魚探映像。
つまり、6mフラットや7mフラットなどの"比較的同じ水深が続くストレッチ"を巻くには、超ロングキャストのニーリング。

bass19_1124.jpg
上の写真は、以前の魚探データ写真ですが、〇印の付いている5mぐらいの水深が、バス&ウィードだと思います。
岸から延びている岬状の溶岩帯や、岩場などの中段の残りウィード(水深 4~6m)を狙うには、
岸へ向かってキャストして、ウィードを狙い撃ちします。


bass20_1124.jpg
続いては、【ベイトフィッシュの話】です。
ショットオーバー7で狙うのは、【ベイトボール狙い撃ち作戦】と、【ベイト待ちのウィード直撃作戦】があります。

ベイトフィッシュですが、ここ2年間の河口湖はワカサギの生育に成功しているので、
比較的ワカサギが回遊しやすいスポットを読んで、普段からワカサギが朝夕に回遊するルートを攻めるといいでしょう。


bass21_1124.jpg
タックルについてですが、
ロッドは、ロードランナー ヴォイスシリーズと、ロードランナー ヴォイス LTTシリーズのどちらでも結果が出ております。
お好みでいいと思いますが、やはり2oz.近いウエイトのあるルアーですので、パワーのあるロッドを選びましょう。

ラインは、より潜らせるためには 14lb.。 溶岩帯などは 16lb.。
リールは、通常は ギア比 5.0~5.8のローギアリールが巻き易いですが、潜り出し重視なら ギア比6.2でもいいでしょう。


あとは......、根掛かり回収器をお忘れなく。
もちろん、スペアフックも必要です。溶岩帯・岩場をガリガリと引いてくるので、針先がなまったら、すぐ交換か、シャープナーで研磨しましょう。
ラインが岩に擦れている場合も多いので、ラインチェックも重要ですよ!! ざらざらしたらすぐに糸をカットして結び直しましょう。


bass23_1124.jpg

bass24_1124.jpg
こんな感じでご紹介させていただきました、河口湖で実績のあるカラーリング。
ショットオーバー7が有効なお天気や状況。
ショットオーバー7で狙える、フラットのバス、または、ブレイクのウィードバス。
そして、ショットオーバー7を投げ切れる、獲れるタックルシステム。
そういった「核心」に迫る部分を、より投げ込んだ私の結果をふくめた徹底解説をしてみました。
それに、使用時のフックメンテナンスやあったらいいアイテムなどなども解説してみました。


ちなみに、先日も溶岩帯のディープのウィードピン狙い撃ちで、50cmアップが釣れました。
bass25_1124.jpg

bass26_1124.jpg

タックルシステムは、ロードランナー ヴォイス 6100H&ローギアリール。
色は311:フラッシングリアルギルでした。

(311:フラッシングリアルギル)

ぜひ、河口湖でのXDクランキングを試してみたい方は、11月いっぱいがチャンスですので
今こそ!ショットオーバー7を投げてみてはいかがでしょうか。
水温が下がり切らない、次の寒波までの少しのタイミングですが、きっと大きいバスが釣れるはずですよ!!


ブログ「タカヒロの河口湖ガイドで生きる道!!」


南敏哉(ノリーズプロスタッフ 北山ダムのマシンガンアングラー)
フィールド:大分県 芹川ダム

皆さんこんにちは。
こちら九州地方では、11月に入っても日によっては最高気温が20℃を超える日があり少し戸惑っていますが
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今回は、大分県 芹川ダムにてこの時期 毎年恒例となっているダム清掃活動に参加してきました!
(もちろん!釣りも込みですが(笑))

この活動は漁協様の主催にてダム管理事務所様、そしてバサー有志の方々で行われており、
私もできる限り毎年参加するようにしております!

いつもはダム周辺道路のゴミ拾いをしておりましたが、今回はバサー中心でボートを湖に出し、
湖面のゴミを集めてまわり、陸組との連携のおかげで短時間でも多くのゴミが集積されました。

bass1_1123.jpg

bass2_1123.jpg

ここ芹川ダムでは、たくさんの方々のおかげでバスフィッシングを楽しむことができます。
今後もこの素晴らしい湖で釣りを続けることができるように、こういった活動への参加が少しでもプラスになれば嬉しく思います!
もちろんローカルルールの順守(入漁券、船舶登録、スロープ入出場時間)も必ず必要です!


前置きが少し長くなりましたが、午後からは予定通り?釣り開始です。

湖面に再び出て感じたのは"表層にワカサギが多い"こと。
例年であれば水深 8~10mに多くの反応があるのですが、
どうも"水温が高い"のと、"夏からの高水位"と"放水量が少ない"のが影響していることが考えられました。

こうなると例年この時期に効くディープパターンを無理矢理成立させるよりは
【越冬ポジションとなり得る沖からバンクに差し込んでくるバスをカバーに絡めて釣る】方が、釣りやすいのでは?と考えました。

そこで、今回は下の写真のようなロケーションを周ってみました。
bass3_1123.jpg

バンクからちょっと張り出しているカバーです。
ここに、まずはフラチャット14g + フラバグをセットし、気持ち深めのレンジをアプローチ。

HULACHAT HULACHAT

......しかしバイトがありません。
そこで、バスはもっとタイトにカバー下にいてベイトを待ち伏せしているのでは?と考え、
ロードランナー ストラクチャー ST720Hに、安定の(笑)エスケープツインをセットしたテキサスリグを
枝ぶりのいいカバーの奥にいれ、カバー下でバスに見せるように時間をかけてゆっくり誘います(←ココ大事です!)

ESCAPE TWIN

すると、何かに絡んだように少しティップが入りました。これがバイトです。
慌てずしっかりロッドのストロークを活かしてフッキング!!

......スッポ抜け(笑) でもバスはいます。

冷静に考え、ボリュームを落とさず、なおかつアームのパーツの細かいアクションで少しでもバイトタイムを長く取れることを期待して
今回はバグアンツ4"と、もっと細かくロッドワークをつけられるようロードランナー ヴォイス680Hをメインに使用しました。

BUG ANTS

これが上手く機能してくれて、以下の2つの食わせ方
① 繊細な食わせが必要なとき → バグアンツ4"
② カバー奥でフォールさせて食わせるとき → エスケープツイン

このルアーローテーションで、3本のナイスバスをキャッチできました。

bass4_1123.jpg

bass5_1123.jpg

ひとえに「カバーフィッシング」と括られがちですが、
同じテキサスリグひとつにしても、どのようなポジションとバスの状態かによって差がでることが再認識できた有意義な1日でした。

今度はロードランナー ヴォイス ジャングル 680JMHS ジャングルスピンを使用したパワーフィネスで芹川バスを攻略したいと思ってます~!

bass6_1123.jpg

皆さんも是非!カバーゲームの奥深さを体験してみてください。クセになりますよ!


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST720H
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:エスケープツイン
    + 8.8g テキサスリグ

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 680H
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:バグアンツ 4"
    + 8.8g テキサスリグ

井上 太一
井上太一(ノリーズプロスタッフ クールなエリアダンディ)
フィールド:埼玉県 朝霞ガーデン

皆さんこんにちは。
ノリーズ トラウトプロスタッフ 井上太一です。

11月11日に朝霞ガーデンで行われたトラウトキング選手権 地方予選大会「オオツカ・なぶら家・ノリーズCUP」に参戦しました。

trout1_1118.jpg

この日はあいにく前の晩から大雨となり、気温も下がり、普段はクリアなポンドも濁りが入って少しステインよりになっていました。
この時点で、魚のコンデションなどに急な変化が起きているだろうと予測していました。

大会のルールは、【プロショップ オオツカのオリカラと、なぶら家とノリーズの製品が使用可能】です。
予選は3つの池を周り、総匹数の上位3名が通過。準決勝は3人グループから1人が通過です。

私はB組スタートのため、前半の選手達の釣りをじっくり観察し、作戦を練って試合に挑みました。
水面より20~40cmぐらい下のレンジという感じだったので、鱒玄人 ウィーパー 0.6gのカウント3からサーチ。

鱒玄人 WEEPER

すぐさまヒットとなり「レンジは合っているな」と判断できたので、後はスピードとアクションを探りました。
スプーンは、鱒玄人 ウィーパー 0.6gのスロー引きが良く、
広く探りたい時は、新作クランクのラッシュベル 40(とてもピッチの細く、強いウォブリングが得意クランク)。

trout2_1118.jpg

その下のレンジ攻略には鱒玄人 ソフィアという感じで、予選は何とか1位通過。

鱒玄人 Boon

準決勝も同じパターンで何とか勝ちました。残すは決勝のみです。
決勝では、6人中3人にトラウトキング選手権 エキスパートシリーズへの出場権利が与えられます。

そして、決勝スタート。
鱒玄人 ウィーパー 0.9g(038:ウグイスII)ですぐに1匹キャッチ。

038:ウグイスII

しかし、1匹キャッチして、魚の追いが悪いコンデションなのはすぐに分かりました。
普段ならもう少し上のレンジに魚が集まっているのに、今回はかなりバラけている状態で
見える魚はプレッシャーでルアーを嫌がっている感じでした。

そこで、スプーンからクランクベイトに変えてゆっくり見せてみたり、アクションの違うルアーで興味を引こうとしますが
なかなか口を使ってくれません!

この時点で周りにリードされているのは分かっていたので、内心 かなり焦りがありました。

このタイミングでローテーションです! 時間が経つのがすごく早く感じました。
ここでも色々と試しましたが......反応なし。
このままではダメだ!と、何かひとつのパターンをやり抜こうと決めました。

ロッド:トラウトプログラム アンビシャス
ライン:フロロ 1lb.
ルアー:鱒玄人 ウィーパー 0.6g

気が付けばいつものタックルを握っていました。
持ち得る様々な引き出しを駆使して、何とか魚を絞り出しました。

そして、「終了!」の合図と同時に、「サドンです」と告げられました。

「1位 2位決め」だと告げられ、取り敢えず抜けたーという嬉しい気持ちを抑えてサドンに挑みましたが、
先に鱒玄人 ウィーパーで掛けるも痛恨のバラシ。
その後相手にクランクで獲られて2位という結果になりました。

結果は2位でしたが、トラウトキング選手権 エキスパートシリーズへの出場権利は獲れたので嬉しかったです。
本戦までにはまだ時間があるので、しっかり準備しようと思います。

<タックルデータ>
ロッド:アンビシャス61L / 61UL
ライン:フロロ 1lb.
ルアー:鱒玄人ウィーパー 0.6g / 0.9g

足立貴洋
足立貴洋(ノリーズプロスタッフ ビッグフィッシュにこだわる河口湖ガイド)
フィールド:山梨県 河口湖

bass1_1117.jpg
みなさんこんにちは。河口湖ガイドのタカヒロ足立です。
11月に入り、早朝には霜が降りるほど寒い日もある山上湖の河口湖。

bass2_1117.jpg

bass3_1117.jpg
この冷え込みで、湖畔の木々もだんだん色づき始めました。
ただ、今年は例年より気温が高く、2週間ほど季節の進行が遅れているようです。

bass4_1117.jpg
上の写真が、最近の河口湖の水位です。
春先からの大減水も、秋の台風通過により一気に増水しました。
今まで陸続きで歩いて行けた六角堂も、いつも通りの浮き島のような風景に。

この秋の「雨量による増水」と「西湖からの流入水による増水」により、ウィードエリアに変化が起きました。
毎年 この時期に好調な【ラバージグでのウィードのカバー撃ちゲーム】のフィッシングパターンが成立しにくくなりました。

増水によってウィードが水没していまい、バスがウィードエリアの外側やウィードの上側を泳ぐようなったと判断できます。

そして、ウィードも水温低下とともに枯れつつあり、ウィードの背丈も低くなったことで
ウィードエリアもウィードの面が"群生する"エリアから、ウィードパッチ(柱上のウィード)になりつつあります。

その時に絶好調だったのが、ディーパーレンジによるスピナーベイトゲームでした。

DEEPER RANGE

つまり「ウィードの上や横に水の層ができる」と、バスはウィードまわりを泳ぎ出してしまったのです。


bass5_1117.jpg
上の画像はお馴染みの写真ですが、河口湖の「中層の代表的なベイトフィッシュはワカサギ」です。
夕方になると、特にボール状になっての回遊性が強く、バスもこのワカサギボールを狙って回遊しだします。

つまり、ウィードエリアを離れて中層を泳ぎまくっているワカサギを追っているバスを、
クランベイトやスピナーベイトで狙っていく作戦が効果的です。

bass6_1117.jpg
去年と全く同じような、水深 7m前後のブレイク下のフラットに回遊するワカサギの映像です。
今年も同じように、ショットオーバー7によるMAXダイビングを狙ったエクストラディープクランクが有効でした。

SHOT OVER 7

【ショットオーバー7をフルキャスト → 水深 6~7mレンジを狙う → 中層のワカサギボールを散らす → ボトムノックによるイレギュ ラーアクションで誘う】
というイメージです。


bass7_1117.jpg
さてさて、今年もワカサギが豊作でバスはお腹がいっぱいなのか?
早朝のゲームでもなかなか釣れず、デイゲームでも巻きモノゲームではバイトが遠い状況。

今年の傾向は、夕方にならないとなかなかバイトが出ない。
いわゆる"夕マズメ時"にならないとバスはやる気スイッチが入らないようで、ほんの一瞬がチャンスタイム。
この一瞬のフィーディングタイムを逃さず、上手くルアーを通すとバイトがあります。


ある日の夕マズメのタイミング。
ワカサギボールが回遊する水深 6~7mフラットにて、ショットオーバー7でのエキストラディープクランキング。

SHOT OVER 7

いよいよこのタイミングで「さぁ、来るか!! さぁ、来るか!?」と思ったら、ガツンと1発 ビッグバイト!!

bass8_1117.jpg

bass9_1117.jpg

文句なしの50cmUPがショットオーバー7にヒット!!
このビッグサイズがXDクランキングで釣れると、いよいよ晩秋のディープだなと感じさせてくれます。

bass10_1117.jpg

河口湖定番カラーの207H:ホログラムフラッシングギルでのヒットでした!!



ますます、この「ホロギルが釣れる感覚、カラーにおける信頼度」が増していますね。


また別の日。
やはり、夕マズメのタイミングでの出来事。

ワカサギが回遊する水深 3~4mの水中島の地形変化のウィードトップにディーパーレンジを当ててみるも、反応無し。
しばらく魚探映像を観察して、この水中島の地形変化付近をワカサギが回遊していることは分かるので
「確実にバスはいるだろう」と、次の一手として、レンジを水深 3~4m → 6~7mへ、より深くしてみることに。

そして、ショットオーバー7によるエキストラディープクランキングゲームを展開すると......、バイト!
やはり、水深 3~4mのウィードトップではなく、「レンジが深い、一段下」が正解パターンでした。

bass11_1117.jpg bass12_1117.jpg

ブリンブリンのタヌキ体系のバスがヒットしました!!
このお腹いっぱいにベイトを食っているバスは、普段はなかなかお目にかかる事の無い種類。
本当に、一日の中でも一瞬のフィーディングタイムにしか動き出さない個体なのです。

bass13_1117.jpg
カラーはやはり、河口湖定番の207H:ホログラムフラッシングギル。



今年からラインナップした新カラーになりますが、絶好調な感じでビッグバスを仕留めてくれます。


bass14_1117.jpg

bass15_1117.jpg
今回のタックルセッティングですが、例年通りの強めのタックルシステムになります。
オススメのLTTシリーズを含め、ガイドゲストの方たちはみなさんロードランナーヴォイスシリーズで釣れておりました。

<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 690PH
または、ロードランナーヴォイス 6100H
リール:ギア比 5.4~5.8 ベイトリール
ライン:フロロ 14~16lb.
ルアー:ショットオーバー7(207H: ホログラムフラッシングギル)


ショットオーバー7のタックルセレクトですが、巻き心地や引き抵抗を考えると、ローギアタイプのリールがオススメ。
ただ、ほんの一例ですが、岩場をゴツゴツと繊細に引きたい場合は、ギア比 5.0~5.8ぐらいのリール。
ルアーを早く潜行させて巻きたい場合や、腕のパワーに自信がある方は、ギア比 6.2: 1でもいいでしょう。

ラインの太さは、通常のボトムストラクチャーが少ないエリアでは、潜らせるための14lb.をチョイス。
溶岩帯などのラインが擦れるエリアでは、16lb.の方がラインブレイクのリスクがより少ないと思います。

カラーチョイスに関しては、ワカサギが多い場合は、207H:ホログラムフラッシングギルです。


ただし、水が激濁りの場合は、ベタ塗りホワイトの230:セクシーシャッドや、
クリアな場合は、238:ハーフミラーワカサギでも釣れます。

(230:セクシーシャッド)

(238:ハーフミラーワカサギ)


bass16_1117.jpg

さぁ、いよいよはじまりました!!
ショットオーバー7による、ディープウォーターのXDクランキングゲーム。

晩秋で水温が16~12℃ぐらいまでの寒波が来る前のタイミングまでですが、確実にデカイのが釣れます。

昨年の11月16日に釣れたロクマルですが、確実にデカイクランク=デカバスの法則もあります。
厳しい寒さを迎えるほんのわずかな季節のタイミングですが、一本で満足できるサイズを狙ってみましょう。
bass17_1117.jpg


ブログ「タカヒロの河口湖ガイドで生きる道!!」

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:岩手県 釜石

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!

季節の進行とともに海水温も下がり、とうとうロックフィッシュのハイシーズンに突入しました!
このチャンスを逃さないため、岩手県釜石の地磯へエントリーしてきました。

今回エントリーした場所は、スポーニングに適した海草の生えたシャローワンドと、
スポーニングに差してくる魚がコンタクトする一段落ちたポイントを両方探れる場所です。

まずは4.2"リングマックスバス(004:ウォーターメロン ブラックFlk.)の3/4oz.ビフテキリグをセットし、シャローへキャスト。

004 ウォータメロン ブラックFlk.

ボトムをとって、リフト&フォールで誘うとファーストキャストから反応があり、キャッチしたのは25cmのかわいいアイナメ。

次に足元にできているサラシの中へピッチングで送り込むと、ゴンッ!という強いバイトがあるもフッキングミス。
もう一度同じ場所へ送り込むと、ゴンッと食い直してきた! しかし、またしてもフッキングミス。
プレッシャーを与えてしまったようで、その後のバイトにはつながりませんでした。

足元のサラシでバイトがあったのをヒントに、同じような条件の場所を探してキャストすると、すぐに反応が返ってきました。

キャストして、フォール中にトゥンッと一発吸引系のバイト!
フッキングが決まり、いい重量感がRPO86ZXHC2"マックスリフト"に伝わってきます!

このロッドの特長であるブランクの粘りを活かし、ロッドを立てたまま無理に寄せようとはせずに、じっくりと寄せてきます。
このロッドは魚の引きに追従して曲がってくれるので、魚が暴れにくくすんなりと寄ってくるのが分かります!

そして水面に現れたのは、昆布色に染まった綺麗なメスのアイナメ。
rock1_1112.jpg
プリプリのお腹でコンディションも抜群です!


次は、一段落ちたポジションにいる、ディープからシャローへと移動してきた個体を狙うため、
ワンドの出口にあるブレイクをキジハタホッグ3"(372:三陸リアスレッドⅡ)で、じっくりと探っていきます。



数投すると、カンッという金属バイト! フッキングするとグングンとロッドが絞り込まれます!
引きを楽しみながら寄せてきて、ランディングしたのは、狙い通りディープからシャローへと接岸した白いアイナメ!

rock2_1112.jpg
気持ち良い1匹です(^^)v

1時間程度の時間でしたが、シーズナルパターンをしっかりと感じ取れる釣行でした。
これから更にハイシーズンをむかえるので、東北のロックフィッシュ釣行!
行くなら今ですよー!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO86ZXHC2"マックスリフト"
ライン:フロロ 18lb.
ルアー:キジハタホッグ3"(372:三陸リアスレッドⅡ)、4.2"リングマックスバス(004:ウォーターメロン ブラックFlk.)
    + ビフテキリグ 3/4oz.(2/0 オフセットフック)