「熟成 スイムシュリンプ」と一致するもの

岡村_顔写真.jpg
岡村将良
(エコギアプロスタッフ 広島県在住)
フィールド:愛媛県 松山沖

みなさん、こんにちは! エコギアプロスタッフの岡村です。

10月下旬、広島市内の丹那港から出船している慶丸さんにお世話になり、マダイゲームに行って来ました。

この日は、強風で波も高い予報だったので
始めは広島湾内の奈佐美島沖のポイントで釣り開始。

水深は40m~50mと比較的浅いエリアだったので、TGオーバルテンヤ10号(TG08:レッドブラック)に活きエビのセッティングからスタート。



アタリはすぐにありましたが、掛かってくるのはチャリコサイズのチダイばかり。

tenya1_1119.gif tenya2_1119.gif

その後 潮も止まりアタリも無くなったので、昼前に久保船長の判断で松山沖へ大移動!


ポイントに着くと確かに風も強く波もありましたが、風裏では釣りはできる様子でした。

水深は110mのディープエリア。
様子を探るため、TGオーバルテンヤ15号(TG04:ゴールドレッド)に活きエビでボトムを丹念に探るも、
バイトしてきたのはメーター近いシロザメ。
シロザメも甲殻類が大好きで、このエリアでは厄介なゲストです。

エサ取りのサメを回避しつつ、深場での手返しを良くすることも狙って、
活きエビからエコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J04:ホヤイエロー)に変更。



そして、TGオーバルテンヤのカラーを相性の良いTG08:レッドブラックにチェンジしました。



ボトムを取り、大きくリフト&フォールでアプローチすると、ティップにゴゴンと明確なアタリがきました。
糸ふけをしっかり取ってアワセてフッキング。
ファイトの後に上がってきたのは50cmの良型のマダイでした。

tenya3_1119.gif tenya4_1119.gif

しばらくしてアタリが遠のいたタイミングで、スイムシュリンプのカラーをJ02:赤イソメにチェンジ。



状況はうねりも強くなり潮も効いてきて、
15号でもフォールスピードがデッドスローになり、140mラインが出てギリギリボトムが取れるほどに。

それから二流し目に再び明確なアタリがあり、糸フケをしっかり取って大きくアワセ。
再び良型のマダイが上がってきました。

tenya5_1119.gif tenya6_1119.gif


残り時間も少なくなり、最後の一流しでスイムシュリンプをJ03:青イソメにチェンジ。



するとまたまたティップに良いアタリが!

上がってきたのはまたまた良型の綺麗なマダイでした。

tenya7_1119.gif tenya8_1119.gif


活きエビではなく、ルアーであるスイムシュリンプをあえて使用することで
知らない間にエサを取られることも無いので、一旦回収して仕掛けを落とし直すことも少なくなります。
また、エビよりも噛みごたえがあるからなのか?小さいアタリがなく、明確なバイトが出てアワセもしやすいように感じます。

みなさんも状況によって活きエビとスイムシュリンプを使い分けて、最高のマダイゲーム楽しんでみてください。


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM80H
リール:4000番ハイギア
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 2号
テンヤ:TGオーバルテンヤ 15号(TG08: レッドブラック)
    + エコギア熟成アクア スイムシュリンプ 4インチ(J02:赤イソメ、J03:青イソメ、J04:ホヤイエロー)
kawahata_100711.jpg
川畑純(エコギアプロスタッフ 岩手県在住)
フィールド:青森県 陸奥湾

皆さん、こんにちは。岩手の川畑です。
青森県 陸奥湾の真鯛ゲームは、四季折々で色々なアプローチスタイルが楽しめ、とても魅力的です。

今回は、浅場に入ってきた真鯛をタイトに狙う、テンヤスタイルでの真鯛ゲームです。
水深が30mと浅く、また真鯛の産卵時期とも重なってか?結構ナーバスな真鯛は、速めのフォールには全く反応しません。
そのため、重めのリグは使用できず、リグを潮に乗せてナチュラルにフォールさせるか、スローなカーブフォールが有効的のようです。

そこで私が手にしたアイテムは、
フォールを意識している真鯛へのアプローチとしてオーバルテンヤ2.2号。
釣行当日は豪雨後のために濁りもきつく、認識性を高めるため、カラーはT09:グリーングロウ。



エコギア熟成アクア スイムシュリンプ 4インチ(J05:パールシラス(夜光))をセッティング。



このセッティングがしっかりとパターンにハマり、良型の真鯛が連続ヒットでした。

tenya1_0717.jpg

潮に乗せてナチュラルにリグを漂わせるため、使用するラインはいつもより細めのラインを使用しており、
かなりスリリングでエキサイティングなファイトを楽しめる真鯛ゲームでした。
浅場の真鯛は、とてもパワフルでネットインの瞬間までハラハラドキドキものでした。

皆さんもぜひとも今の時期しか味わえないエキサイティングな
テンヤで狙う青森の真鯛ゲームにチャレンジしてみて下さい。


<タックルデータ>

スイミングテンヤで狙う青森の真鯛ゲーム

kawahata_100711.jpg
川畑純
(エコギアプロスタッフ 岩手県在住)
フィールド:青森県 陸奥湾内

皆さん、こんにちは。岩手の川畑です。
梅雨明けが待ちどうしい今日この頃ですが、皆様はどうお過ごしですか?

毎年、足しげく通っております青森の真鯛釣行も、今季は早くも7回目の釣行となります......笑

真鯛ゲームと言ってもフィールドやポイントによって狙い方は異なり、
鯛ジグ、鯛ラバ、ひとつテンヤと言ったオーソドックスなスタイルが有ります。

今回のフィールドは、青森県陸奥湾内の水深が27~30mほどしかないポイント。
そこで浅場に入ってきた真鯛を狙う、中層スイミングテンヤスタイルでの真鯛ゲームです。

SWIMMING TENYA

ポイントの水深が浅く、また真鯛の産卵時期とも重なってかなりナーバスになっている真鯛は
速い動きのものには全く反応しないため、重めのリグは使用できず。
スーパーライトなリグセッティングで潮に乗せてナチュラルに漂わせる事がポイントです。

そこで私が手にしたアイテムは、
フォールを意識している真鯛へのアプローチは、オーバルテンヤ Lフック 3号、4号に
エコギア熟成アクア スイムシュリンプ4インチのセッティング。

(T11:リアルホヤオレンジ)

(J02:赤イソメ)

中層真鯛に効く横へのアプローチに使うアイテムは、
3Dジグヘッド #1/0 1/4ozや、イワシヘッド #1/0の1/8oz、3/16oz、1/4ozをセッティングします。

3D JIG HEAD  IWASHI HEAD

刻々と変わる潮の速さや入り方に対応するため、リグの僅かなウエイトコントロールはかなり重要で、
真鯛の極小で繊細なあたりをしっかり捕らえてアワセを入れなくてはヒットしないので、物凄くゲーム性が高く、
ヒットした瞬間は、水深が浅い事もあり、真鯛のアクションは今まで味わった事の無いくらいに引きはパワフルで強く、
ネットインの瞬間まで連続で真鯛のファイトが続きます。

tenya1_0724.jpg tenya2_0724.jpg tenya3_0724.jpg

潮に乗せてナチュラルにリグを漂わせるために軽めのリグを多用するため、
ラインはPE 0.4~0.6号を使用したのでかなりスリリングでエキサイティングな真鯛ゲームでした(滝汗)。

真鯛キャッチの瞬間は、何とも言えない嬉しさがこみ上げて来ました。

tenya4_0724.jpg

皆さんも是非ともエコギアアイテムを手に取り、今の時期しか味わえないエキサイティングな
ハイブリッドスイミングテンヤで狙う青森の真鯛ゲームにチャレンジしてみてはいかがですか?


<タックルデータ 1>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710M

<タックルデータ 2>
ロッド:ロックフィッシュボトム ジグヘッドスナッパー RFB80MH


広進丸

オーバルテンヤで笠岡スタイルに挑戦!

岡村_顔写真.jpg
岡村将良
(エコギアプロスタッフ 広島県在住)
フィールド:岡山県 笠岡沖

みなさん、はじめまして!
今年からエコギアプロスタッフとして活動させていただいております、広島県在住の岡村です。
よろしくお願いします!

先日、ひとつテンヤで真鯛を釣りに岡山県へ行って来ました。
この地域では「笠岡スタイル」という独特の釣り方があります。
キャストしてボトム着底後、テンヤをシャクって跳ね上げ、そのままテンションフォールさせてアタリをとる方法です。

浅口市の港から出船し笠岡沖へ。
水深は9~25m。6号のオーバルテンヤ(T08:レッドブラック)に活きエビをセットして釣りを開始しました。



開始してすぐに地元の同船者の方にマダイがヒット。
その後もマダイを連発し、その他の同船者の方にもカサゴやキジハタが釣れてくるなか、
私にはアタリも無ければエサも取られない。何かが合っていない。

気分を変えようと、オーバルテンヤのカラーをT04:ゴールドレッドに変更し、
シャクる強弱、フォールの角度、テンションの張り方などを色々試しながら、ようやくチャリコサイズながらマダイをキャッチ。



tenya1_0624.jpg

そのパターンで数投すると、また同サイズのマダイがヒット。

その後も小型サイズばかりが続いたため、ポイントを移動し、1投目。
同じパターンですぐに答えは返ってきました。アタリがあってすぐさまフッキング。
上がってきたのは50cmクラスの良型マダイでした!

tenya2_0624.jpg

これはパターンを掴んだと思い、その後も続けましたが、そこからはクロダイの猛攻にあい、
釣っても釣っても船中クロダイ祭り。マダイのバイトはピタリと無くなりました。

クロダイをかわそうと、エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J02:赤イソメ)を投入してみましたが、
クロダイもスイムシュリンプが大好きなのか、ガツガツバイトしてきます。

tenya3_0624.jpg tenya4_0624.jpg

その後、状況を打破できないまま納竿しました。

今回、「笠岡スタイル」に初めて挑戦してみましたが、思っていた以上に奥が深く、おもしろい釣りだと感じました。
オーバルテンヤはきれいにスライドフォールさせることができるので、この釣りにも相性バッチリです!


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM77H(プロト)、HTM80MH
リール:3000番ハイギア
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 2号
テンヤ:オーバルテンヤ 6号(T04: ゴールドレッド)、
    エコギア熟成アクア スイムシュリンプ 4インチ(J02: 赤イソメ)

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 仙台湾

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!
今回は、第二回 ボートロック講習会『ディープロック編』を開催してきました!
第一回については2018年5月26日のレポートをご参照ください。

前回に引き続き、今回も仙台湾や奥松島方面をメインに活動している遊漁船
『フィッシングシンドローム』の竹下船長にご協力をいただきました。

参加者は6名で、ボートロックが初めての方からベテランの方まで参加していただきました。
この時期になると水温が下がりシャローからディープへと魚が移動するので、その魚をいかに攻略するかが今回の課題となります!

夜明け前、船乗り場に参加者が集まって荷物を積み込んだら一日の流れを説明し、皆さんの自己紹介をしていただいたら出船です!

rock1_0116.jpg

50分ほど走りポイントへ到着。
船上で協賛品を配り、最初に私がデモンストレーションをしてディープでの釣りかたを説明しました。

rock2_0116.jpg rock3_0116.jpg

このポイントは水深40m前後にある漁礁を探っていく釣りなので、
スイミングテンヤ30g~50gに、パワーシャッドエコギア熟成アクア スイムシュリンプを合わせて
バーチカルに落としていきます。

SWIMMING TENYA

POWER SHAD

(J08:赤エビ)

基本的なアクションは2通りあり、
ひとつは、ボトムに着底したらリールを15回ほどグリグリ巻いては落とす
というアクションを繰り返す縦スイミングパターン。

もうひとつは、着底したらロッドを大きくリフトしてゆっくり落とす
というアクションを繰り返すボトムバンプパターン。

ベイトが絡むときはスイミングパターン、ベイトが絡まない時はボトムパターンと釣り分けていきます。
説明が終わったあとは参加者の皆さんと一緒にアドバイスをしながら釣りをしていきます。

rock4_0116.jpg

しかし期待していた朝一のタイミングでバイトが無く、30分ほど沈黙が続き、ベイトの反応がなかなか出ない状況だったので
ボトムをしっかり探ることを参加者の皆さんにアドバイスをして、ボトムを丁寧に探ってもらうとポロポロと反応が出てきました。

rock5_0116.jpg

渋い状況の中でも、コンスタントにバイトを得られたのはエコギア熟成アクア スイムシュリンプ!
私もスイムシュリンプを使用しナイスサイズのクロソイをキャッチ。

rock6_0116.jpg

クロソイは群れでいることが多いので、一匹が口を使うと回りにスイッチが入りダブルヒットやトリプルヒットする場面もありました!
パワーシャッド6インチやスプーンテールライブロール6インチを使用すると
ビッククロソイの確率が高く、50cmアップが連発したりして、船上が盛り上がります!

rock7_0116.jpg rock8_0116.jpg

しかしベイトの入りが悪いため移動を繰り返し、なんとか拾い釣っていく状態でした。
それでも参加者の皆さんは試行錯誤をしてしっかりと魚をキャッチしていました!

rock9_0116.jpg rock10_0116.jpg rock11_0116.jpg

楽しい時間が過ぎるのは早く、あっという間に最後の一流しになりましたが
そこでピタリとアタリが止まり、このまま終了かなと思った時!
この日一番の引きが!!

焦らずゆっくりとファイトするように伝えてじわじわと距離を縮めていき、姿を見せた魚は何とマダラ!

rock12_0116.jpg

実はこの魚もターゲットのひとつに入れており、この時期になると産卵を終えた個体がこの水深にも入ってくるのです!
釣れたマダラは80cmアップの推定4~5キロ!
パワーシャッド6インチをしっかりとくわえていました!

朝一の反応の悪さに最悪の状況も考えましたが、参加者の皆さんの飲み込みの早さと、
試行錯誤を繰り返してしっかりと魚をキャッチしていただけたおかげで
終わってみれば全員安打となり講習会は大成功でした!

rock13_0116.jpg rock14_0116.jpg

引き続きボートロック講習会を開催したいと思いますので、初心者の方や女性の方の参加もお待ちしています(*^^*)


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO711LS2
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 16lb.
ルアー:エコギア熟成アクア スイムシュリンプ、スプーンテールライブロール6インチ
    + スイミングテンヤ 30~50g

三谷和之_顔写真.jpg
三谷和之
(エコギアプロスタッフ 富山県在住)
フィールド:富山県 富山湾

春のホタルイカパターンに続いて、夏から秋にかけて、富山湾ではロックフィッシュゲームが盛んになります!
比較的浅いポイントにキジハタ・カサゴが入ってきて、ベイトフィッシュ(甲殻類のベイト)を捕食するタイミングで
効果を発揮するのがバグアンツの北陸カラーです。

皆さんご存知の「321: 北陸レッドプラム」「323: 北陸クリアホロ」は鉄板のアイテムです!

(321: 北陸レッドプラム)

(323: 北陸クリアホロ)

3インチ、4インチをメインに使用しますが、一般的には3インチがよく使われると思います。
自分はビックフィッシュをバイトさせたいのでほぼ4インチを使用しますが、4インチでもスモールサイズもバイトはしてきます!
大きいルアーには大きい魚が釣れると言いますよね。
でも、あまりにもバイトが少ない時は3インチも使ってしまいますが......

基本的にアクションはリフト&フォールですが、自分のスタイルはネチネチボトムトレースが好きなので
ボトムを感じながらイメージを膨らませています!
ステイも入れながらバイトチャンスを作ってみるのも良いと思います!

rock1_0116.jpg

気になると言えば北陸カラーのバグアンツとエコギア熟成アクア バグアンツの使い分けだと思います。
この使い分けの基準は非常に迷いますよね?

(バグアンツ 323: 北陸クリアホロ)

(エコギア熟成アクア バグアンツ J08:赤エビ)

この両者は全くの別物なので、両方を使ってみてその時々で良い方を選択しています。
普通のバグアンツが良い時もあるし、熟成アクアのバグアンツが良い時もあるので、自分は両方使ってみてバイトの多い方を選択しています。

熟成アクア バグアンツは、3.3インチをメインで使います!
選択の決め手はバイトの浅さやバイト数で、熟成アクア バグアンツに切り替えています。
両方のマテリアルを使いこなせれば、無敵のアイテムです

rock2_0116.jpg rock3_0116.jpg rock4_0116.jpg

この釣行で42cm、38cm、37cmのグッドコンディションのキジハタが顔を見せてくれました!

rock5_0116.jpg        

最近は海水温も高い傾向にあるので、深場に落ちる時期が遅くなっている気がします。
まだまだロックフィッシュも狙えます!
日本海側に来られる際には北陸カラーのバグアンツ、熟成アクア バグアンツを持ってきて
ロックフィッシュを狙ってみるのも楽しいと思いますよ!
もう少し水温が下がってくるとメバルのグッドサイズも顔を見せてくれるはずです!


<タックルデータ>
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 16lb.
ルアー:バグアンツ、エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J01)
+ 7~14g テキサスリグ
+ グラスビーズ

時としてスローダウンゲームも必要

田中努(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:青森県 平館沖

みなさん、こんにちは。
前情報では渋い状況が続いている青森県の真鯛狙いに、今回行ってきました。

「先週は良かったけど!」なんて話はよくあるなかで、その渋い状況での釣りも経験という事で(笑)。
渋いと言っているわりに、当日は33艘も船が出ており、そのほとんどがメタルジグでの釣り。
そんな中での"ハイブリッドひとつテンヤ"でのマダイ釣り開始。

サーチベイト的にタイラバ(アクラバリグ AR03:レッドタイガー + タイラバ アクア フラップ110 A03:アトラクティブオレンジ ブラックFlk.)でチェックするも、アタリは無し。

  

しばらく続けていると、魚探には薄いベイト反応が。水深 50mの中層 20~40m間をゆっくりと巻く。
すると、ものすごく小さなアタリが。しかし乗らず。

このアタリで、すぐにタイラバからテンヤへチェンジ。
オーバルテンヤ 6号(T12:ゴールドグリーングロウ)+ エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J01:オキアミ)を超デッドスローにアプローチ。

  A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.

巻くと、ヌーッとした重みがロッド(ハイブリッドテンヤ真鯛)に伝わる。
アワセを入れ、上がってきたのは、1.5kgほどの綺麗なマダイでした。

tenya1_0613.jpg

潮の流れもゆるく、水温も少し低い状況下。しかも、連日 メタルジグで攻められてスレている感じ。
その様な状況では、やはりオーバルテンヤ&エコギア熟成アクアが本領発揮する。
マダイ釣りでも、その日その状況に合わせるためには、スローダウンのゲームも必要となります。
貴重な休みでの釣りですから、貴重な1枚はほしいですよね。

昨年も同じ様なシチュエーションを体験していたので、1枚キャッチした後 すぐにパターンを変更し、
計5枚のマダイを手にすることができました。

tenya2_0613.jpg

自然が相手ですから、状況が一変することが多々あります。
その時に柔軟に対応できるように、テンヤもしっかり用意することが大切です。
渋い状況に変わった時こそ、エコギア熟成アクアのスローダウンゲームですね。


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710ML / HTM710M
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ1.7号
ルアー:オーバルテンヤ 5号、6号(T11、T12、T14)/ スイミングテンヤ 25g、30g
+ エコギア熟成アクア スイムシュリンプ4"

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 仙台湾

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!

5月20日(日)に仙台湾でガイドを行っているフィッシングシンドロームさんとコラボ企画として、
ボートロック講習会を開催してきました!

6名の参加者が集まり、各々準備を済ませて出船です! 今回の講習会の内容は、
「基本的なボートロックでの攻略法」「釣った魚の扱い方」「必要以上なキープはせずにキャッチ&リリースを心がけること」
この3つです!

ポイントに着いてから、参加賞のワームを配りました!
参加賞のワームは、私がチョイスした仙台湾オススメの「グラスミノーL(413:艷色グリーンゴールド、414:魅惑パープルカモ)」、
バグアンツ3"(451:チラチラ挑発クロー)」、「キジハタグラブ4.5"(159:カタクチ)」の4種類です(^^)v

(グラスミノー 413:艶色グリーンゴールド)

(グラスミノー 414:魅惑パープルカモ)

(バグアンツ 451:チラチラ挑発クロー)

(キジハタグラブ 159:カタクチ)

そして簡単にボートロックでの攻略法を説明し、そのあとは皆さん好きに釣りを楽しんでいただきました(*^^*)

rock1_0526.jpg

当日の状況は、前日の夜に冷たい雨が降った影響で水温低下と濁りが入った状況で、なかなかシビアでした。
そんな中、ファーストキャッチは唯一の女性参加者が「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ」でキャッチ!

(J03:青イソメ)

rock2_0526.jpg

やはりシビアな状況では熟成アクアが強いです!

そのあともこまめに小移動を繰り返し、反応の出る水深を絞り込みアジャストさせていく敏腕船長!
そのおかげで皆さんしっかりとキャッチしていきます(^^)
良型のベッコウゾイも登場し、船上が賑わいます!

rock3_0526.jpg rock4_0526.jpg rock5_0526.jpg rock6_0526.jpg rock7_0526.jpg

参加者の皆さんには好きなワームを使用していただきましたが、
なかでも圧倒的に反応が良かったのが、グラスミノーM、Lの414:魅惑パープルカモでした。



少し濁りが入った状況では、シルエットがはっきりするカラーが強いと再認識しました。

私もロッドを振りながら皆さんの質問に応えていると、砂地混じりのエリアでヒラメをキャッチ。

rock8_0526.jpg

ベイトの反応が出るエリアではスイミングでパターンにはまり、ダブルヒットも!

rock9_0526.jpg

キャッチ&リリースも心がけていただき、資源保護にも協力していただけました(*≧∀≦*)
皆さん最後まで笑いの絶えない船上でワイワイ楽しむことができ、なんとこの日の竿頭はロックフィッシュ初心者の女性の方でした!
終始 熟成アクアを使用し、スイムシュリンプとミルフルをローテーションしながら周りを圧倒する釣果でした!

(エコギア熟成アクア スイムシュリンプ J03:青イソメ)

J03:青イソメ(エコギア熟成アクア ミルフル J03:青イソメ)

やはりこのようなシビアな状況での熟成アクアの強さを再認識させられました(^^)

今回協力して下さったフィッシングガイド船 フィッシングシンドロームの竹下船長、お陰さまで全員が魚をキャッチすることが出来ました(*^^*)
ありがとうございました!

rock10_0526.jpg

皆さんも最盛期のロックフィッシュを楽しみましょう!

三谷和之_顔写真.jpg
三谷和之
(エコギアプロスタッフ 富山県在住)
フィールド:富山県 富山湾

富山湾にも春の訪れを感じます。富山湾の春と言えばホタルイカが思い浮かぶと思います。
魚たちにとってもホタルイカは絶好のベイトとなり、ホタルイカが接岸すると人も魚もお祭り騒ぎになります!

そこで、ホタルイカを捕食しているターゲットを狙うというのが、富山ではホタルイカパターンと称してアングラー達を魅了しています!
今回はエコギア熟成アクアを使ってホタルイカパターンで狙ってきました。

ホタルイカパターンは基本的にハードルアーを使うことが多いのですが、
今回は、軽いジグヘッドを遠くに飛ばすフロートリグを使って実釣してきました。リグは写真に写っている感じです。

chinu1_0501.jpg

PEとリーダーの結束は小さいスイベルで結束。
PE側にフロートと絡み防止を付けて、リーダー側にはジグヘッドと、アピール目的で蛍光棒を付けてあります。
フロートは遊動するので、スイミングでシャロー、フォールでボトム付近まで落とす事ができるリグです。

今回のポイントは、浅い所で水深 50センチ、深い所で3メートルある根まわりで、シャローからボトムまで多彩な攻め方ができるポイントです。
まさにフロートリグに向いているポイントです。

タックルは、PE 1号にリーダーで12lb.フロロライン。ジグヘッドは、ブリーマーヘッドの2~3グラムを使用しています。
ワームは、エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J01:オキアミ)で、フロートは10.5グラムを装着しています。

A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.

まず初めは、根の上をデッドスローにスイミングさせて、ホタルイカが表層をフワフワ動くのを演出して誘います。
着水後に少し間を置いてからデッドスローで泳がせてくると、ガツガツとバイトが!
1投目からビックリ本命のクロダイ40センチクラスがヒット! 流石にこれにはビックリでしたが、これがエコギア熟成アクアのパワーなんですね!

chinu2_0501.jpg

ナイスなクロダイでした!

そしてここからがエコギア熟成アクアの本領発揮です!
プリプリのカサゴからアイナメまで、ロックフィッシュも好反応でした!

chinu3_0501.jpg

このアイナメは、エコギア アクア 活チヌスナモグラー(A25:フジツボシェル クリスタル+ブラックFlk.)でヒット!



ホタルイカが接岸する今の時期だけのホタルイカパターンゲーム。
ホタルイカの接岸とアングラーのタイミングがバッチリ合えばビックバイト連発するこのパターン!

chinu4_0501.jpg

富山湾の春の風物詩のホタルイカパターンをみなさんも是非!!


<タックルデータ>
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 12lb.
ルアー:ブリーマーヘッド 2~3g
+ エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J01)、エコギア アクア 活チヌスナモグラー(A25)
+ フロートリグ 10.5g

吉田 裕樹
吉田裕樹(エコギア / ノリーズプロスタッフ 千葉県在住)
フィールド:千葉県 飯岡港

ノリーズ・エコギア プロスタッフの吉田です。

イワシパターンといえば冬のイメージが強いのですが、なんと!
この時期(晩夏~初秋)にもイワシパターンが存在することを確信する釣行ができました!

私自身、2年ほど前からこの時期の飯岡エリアにもイワシパターンがあるのではないかと模索しており、
釣行日の数日前からベイト反応の中で大鯛が釣れているとの情報を聞き、ようやく今回、タイミングを合わせることができたのです。

当日は飯岡港 梅花丸さんより午後船での出船。
ポイントに到着すると、魚探にはベイトの反応がビッシリ。船首から海面を覗くと、イワシの姿を確認。間違いない!
表層にはシイラの姿や、時々 3~5キロくらいのマグロ(キハダ?)のナブラが起こり、海の中の状況もいいようでした。

早速、「スイミングテンヤ」&「エコギア アクア スイムシュリンプ 4.5インチ」をセットしてキャスト開始。

SWIMMING TENYA



  ECOGEAR AQUA SWIM SHRIMP

リトリーブレンジ、スピード、ひと通り試してみたもののノーバイト。
オーバルテンヤ」&「エコギア アクア スイムシュリンプ 4.5インチ」にチェンジし、リフト&カーブフォールにするもノーバイト。そんなに甘くはない。

OVAL TENYA  ECOGEAR AQUA SWIM SHRIMP

魚探の反応はいいものの、冬の時期のように画面一面が真っ赤になるような反応でもない。
何かが違う。
周りの乗り合いのお客さん達はエビ餌を使用しての通常の釣り方でポツポツ、中鯛・大
鯛も釣れ始めていた。

そこで、「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ 4インチ」へチェンジし、さらにスローに誘う。

ECOGEAR 熟成 AQUA SWIM SHRIMP

A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.(J01:オキアミ)

しばらくアタリも出なかったが、ポイント移動のタイミングで一旦着底させてスイミング。
そしてテンヤを回収しようと巻く速度を速めたところ、ズドンっとアタリが!

一瞬『青物?』かと思ったが、引きは鯛! やり取りを開始した直後、無念のフックアウト......。
フッキングがあまかったようだ。

またしばらく沈黙しながら夕マズメのいい時間帯へ。
ふと、先ほど鯛が掛った時の状況を思い出し、同じように
キャスト → 着底 → 二段階の誘い上げ → フリーフォール → 着底 → スイミングさせたところ、待望のアタリ!

根に潜られないようにドラグ設定を上げて少々強引にやりとりし、4キロオーバーの大鯛キャッチに成功!!

tenya1_0831.jpg tenya2_0831.jpg

そして、同じ誘いを繰り返していると、またも同じタイミングでアタリが!
これも3キロオーバーの大鯛をキャッチ!

tenya3_0831.jpg tenya4_0831.jpg

どうやら、冬のようにイワシを追い回して捕食しているのではなく、
他のフィッシュイーターに追い回されて弱った個体や食べ残しを狙っていたようである。
だからエビ餌の誘いにも普通に食ってくる。自分の誘いは、弱ったのを演出させてからの逃
げ惑うイワシ。

当日乗船していた方は全部で8名。大鯛は8枚上がってそのうち2枚は私。
中鯛も同じくらいに釣れていたため、やはり平均サイズは良かったように思います。

いつまでイワシが滞在するかは分かりませんが、いるうちはチャンスです。
いなくなってもまた入ってくる可能性もあるので、タイミング次第では良い釣果が期待できます!

また、タックルバランスも大事です。
不用意に走られて根に潜られないよう、ガチガチのロッドよりは引きを吸収できるようなロッドの方が意外と走られませんよ。


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710M
リール:3000番
ライン:PE 0.8号 リーダー:2.5号
テンヤ:オーバルテンヤ 6号(T05: シルバーメタル)、
    エコギア熟成アクア スイムシュリンプ 4インチ(J01: オキアミ)

田中 努
田中努(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:青森県 平館沖

みなさん、こんにちは!
エコギアより今季発売となりました"エコギア熟成アクア"ですが、みなさん手にしましたか?
ファーストモデルは「エコギア熟成アクア バグアンツ 3.3インチ」。

A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.(J01:オキアミ)

もう使った方は、こう思ったはず。
「ヤバイ!! 釣れる!!」

従来のエコギア アクア素材でも十分よく釣れるソフトルアーですが、それを更に上回る製品となりました。
今回は、そのエコギア熟成アクアを持ってマダイ釣行へ。場所は青森県 平館沖。

東北屈指のマダイエリアなんですが、近年は春のマダイ釣りでは、ジグそしてタイラバの釣りのみとなっており、
各ポイントでは釣り船が密集している状況です。
当然ながら魚のプレッシャーは高くなっていて、スレまくっています。

そんな難しい状況での釣行をあえて選択したのは、「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ 4インチ」のテストを行いたかったのと、
エコギア熟成アクアのポテンシャルを試したかったんですよ(笑)

釣り方は当然ながら、ハイブリッドひとつテンヤ!!
周りの船はすべてジグ&タイラバ船。テンヤ船はたったの1隻。
他船のお客さんから乗船前に、「テンヤですか? テンヤでは青森の春マダイは厳しいですよ!」なんて話しをいただきました。

気の合った仲間とのチャーター船での出船。
水深 50mラインで魚探チェック! 中層にマダイの反応あり。
オーバルテンヤ 8号(T12:ゴールドグリーングロウ)」に既存のエコギア アクア素材の
エコギア アクア スイムシュリンプ 4インチ(A19:ピュアレッド レッドFlk.)」をセット。





ライン角度をつけ、魚探に反応があった付近をリフト&フォールや巻きテンヤで誘います。
フォール時に小さなアタリがあっただけで、「これは食う感じのアタリではないな」と思いました。
案の定船の無線から聞こえくるのは、「反応があるけど釣れない」という会話ばかり。

ここで「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(プロト品)」をセットし、同じ様に中層付近をリフト&フォール。
するとアタリは小さいが明らかに先ほどの小さいアタリとは違い、"食ってる"という感じがロッドに伝わってきます。

アワセを入れて走った瞬間にこれは本命のマダイだとわかり、やり取り開始。

tenya1_0620.jpg

本命マダイをキャッチ成功。

その1枚をかわきりに、連続&連発。マダイのスイッチが入ったのか、同船者にもヒット。
しかし、同船者は1枚キャッチするのがやっとという状況下で、エコギア熟成アクアだけは連発ヒットが続きます。

tenya2_0620.jpg

tenya3_0620.jpg

連発しているとはいえ、マダイからのアタリは相変わらず小さいまま。
想像ですが、「なんかうまそうなのがあるな、食っちまえ」ってマダイが言っている感じ(笑)

このタイミングで同船者は冷凍エビを使用していたのに、アタリ無しなんですよ。
確実に、食ってるのはエコギア熟成アクアだけでした。

結果は、8人乗船で20枚のマダイ。
そのうちの14枚は「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ」でキャッチ成功です。
ちなみに他のジグ・タイラバ船の釣果は3~5枚程だったそうです。

この日はマダイのプレシャーが高いだけではなく、天気も悪くなる予報の中での釣りとなりました。
結局、午前の早い段階で雨・風が強くなりストップフィッシング。
ストップフィッシング直後には、おまけの"鬼ちゃん"ことナイスなオニカサゴをキャッチ。

tenya4_0620.jpg

エコギア熟成アクアは究極の食わせルアー。
食わせに関しては、「冷凍エビが一番いい」と一概には言えない感じです。
食わせの要素を備えながら、ルアーらしく非常に綺麗なフォール&動きをしますし、集魚効果&抜群の柔らかさがあります。
柔らかさが抜群ですが、針持ちは良好。これに関しては冷凍エビでは無理ですね。

個々に良い所・悪い所がありますが、それをちゃんと理解して使用すれば、良いマダイ釣りができると思います。
今回の様に特殊な条件下での釣りや、食いが落ちた・渋い等の状況での使用に対してもエコギア熟成アクアは効果抜群です。
効果抜群ではありますが、その効果を十分に発揮するには、しっかりとしたタックルで望んで下さい!!


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710M / HTM80MH / HTM80H
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ1.7号
ルアー:オーバルテンヤ 6号、8号(T12、T14)/ スイミングテンヤ 25g、30g
+ エコギア アクア スイムシュリンプ 4"(A18、A19、A27)/
  エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(プロト品)