短竿チョーチンでのウドンセットは、おもにへら鮒の活性が低いときに高釣果を狙える釣り方です。強い集魚力を持った拡散性の高いバラケエサでへら鮒を狙ったタナに集め、サラサラと落下する麩の粒子群のなかに漂うウドン系のくわせエサを食わせるイメージです。力強く、明確なアタリが期待でき、大型が揃う可能性が高いのが魅力。流れの影響を受けにくいため、風の強いときには特に有利です。
 
 
 
 
タナにへら鮒を寄せるために、常に、一旦ウキを深くナジませる
ことを心がけながら釣ります。へら鮒が寄って早食いアタリがで
る場合でも、必ずウキを深ナジミさせてからのアタリをとります。
ウキのナジミ幅は、ハリ付けするエサの大きさを変えて調整します。
 
 
 
 
 
バラケエサが大きすぎです。エサを小さめに付けます。
 
 
エサがタナまで持っていません。エサを大きく付けるか、 丁寧に丸めてハリに付けてください。
 
 
バラケ性やエサ持ちは、硬さを変えて調整します。バラケを 良くしたいときは、少しずつ手水を加え、エサを柔らかくして 使います。バラケを抑え、エサ持ちを良くしたいときは、 「Sレッド」を少量ずつ加え、エサを固くして使います。
 
 
 
へら鮒がいる層とくわせエサの位置がズレていることが考えられ
ます。下ハリスを長くし、アタリのでる長さを捜します。
 
 
寄せたへら鮒に下バリがあおられていて、空振りが多くなってい
ます。下ハリスを短くして様子を見ます。ハリの大きさを1サイズ
上のものに変えるのも一手です。
 
 l  S DESIGNとは  l  商品情報  l  サイトのご利用について  l  プライバシーポリシー  l  お問い合わせ  l
  Copyright (C) 2011 Marukyu Co.,LTD All Rights Reserved.  
掲載記事の無断転載を禁じます。