東京湾 ライトオフショアゲームの入門に! 「野呂道場」のススメ

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。

今年から、東京湾ボートライトゲームの普及活動の一環として、横浜 東神奈川のチャーターガイド船ストライカーさんとタッグを組み、
"野呂道場"と題して、初心者向けのレクチャー乗り合い便を始めています。

mebaru1_0402.jpg

mebaru2_0402.jpg

色々な面で少し敷居が高いと思われがちなチャーターガイド船ですが、乗り合い便ということで一人でも低価格での乗船も可能です。
メバルをメインターゲットにライトゲームを楽しんでいただき、東京湾でのボートゲームの楽しさが皆さんに広まれば良いなと思っています。

mebaru3_0402.jpg

この時期のメインターゲットはメバルですが、ただ釣っていただくだけではつまらないので、
毎回参加していただく方には、その人にあった個人の課題を持ってもらい釣りを楽しんでもらっています。
最近参加していただく皆さんに好評を受けているのが【メバルのフォールゲーム】です。

出船前に参加者の方にアンケートを取ると圧倒的に多かった回答は、
――基本的にメバルの釣りというと、「ルアーをキャストしてただ巻きしてくるとヒットする」といったオートマティック的な要素が非常に強く、数釣りを楽しむと後半飽きがきてしまう
という意見が多かったです。

もちろん数釣りは楽しいのだけれども、ある程度釣果を出せたら、少し変わったアプローチ方法で釣りを楽しんでみたい
というご要望に応えたのが、【フォールゲーム】です。

キャスト後に、リグを張らず緩めずの状態を保ってカーブフォールさせます。
この時、ラインテンションを張りすぎていては魚からのバイトを弾いてしまい、
緩めすぎるとバイトを感知できずに見逃してしまう、というかなりテクニカルなアプローチ方法で、
マダイのひとつテンヤゲームを想像してもらえるとわかりやすいかと思います。

このフォールゲームでは、ストレート系のワームをチョイスするよりも、
グラブテールやシャッドテール系のワームの方がアピール力が強く、メバルがルアーに気付きやすくなります。
また、テールが水の抵抗を受けるので、フォールスピードにブレーキを掛けてくれて、食わせのチャンスタイムも長くなる効果があります。

この釣りにオススメのワームが、「カサゴ職人 ロックマックス2インチ」と、東京湾のメバルと言えばの王道ワーム「グラスミノー S」です。

(カサゴ職人 ロックマックス 019:ピンクグロウ(夜光))

163:チカチカ室蘭(グラスミノー S 166:ミッドナイトオレンジ(夜光))

この2種類のワームがあれば、フォールゲームを余すことなく堪能できます。

実際、参加していただいた方々にもまずはこの2つのワームを渡して釣りをしていただくと、
初めはやったことの無い釣りに手探りの状況ですが、フッキングをミスしても次々とメバルからの好反応を得ることができるので、
すぐにコツを掴んでもらえて、この釣りにどっぷりハマッていただける感じです。

mebaru4_0402.jpg

リピーターの方も訪れてくれるくらい反響もあるので、自分としてはうれしい限りです。

このフォールゲームの楽しさは、オートマティック的な巻きの釣りとは違って、バイトをとらえてしっかりと自らフッキングに行かないとメバルが釣れない
というゲーム性の高い部分が、今までのメバル釣りとは一線を画して初めての方に非常にウケるのだと思います。

これからの時期はメバルからアジにターゲットがシフトしていきます。

東京湾のボートアジングゲームはまだまだ発展途上の状態です。
まさに今メバルで楽しんでもらっているフォールゲームがボートアジングそのもののゲーム内容なので、
今、野呂道場に通ってくれている人達が、初めてのアジングゲームに参加していただいた時に、
自然と身についた技術に感動してくれることを今は秘かに楽しみにしているところです。

今後も野呂道場は定期的に月2~3回のペースで出船予定です。
少しずつ僕の"罠"にはまってくれるアングラーを増やせるように頑張っていきたいと思います。


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 69
ライン:ナイロン 1.5lb.
ルアー:カサゴ職人 ロックマックス2"、グラスミノー S
    + シラスヘッドファイン 5/63oz. #6