BTSのジグヘッドリグで留萌沖堤の良型クロソイを3本仕留めた!

kashiwagi_100508.jpg
柏木雅一
(エコギアプロスタッフ 北海道在住)
フィールド:北海道 留萌沖防波堤

今年の春は気温が上がらず雪解けが遅れたため、
クロソイのスポーニング時期がずれ込んでいます。
6月に入ってもランカーサイズのクロソイが釣れているため、留萌沖防波堤に行ってきました。

船長の話では、ハイシーズンは終了したものの、ランカーサイズはポツポツ釣れているとのこと。
留萌沖防波堤は留萌川の影響で潮流の早いポイントで、防波堤周りには沖根が点在しています。
狙い目としては沖根、防波堤周りのケーソン、テトラポット周辺となります。

明るいうちに渡り、沖根を探ってみました。
21gの3Dジグヘッドや21gのテキサスリグを遠投して広範囲をさぐってみましたが、
根回りでガヤ(エゾメバル)のバイトのみ。
今度は防波堤周りを探ってみると、20cm前後のガヤが遊んでくれました。

日が傾いてソイタイムに入ると、ポツポツと周りでクロソイが釣れ出します。
40cm前後の良型が時々釣れるという状況。

沖根回りではバイトがないため防波堤周りに方針転換。
イワシヘッド14g(1/0フック)+BTS3-3/4"(238:CP パールカタクチ)で探ります。
ボトムを探ると、30cmのクロソイが釣れました。
IWASHI HEAD



あまり活性がよくないのか、フォールをうまく使わないとヒットしない状況。
ガヤのバイトが多かったカラー(231:CP カタクチ)にチェンジ。

231:CPカタクチ

レンジを合わせてケーソンのショルダーめがけてカーブフォールさせると
「ゴッ」という重量感のあるバイトが!
フッキングすると重量感のあるクロソイのひきが伝わってきました。
ドラグを調整しロックフィッシュボトムのリフトパワーを活かしてやり取りを楽しみ、
41cmのクロソイをキャッチ!

もう1匹を、とキャストを繰り返していると、先ほどよりも重量感のある「ゴツッ」というバイトが!
抵抗も強くラインが出されましたがロッドのパワーで浮かせます。
今度は46cmの良型クロソイでした。

rock1_110617.jpg

rock2_110617.jpg

バイトが遠のいたのでワームをチェンジしたりカラーを変えてみたりしましたがノーバイト。
そこでBTS3-3/4"(231:CPカタクチ)に戻すとバイトがあり、30cmちょっとのクロソイをゲット。
試しに233:CP ウルメにカラーチェンジしてみると、1投目からバイトがあるじゃないですか!

233:CPウルメ

今日はシルバーラメが効果的な日だと確信。
キャストを繰り返していると重量感のあるバイトがあり、40cmの良型クロソイをキャッチ。

結局、40cm台の良型を3匹も釣ることができた納得の釣行となりました。

<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトムTR RBT610MS
リール:2500番
ライン:フロロ6lb.
リグ:ジグヘッドリグ イワシヘッド14g(1/0フック)
BTS3-3/4"(238:CP パールカタクチ、231:CP カタクチ、233:CP ウルメ)