シャローに居残るビッグサイズ狙い! 厳寒期のショアロックフィッシュゲーム

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 牡鹿半島

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!
寒さの厳しい日が続く東北ですが、こんな時期でもシャローに残っているベッコウゾイを狙いに牡鹿半島へ行ってきました。

この時期のシャロー狙いは1日粘ってワンバイトあれば立派!というくらい修業のような釣りですが、
釣れれば間違いなくデカイ!という魅力的な時期でもあります。
今回エントリーしたポイントは、波の影響を受けにくいワンドで日当たりが良く、海草が多く生えている場所です。

使用するロッドはもちろん、ロックフィッシュボトムパワーオーシャン RPO 86ZXHC2"マックスリフト"!
水深 2~3mの根まわりや点在する海草のパッチを、
1oz.のビフテキに6"スプーンテールライブロール(ST10:ブルーパールシャッド)でテンポ良く探っていきます。

ST10 ブルーパールシャッド

根気よく探り続けるも、思っていた通りバイトは無く、時間だけが過ぎていきます。
それならばと、ワームをバグアンツ4"に換えて、カラーは信頼する「414:魅惑パープルカモ」をチョイス!



場所も少し移動して、海草のエッジへ送り込むと「モソモソッ」というベッコウ特有のバイトが!
しっかりとくわえ込んだのを確認してフッキングすると、ドスッ!という重量感が伝わってきました!

海草の中へ逃げようとする魚のパワーをRPO86ZXHC2"マックスリフト"が上手く吸収してくれるので、素直に魚が寄って来てくれました。

無事にキャッチしたのは45cmのコンディションの良いベッコウゾイでした!

rock1_0221.jpg

rock2_0221.jpg

バグアンツを丸飲みしており、このカラーの強さが実感できます!

rock3_0221.jpg

更なるサイズアップを目指してキャストを続けると、ピックアップしようとしたルアーの後ろに巨大な影が......!
口を使わず戻っていったので、再度アプローチするもバイトまで持ち込むことはできず......
そのまま終了となりました。

見るからに自己記録を更新できるサイズだっただけに悔しさが残る釣行となりましたが、
あのサイズを仕留めるまでは通い続けたいと思います。


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO86ZXHC2"マックスリフト"
リール:カルカッタ301
ライン:フロロ 20lb.
ルアー:バグアンツ4"(414:魅惑パープルカモ)、6"スプーンテールライブロール(ST10:ブルーパールシャッド)
    + ビフテキリグ 1oz.