富山湾の密かなブーム! 富山県のタイラバゲーム!

三谷和之_顔写真.jpg
三谷和之
(エコギアプロスタッフ 富山県在住)
フィールド:富山県 富山湾

富山湾というと"氷見の寒ブリ"が有名ですが、ブリに限らず 5月から12月くらいまで色々な釣りが楽しめます!
その中でも人気なのはエギング、ティップラン、そしてタイラバゲームなどですが、
今回はタイラバゲームの釣行の様子をお伝えしたいと思います。

tairaba1_0907.jpg

今回は、富山湾の水深 90~95mラインを流してみました。
緩やかなカケ上がりや、下がりがあり、所々に根が点在しているエリアです。

ヘッドは90gの鉛。
リグは、アクラバリグタイラバアクアの鉄板セットです。

  

アクラバリグはAR01:ピンククリア。タイラバアクアはA14:リアルアミエビを使用。

(アクラバリグ AR01:ピンククリア)

(タイラバアクアカーリー A14:リアルアミエビ)

自分は、最初は必ずタイラバアクア カーリーから始めます。
理由は、いきなり波動の強い物を使うとその日の海のコンディションが掴めないのと、
鯛が視覚で反応しているのかどうかを感じるために、自分の考えでそうしています。

カーリーに何にも反応が無い場合には、フラップやゲソをローテーションして使い分けています。

(タイラバアクア フラップ)

(タイラバアクア ゲソ)

カラーのローテーションは、明るいカラーから始めて、徐々に濃いカラーにローテーションしていきます。

最初の1投目。テンションを多少かけながら底まで落としていくと、フォールでバイト。
軽くフッキングして魚が乗るとドラグが止まりません。
しばらく我慢していると、突然「プンッ」と軽くなり......。ラインブレイク。
多分、フォールでバイトした時にラインも一緒にバイトしたのだと思います。

気をとりなおしてもう1投。すると同船者にヒットして、30cmくらいの真鯛。

今回の釣行では、自分も40cmくらいの真鯛を筆頭に、2人で6枚の真鯛。
最高60cm、その他にウッカリカサゴの釣果でした。

tairaba2_0907.jpg

ほんの3時間位でこの釣果は最高です。
一面にカタクチイワシが群がり、魚達の活性が一気に上がったのかもしれません。
今回はゆっくり巻いた方が、バイトが多くて楽しめました。

tairaba3_0907.jpg

アクラバリグを使っていて気づいたのは、通常のラバーネクタイと比べるとフォールでのバイトが多いような気がします。
根魚もよく釣れますし、真鯛もよく釣れる!
是非、アクラバリグ+タイラバアクアを色々なバリエーションで楽しんでみて下さい!

注意! フォールに集中ですよ!


<タックルデータ>
ロッド:オリジナル タイラバロッド
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 14lb.
ルアー:アクラバリグ + タイラバアクア