2017年 ボートメバルトーナメントの初戦は2位スタート

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。
今年も[2017 BOAT MEBARU TONAMENT IN YOKOYAMA]のシーズンがやってまいりました。
東京湾で唯一、ボートメバルをターゲットとしたシリーズトーナメントです。
2月、3月の週末土曜日に毎週連続で行われる過酷なトーナメントです(笑)。

今回のトーナメントのプラクティスに入った前週、尺オーバーとなるメバルを4本も釣ってしまった勢いはどこまで私に残っているのか?(笑)
楽しみな初戦のスタートです。

始めは先週末同様でスロースタート。
まだまだシーズン初期なのでメバルがいるエリアが広範囲に無くピンスポットなので、やはり簡単じゃありません......。
それでもこの時期は、そのピンスポットさえ見つけてしまえば魚が固まっている事が多いので、
あっという間にリミットメイクできる自信があったので、自然と焦りはありませんでした。

そしてこの日もやっぱりそのピンスポットを探し出すことに成功!!
プラクティスよりもサイズは落ちましたが、尺メバルを釣ったビッグフィッシュパターンの
【重いジグヘッドを使い、着水音を大きく出す】アプローチで、キッカーサイズの29.5cmがいきなり入りました。

mebaru1_0212.jpg

これで展開は非常に楽になりました。
その後もやはり同じアプローチで27.5cm、25cmの2本を追加し、3本の合計82cmでフィニッシュ。

mebaru2_0212.jpg

優勝ラインは85cmと見ていたので、少し残念な結果でしたが、後は他の船の釣果が気になる所。
そして大事な初戦、結果は......。

mebaru3_0212.jpg

予想通りやっぱり悔しい、準優勝でした。優勝は83cmでした。
優勝者との差はわずかに1cm及びませんでしたが、メバル相手の1cmは他魚種の10cmに相当する差です。
ビッグフィッシュ賞は取れましたが、まだまだ詰めが甘かったかな。

最終目標は、シリーズポイントでの総合優勝の奪還です。
とりあえず初戦はまずまずのスタートがきれたので、残りも精一杯頑張ります!!


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 69
ライン:ナイロン 1.5lb.
ルアー:エコギア アクア 活メバルメバル職人 ミノーSS
    + シラスヘッドファイン 5/63oz. #6