朝マズメと夕マズメ狙い! ダートマックス中層ダートエギング

P1050785.jpg
葛原正夫
(エコギアフィールドスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 紀東エリア

三重県紀東エリアからの釣果報告です。
この冬も水温低下とともに、ショアからのエギングに釣果が出始めました。

今回使用したのは、ダートマックス3.5号の3色
(D11M:ピンクボーンマーブル、D14GR:ピンクボーダーゴールドリッチ、D202CR:パープルボーダークリスタルレッド)で、
狙う時間帯がマズメ時という事もあり、その限られた時間帯を効率よく探っていくのがポイントとなります。

D11M:ピンクボーンマーブル(D11M:ピンクボーンマーブル)

D14GR:ピンクボーダーゴールドリッチ(D14GR:ピンクボーダーゴールドリッチ)

(D202CR:パープルボーダークリスタルレッド *蛍ムラコーティング)

そのため、根掛りによるエギのロストからくるタイムロスは非常に痛いので、
ボトムを取らない事を意識し、活性の高いアオリイカを手早く広範囲に探っていくようにしました。

カラーチェンジのタイミングは、エリアを10m間隔に右から左に刻んで行き、
アタリが無ければカラーを変えて、左から右に10m間隔に刻んで戻ってくるという感じでカラーローテーションを行いました。

ボトムを取らない事を前提としていますので、アクションを付けた後はカーブフォールが基本で、
そのカーブフォールの時間は潮の流れにより変わってきますが、10秒以上はフォールさせないようにし、
中層の一定のレンジを探ってくるようにしました。

アクションはダートマックスの特徴でもある、軽めのシャクリで十分ダートさせることができるので、
軽く3回シャクってカーブフォールの繰り返しだけです。

今回訪れたエリアはある程度水深があるポイントで、タイミングよく沖に潮目が出来ていたため、その潮目に向けてロングキャスト!
そして、そのシャクってからのカーブフォール中にラインに重みを感じアワセを入れると、なかなか重量感のあるジェット噴射!

少しずつドラグを締めながら上がってきたのは、800gのメスのアオリイカでした。

egi1_0222.jpg

egi2_0222.jpg

最近のパターンではメスのアオリが釣れて、その後直ぐにオスのアオリが釣れるパターンが多いので、
すっごく期待しながら同じポイントにエギをキャストすると、まさかの期待通りに連続ヒット!
今度はさらにサイズアップで慎重に上げてくるとやっぱりオスのアオリでした。

egi3_0222.jpg

egi4_0222.jpg

ここ最近で最高のパターンで釣れたサイズは1.2kgの良型アオリで大満足!
この1杯を釣り上げ、マズメ時が終了したので納竿としました。
これからサイズアップしてくるであろう紀東のアオリイカゲーム、みなさんもマズメ時にいかがですか?


<タックルデータ>
ロッド:8'2" エギングロッド
リール:C3000SDH
ライン:PE 0.8号 リーダー:フロロ 2.5号
リ グ:ダートマックス 3.5号(D11M:ピンクボーンマーブル、D14GR:ピンクボーダーゴールドリッチ、D202CR:パープルボーダークリスタルレッド)