顔写真.jpg
瀬戸浩司
(エコギアプロスタッフ 広島県在住)
フィールド:広島県

初夏になり岸から狙うハタゲームが熱い季節になりましたね~
ハタゲームがブームになり始め、多くのアングラーをフィールドで見かけるようになりました。
それに伴って、メジャーなエリア等では魚がスレてきてルアーへの反応が鈍い......と感じる事が多くなりました。

そこで次の一手!

HATA JIG

さらに遠くのあまり攻められていない竿抜けポイントを、ハタジグでテンポ良く探ってみると活性の高い良型が連発。

rock1_0720.jpg rock2_0720.jpg rock3_0720.jpg rock4_0720.jpg rock5_0720.jpg rock6_0720.jpg

私のハタジグの使い方は、ベイトフィッシュがいて活性が高い場合は
キャストしてボトムを取り、ただ巻きに近いワンピッチジャークで20回くらい巻き、再びボトムを取る。コレの繰り返しです。
活性が低そうな場合は、スローなロングジャークでフォールを多くするとリアクションバイトしてきます。

カラーは、朝マズメなどのローライト時はゴールド系。陽が登ってハイライトの時はシルバー系に反応が良い感じです。

  (HJ07 グロウストライプゴールド )

  (HJ08 グロウストライプシルバー )


ハタジグは、名前の通り「ハタ」に効くのはもちろんですが、「ヒラメ」などの魚にもバッチリ効きます。

rock7_0720.jpg

そんなメタルジで狙うハタゲーム、皆さんもハタジグで竿抜けポイントを攻略してみませんか


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 5号
リ グ:ハタジグ 30g

三谷和之_顔写真.jpg
三谷和之
(エコギアプロスタッフ 富山県在住)
フィールド:富山県 富山湾

富山湾ではキジハタゲームが6月中旬から盛り上がってきます。
7月ぐらいから本格的シーズンに入り、ロックフィッシャーマンが夜な夜な海に繰り出し、海が活気に溢れています。

rock1_0710.jpg

自分の地域ではキジハタの事を「ヨネズ(夜寝ず)」と独特な呼び名で呼ぶ事もあり、
地域性なのか、ほぼナイトゲームがメインになっています。

ベイトフィッシュパターンから甲殻類パターンに移行してきている今の時期は、「バグアンツ」が力を発揮してくれます!



「323:北陸クリアホロ」はナイトゲームでもアピール力が高く、4インチをメインで使っていますが、ガンガンバイトしてきます。

rock2_0710.jpg

先日、「エコギア熟成アクア」が発売された事もあり、
「バグアンツ 4インチ」と、「エコギア熟成アクア バグアンツ 3.3インチ」の違いを試してみました!

 (323:北陸クリアホロ)

A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.(J01:オキアミ)

基本の誘いは、ボトムに落としてリフト&フォールやボトムシェイクでバイトを誘います。
「バグアンツ 4インチ(323:北陸クリアホロ)」などは、バイトがあってから一呼吸置いてフッキングすると丁度いい感じなんですが、
「エコギア熟成アクア バグアンツ 3.3インチ」は、口の中に入るのが早い!
たとえバイトをスカったとしても、その場で置いておけば追い食いをするんです!

rock3_0710.jpg

rock4_0710.jpg

「熟成」は、まさに餌みたいな感じです。
アクションで魅せるより、ユックリ匂わせる誘いのほうが合っているんでは無いでしょうか。

rock5_0710.jpg

自分の使い方としては、「エコギア熟成アクア」の場合、若干スローな動かし方で匂わせる感じで誘ってバイトさせてます。
まだまだ「エコギア熟成アクア」のポテンシャルは奥が深いと思うので、
ハイシーズンのキジハタゲーム、ビックなキジハタを狙っていきたいと思います。


<タックルデータ>
ロッド:6フィート ベイトロッド、7フィート3インチ スピニングロッド
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 16lb.
ルアー:バグアンツ 4インチ、キジハタグラブ、エコギア熟成アクア バグアンツ 3.3インチ
    + #2~3 オフセットフック
    + 7~14g タングステンシンカー

鈴木_顔写真.jpg
鈴木智也
(エコギアプロスタッフ 福井県在住)
フィールド:福井県 越前海岸

私の地元フィールド越前海岸では今シーズン、未だに産卵個体が多く、例年よりも長くエギングを楽しめています。
メタルジグで40cm前後の鯵や梅雨時期の尺メバルも釣れてきているので、後ろ髪をひかれますが
エギングをじっくりやり尽くそう!と、釣行に出かけています(笑)
しかし、天候的に風の向きや強さでやりにくい日も多く、越前海岸嶺北を南へ北へと走り回っています。

また、同行してくれる仲間もダートマックスを購入しきてくれ、大型のアオリイカの釣果もいい感じに出てきました。
ダートマックス 4号(D35CS:ホワイティンクリスタルシルバー)にて、胴長 33cm、1.5kg



egi1_0630.jpg

ダートマックス 3.5号(D27CG:ラグジュアタイガークリスタルゴールド)にて、胴長 36cm、1.7kg

D27CG:ラクジュアタイガークリスタルゴールド

egi2_0630.jpg

これほどの釣果がでる理由は、
① ダートマックスのキャスティング時の飛距離
② 風の影響に強い部分
③ ラインスラッグが出る中でもエギがしっかり動く事
などが大きく釣果に表れてきているのだと思います。

「少し沖の方に潮目が寄って来たところになんとかエギを送り込めたら」といった状況でも抜群の差がでます。

先日も厳しい状況が続き「ダメだなぁ~」と思っていると、届くかどうかという距離に潮目。
なんとかその潮目に入れられ、ひとしゃくりした後に待望のアタリ!

egi3_0630.jpg

胴長 32cm、1.3kg
1発で結果が出てくれました。

また、接岸した鰯にシーバスがライズする中、潮の流れを捉えて1発で答えが出ました。
しかし、このアオリイカはランディングで落としてしまい、オートリリースしてしまいました。
持った感じでは1.3kgぐらいでしたが、このイカの後ろからさらに大きなアオリイカが着いてきました。
同行者にすぐにエギを投げてもらったものの反応はしなかったのですが、2kg以上はあったので残念です。

気を取り直し、立ち位置を変えた数投目に再度アタリ!

egi4_0630.jpg

サイズは小さかったのですが、その前について来たでかアオリを今度は獲りたいです。


<タックルデータ>
ロッド:9フィート エギングロッド
リール:ステラC3000SDH
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 1.75号
ルアー:ダートマックス 4号(D35CS)、ダートマックス 3.5号(D27CG、D201CG)

ハタジグ爆発!!

kawahata_100711.jpg
川畑純
(エコギアプロスタッフ 岩手県在住)
フィールド:岩手県 大船渡

皆さん、こんにちは。岩手の川畑です。

私は遊漁船業を営んでおりまして、先日、スーパーライトジギング釣行の際に
お客様と一緒にロッドを出させて頂く機会があり、その時の模様をお伝えしたいと思います。

水深は20~50mと比較的浅めの岩礁帯のポイントを攻めるため、35gのハタジグを手に取りました。

HATA JIG

ターゲットは東北を代表とする魚、アイナメ、ソイ類です。
とてもナチュラルにヒラヒラとフォールするハタジグのアクションに、間違いなく魚達は高反応を示すだろうと予想しておりましたが
......予想はすぐに的中!!

ハタジグ爆発です!!
30cmアップのメバルを筆頭に、アイナメ、クロソイ、マゾイ、エゾメバル。

rock1_0621.jpg rock2_0621.jpg rock3_0621.jpg rock4_0621.jpg rock5_0621.jpg rock6_0621.jpg rock7_0621.jpg rock8_0621.jpg rock9_0621.jpg

特にアイナメは、型もそろって高反応でした。手軽で繊細な感じがハマりそうです。
スローなアクションで誘い、バイトは圧倒的にフォール時に集中しておりました。

皆さんも東北でも手軽に楽しめるハタジグゲーム......、トライしてみてはいかがでしょうか。


<タックルデータ>
ライン:PE 0.8号 リーダー:フロロ 4号
ルアー:ハタジグ 35g(HJ05:赤金、HJ08: グロウストライプシルバー)

 

 


広進丸 川畑 純

田中 努
田中努(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:青森県 平館沖

みなさん、こんにちは!
エコギアより今季発売となりました"エコギア熟成アクア"ですが、みなさん手にしましたか?
ファーストモデルは「エコギア熟成アクア バグアンツ 3.3インチ」。

A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.(J01:オキアミ)

もう使った方は、こう思ったはず。
「ヤバイ!! 釣れる!!」

従来のエコギア アクア素材でも十分よく釣れるソフトルアーですが、それを更に上回る製品となりました。
今回は、そのエコギア熟成アクアを持ってマダイ釣行へ。場所は青森県 平館沖。

東北屈指のマダイエリアなんですが、近年は春のマダイ釣りでは、ジグそしてタイラバの釣りのみとなっており、
各ポイントでは釣り船が密集している状況です。
当然ながら魚のプレッシャーは高くなっていて、スレまくっています。

そんな難しい状況での釣行をあえて選択したのは、「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ 4インチ」のテストを行いたかったのと、
エコギア熟成アクアのポテンシャルを試したかったんですよ(笑)

釣り方は当然ながら、ハイブリッドひとつテンヤ!!
周りの船はすべてジグ&タイラバ船。テンヤ船はたったの1隻。
他船のお客さんから乗船前に、「テンヤですか? テンヤでは青森の春マダイは厳しいですよ!」なんて話しをいただきました。

気の合った仲間とのチャーター船での出船。
水深 50mラインで魚探チェック! 中層にマダイの反応あり。
オーバルテンヤ 8号(T12:ゴールドグリーングロウ)」に既存のエコギア アクア素材の
エコギア アクア スイムシュリンプ 4インチ(A19:ピュアレッド レッドFlk.)」をセット。





ライン角度をつけ、魚探に反応があった付近をリフト&フォールや巻きテンヤで誘います。
フォール時に小さなアタリがあっただけで、「これは食う感じのアタリではないな」と思いました。
案の定船の無線から聞こえくるのは、「反応があるけど釣れない」という会話ばかり。

ここで「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(プロト品)」をセットし、同じ様に中層付近をリフト&フォール。
するとアタリは小さいが明らかに先ほどの小さいアタリとは違い、"食ってる"という感じがロッドに伝わってきます。

アワセを入れて走った瞬間にこれは本命のマダイだとわかり、やり取り開始。

tenya1_0620.jpg

本命マダイをキャッチ成功。

その1枚をかわきりに、連続&連発。マダイのスイッチが入ったのか、同船者にもヒット。
しかし、同船者は1枚キャッチするのがやっとという状況下で、エコギア熟成アクアだけは連発ヒットが続きます。

tenya2_0620.jpg

tenya3_0620.jpg

連発しているとはいえ、マダイからのアタリは相変わらず小さいまま。
想像ですが、「なんかうまそうなのがあるな、食っちまえ」ってマダイが言っている感じ(笑)

このタイミングで同船者は冷凍エビを使用していたのに、アタリ無しなんですよ。
確実に、食ってるのはエコギア熟成アクアだけでした。

結果は、8人乗船で20枚のマダイ。
そのうちの14枚は「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ」でキャッチ成功です。
ちなみに他のジグ・タイラバ船の釣果は3~5枚程だったそうです。

この日はマダイのプレシャーが高いだけではなく、天気も悪くなる予報の中での釣りとなりました。
結局、午前の早い段階で雨・風が強くなりストップフィッシング。
ストップフィッシング直後には、おまけの"鬼ちゃん"ことナイスなオニカサゴをキャッチ。

tenya4_0620.jpg

エコギア熟成アクアは究極の食わせルアー。
食わせに関しては、「冷凍エビが一番いい」と一概には言えない感じです。
食わせの要素を備えながら、ルアーらしく非常に綺麗なフォール&動きをしますし、集魚効果&抜群の柔らかさがあります。
柔らかさが抜群ですが、針持ちは良好。これに関しては冷凍エビでは無理ですね。

個々に良い所・悪い所がありますが、それをちゃんと理解して使用すれば、良いマダイ釣りができると思います。
今回の様に特殊な条件下での釣りや、食いが落ちた・渋い等の状況での使用に対してもエコギア熟成アクアは効果抜群です。
効果抜群ではありますが、その効果を十分に発揮するには、しっかりとしたタックルで望んで下さい!!


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710M / HTM80MH / HTM80H
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ1.7号
ルアー:オーバルテンヤ 6号、8号(T12、T14)/ スイミングテンヤ 25g、30g
+ エコギア アクア スイムシュリンプ 4"(A18、A19、A27)/
  エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(プロト品)

安藤_顔写真.jpg
安藤太郎
(エコギアプロスタッフ 静岡県在住)
フィールド:静岡県 西伊豆

皆さんこんにちは。静岡の安藤です。
6月上旬、西伊豆で船からのグルーパーゲームを楽しんできました。

当日は大きなウネリで船が大きく揺れるあいにくの海況。
水温も前日まで19℃台であったのが、当日は一気に16℃台に低下し、ロックフィッシュには少し厳しい条件でした。

とは言え、あらかじめベイトフィッシュである小サバが入っていたのは確認してあったので、
ターゲットであるオオモンハタがその群れについている事を期待して釣りを開始。

ベイトフィッシュが体高のあるサバ系だったので、迷わず「バルト 3.5インチ」の171:ナチュラルゴールドを選択。



一度、水深 20m付近のボトムまで沈め、15回転ほどナチュラルにリトリーブしてから再度カーブフォールさせて底をとり探っていきます。
開始して間もなく、底から3回転ほどした時にコンッと金属的なバイトが!
重いがそんなに抵抗しない。釣りあげてみると、やはりアカハタでした。
フォールに好反応のアカハタですが、ボトム付近のスイミングでも食ってきます。

rock1_0619.jpg

次のキャストでは、キャスト後のフォール中にグッドサイズのアカハタ。
これはこれで嬉しい外道ですが、本命のオオモンハタは何処へ?

釣果が得られていない仲間たちを横に、バルト 3.5"(171:ナチュラルゴールド)を選択した私だけが釣果をあげていきました。

その後、船がワンドの奥付近に移動した時に魚群探知機に濃いベイト反応が出たので、
ベイトフィッシュがオオモンハタに追われて岸際に寄るであろうと想定し、岸際の中層をトレース。
基本に忠実に、ボトムをとって15回リトリーブし再度ボトムに送り込んでいきます。

8回リトリーブした頃だったでしょうか、ハンドルが止められ、一気にロッドティップが絞られました。
これはアカハタではない事をすぐに確信し、ロッドを立てて強引に根から剥がすが、魚も何度も根に突っ込もうとし大きくドラグを鳴らします。

ロッドがロックフィッシュボトム パワーオーシャンのRPO710XHS2であったので、
ロッドのパワーを信じ、強引に引き寄せてネットインしたのはグッドサイズの本命・オオモンハタ。

rock2_0619.jpg

rock3_0619.jpg

ルアーの形状とカラーの重要性を再認識すると同時に、厳しい条件化でもきっちり仕事をしてくれたバルトに感謝です。
スイミングテンヤ + バルト + ブレードスピン」、コレが最強の組み合わせです!!

SWIMMING TENYA



  BALT  BLADE SPIN

rock4_0619.jpg


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2
リール:4000番
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 25lb.
ルアー:バルト 3.5インチ(171: ナチュラルゴールド)+ スイミングテンヤ 25g、30g

鈴木_顔写真.jpg
鈴木智也
(エコギアプロスタッフ 福井県在住)
フィールド:福井県 越前海岸

越前海岸のアオリイカは6月に入ってから少し落ち着いてきたように感じますが、
まだまだ産卵に接岸してくるアオリイカの行動も見られ、一人で数杯の釣果を出されている方もいらっしゃるようです。

水温上昇に伴い海藻も枯れ始めてきましたが、だからこそ撃てるポイントも出てきます。
今回の釣行は、そんなようやく普通に撃てるようになったポイントにて、大型のアオリイカを狙いに行ってきました。

その前に、今シーズンの釣果で好調なエギカラーは

egi1_0612.jpg

D202CR:パープルボーダークリスタルレッド(※蛍ムラコーティング)ですが、夜間釣行がメインの自分にとって
エギのカラーのポイントは、月明かりや街灯の光、潮の澄み具合などからアオリイカからどの様に見えているかを考えます。

その中で、ダートマックスにはエギの目がグローに光るカラーが何種類かあります。
必ずそのカラーをローテーションで使用し、換えた途端に反応してくる事もあると感じています。
そして、今回の釣行でも1発目にその答えが出ました!

egi2_0612.jpg egi3_0612.jpg

胴長 42cm、2.5kgの越前海岸ではモンスタークラスのアオリイカ。


同行者が開始1発目に、ダートマックス3.5号(D34GE:グリーンアジクリスタルグリーン)で1.4kgのアオリイカを釣り上げ、



自分はその時、D20BM:ピンクブロックマーブルとD24CR:オレンジボーダークリスタルレッドを使用していました。

D20BM:ピンクブロックマーブル

D24CR:オレンジボーダークリスタルレッド

そして、何かワンポイントのアピールが欲しいと、D202CR:パープルボーダークリスタルレッドに付け替えたのが
この釣果に繋がったのでは無いかと思います



また、今回は自分の過去最大のアオリイカと出会うことができ、満足の行く釣果になりました。


<タックルデータ>
ロッド:9フィート エギングロッド
リール:ステラC3000SDH
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 1.75号
ルアー:ダートマックス 3.5号(D20BM、D24CR、D202CR)

kawahata_100711.jpg
川畑純
(エコギアプロスタッフ 岩手県在住)
フィールド:青森県 平館

皆さん、こんにちは。岩手の川畑です。
先日、今が最盛期の乗っ込み真鯛を狙いに青森県の平舘沖まで遠征してきました。

当日は、朝焼けがめちゃめちゃ綺麗な背景を眺めながらの出船となりました。
朝一は真鯛が浮いているという事でタイジグで狙ってみましたがショートバイトが続き、なかなか乗ってこない状況が続きました。

tairaba1_0609.jpg

そうこうしているうちに時は刻々と過ぎていき......
フッと沖を眺めてみるとイルカの大群が......。「あーーー、今日は終わったかな」と心の中で呟いたのですが......
「いや待てよ......、浮いていた真鯛がこの状況によってボトム付近に沈むはず」と思い、
手にしたのは、アクラバリグタイラバ アクア カーリー95のタイラバセッテングでした。

(AR02:オレンジレッドタイガー)

(A03:アトラクティブオレンジ ブラックFlk.)

タイラバアクアを信じて巻き巻きしていると、最終時刻寸前、突然! ゴッゴッーーーーっと一瞬、緊張感が走ります。
しっかり食わせる間を入れてからアワセると、ドラグの出方、ロッドから伝わるアクションから真鯛と確信!
心ゆくまで真鯛の引きを堪能し、海面にブワッーと姿を現したのは、まっ赤な良型の真鯛でした。

tairaba2_0609.jpg

tairaba3_0609.jpg

真鯛キャッチ成功です。
ブルーのアイシャドウが綺麗なべっぴんさんの良型真鯛でした。
苦戦を強いられていただけにホントに嬉しい一枚でした。

tairaba4_0609.jpg

昨年同様、またもや春の青森平舘遠征では、アクラバリグとタイラバアクアに助けられました。
皆さんもぜひ、アクラバリグにタイラバアクアのセッティングでチャレンジして見て下さいね。

広進丸 川畑 純

<タックルデータ>
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 4号
ルアー:アクラバリグ(AR02:オレンジレッドタイガー)
    + タイラバ アクア カーリー95(A03:アトラクティブオレンジ ブラックFlk.)
    + タイラバ用ヘッド 60g

kashiwagi_100508.jpg
柏木雅一
(エコギアプロスタッフ 北海道在住)
フィールド:北海道 道南エリア

今回はついに発売となる「エコギア熟成アクア」のポテンシャルを確認するために、
あえて意地悪な状況で試そうと思い、道南の人気エリアの漁港に行ってきた。

釣り人が多くプレッシャーのかかった状況でどんな仕事をするのか? 狙い通りにいかずに釣れないのか?
もちろん朝イチのフレッシュな状況はパスして夕マズメから実釣開始。

ポイントも限定して、まずは定番のバグアンツ 3インチでスタート。

BUG ANTS

開始早々に40cmくらいのアイナメをキャッチできたが後が続かない。
バイトは多いがなかなかフッキングしないので、ワームのサイズを2インチにチェンジ。

すると30cm前後のアイナメがポツポツと釣れ、カラーローテーションして数を重ねていく。
今回はウォーターメロン系のカラーもローテーションしていきかなりガチで釣り込んでいくと、
MAXで45cmのアイナメだったが20匹以上釣れ、1時間以上かけてポイントを釣り尽くす。

rock1_0602.jpg

日が傾いてバイトが無くなってきたので、満を持してエコギア熟成アクアの登場。



自分の中では「釣り残した魚もいるであろう」という思いと、「かなりマジで釣りきったのではないか」という思いがあった。
ワームの形を変えて波動を変えるとまだ釣れるかもしれないが、同じ形のバグアンツ。しかもサイズは大きくなり3.3インチときている。
カラーもJ01:オキアミとJ02:赤イソメの派手カラーが2種類。

A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.(J01:オキアミ)

(J02:赤イソメ)

ビッグサイズが1匹くらい釣れてくれたら......と考えつつ、エコギア熟成アクア バグアンツをセットしてキャストする。
1投目......、異常なし。2投目......、異常なし。

「まぁこんなモンかな」と思いつつ、少し移動しての3投目......。
リフト&フォールで誘っているとリフトしたところで「ゴン!」とバイトがある。

重量もそこそこ伝わってきてからのフッキングで痛恨のミス! 回収してみるワームが裂けていました。
食っていたが針掛かりしていなくてフッキングで裂けてしまったようだ。

ワームを付け替えての1投目。
「コツコツ」とバイトがあり、少し誘いを入れてバイトを深くさせてからのフッキング!
今度はしっかりと乗って、46cmの良型をキャッチ。

rock2_0602.jpg

rock3_0602.jpg

「マジッすか!?」と思いつつ続いてキャストする。
スイミングで誘うと「ゴン!」と強烈なバイトで47cmのアイナメをキャッチ。

rock4_0602.jpg

「もしかして!?」と思いながら続けて、10分後に45cm、続けて42cmのアイナメをキャッチ。

rock5_0602.jpg

rock6_0602.jpg

その後もラン&ガンしていくと、40cm前後のアイナメを3匹追加してバイトが無くなる。
時々小さなバイトがあり10cmくらいのソイやアイナメがつついてくるが、キーパーサイズは釣れずに終了とする。

熟成アクアを投入して40分位のできごとだった。
予想通りのような......、予想以上というか......、エコギア熟成アクアのポテンシャル......ヤバイです。


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO78MHC2
ライン:フロロ 12lb.
ルアー:バグアンツ 2"、3"、エコギア熟成アクア バグアンツ3.3"
    +ビフテキリグ 14g

日高_顔写真.jpg
日高幸俊
(エコギアプロスタッフ 広島県在住)
フィールド:広島県 とびしま海道

5月18日 広島県 呉市 とびしま海道。
瀬戸内海では夏にピークを迎えるロックフィッシュゲーム。
気温も夏を感じるほど暑い日も続いていたので、いよいよアコウ(キジハタ)のハイシーズン突入かなと期待を胸に海へ。

ポイントへ到着すると潮が勢いよく流れているので、まずは「キジハタホッグ」で探っていきます。

KIJIHATA HOG

すると釣り開始から間もなく、潮が緩んできたので
少しでもフォール時間、アピール時間を稼ぐために潮受けのいい「バグアンツ 3インチ」に交換。
カラーは383:パンプキンカモフラージュ。



どんなシチュエーションでも一番に投げるパイロットカラーとして使用しています。

底をとってから小刻みなアクションを入れながらリフトしてフォール。着底したら少しだけ待つ。
するとボトムに置いてあるワームを噛み砕くような荒々しいバイト!

上がってきたのは30cm後半のまずまずのサイズでした。

rock1_0529.jpg

その後は潮が止まり、潮止まりのタイミングではカサゴも楽しませてくれました。

rock2_0529.jpg

そして再び潮が動きだしたタイミング。狙うのは敷石と藻のある足下回りではなく、沖の砂地。
沖の砂地まで回遊してエサを捕食している大型に的を絞り狙っていくと、ボトムステイ中にグッと抑え込むようなバイト!

ハイシーズンらしいパワフルなファイトを楽しませてくれたのは、48cmのビッグワンでした。

rock3_0529.jpg

長さもナイスですが、コンディションもグッドな一匹に大満足し、納竿しました。

rock4_0529.jpg

瀬戸内もすっかりアコウシーズンに突入したようで、これからが楽しみです。


<タックルデータ>
ルアー:バグアンツ 3インチ(383:パンプキンカモフラージュ)
    + 7~10g テキサスリグ