デイゲームでビッグサイズを狙えるボートアジング

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。
いつもはナイトゲームで楽しむことの多い東京湾のボートアジングゲームですが、
10月~11月の最盛期になると、デイゲームでも楽しめるようになります。

基本的なアプローチはジグヘッドにワームをセットする【ジグ単】スタイル。
ナイトゲームと異なる点は、暗い時間帯に比べるとポイントの水深が倍以上になるエリアや、
潮流なども非常に速いポイントも攻めることが多くなるので、どうしてもジグ単のみではアプローチしきれない部分があります。
そういった場面では、【バチコン】スタイルでも狙うことも多くなり、とても有効な釣り方になります。

また、最近この釣りをやり込んでわかってきたことが、
デイゲームの明るい時間帯のアジは、自分が思っていた以上にフィッシュイーターといいますか、
かなりアクティブにベイトを捕食するタイミングがナイトゲームよりも頻繁にあることがあり、
ワームだけでなく、メタルジグや小型のバイブレーションのようなハードベイトにも好反応をしめし、
場合によっては、ハードベイトにしか反応しない時もあるほどでした。

これに初めて気が付いた時は、メタルジグなどという選択肢は私には無かったので、
ヒットの出るメタルジグと同グラム数(5~7g)のジグヘッドにワームをセットしてアプローチして対応しました。

この時も通常誘うようなチョコチョコしたアクションには全く反応せず、
リアクションバイトを誘うような激しいダートアクションにのみ反応したりと、アジの新たな一面を見ました。

しかしながら、この話はかなり稀な事で、基本的にはやはりワーム主体の釣りになるわけですが、
デイゲームアジングの魅力は、やはり釣れるアジのサイズが大きいこと。
なぜか?その理由はまだ解りませんが、明らかにナイトゲームに比べるとサイズアップするのは間違いありません。

デイゲームのタイミングで私が特にオススメするワームは、
アジ職人」シリーズの「アジマスト2.4インチ」と、「ソフトサンスン」です。

aji1_0923.jpg

アジングにはちょっとサイズが長すぎるのでは?と懸念されがちですが、
前述したように、デイゲームのアジはかなりアクティブにベイトを捕食するのと、サイズが大きいアジが多いこともあって、
このサイズのワームが本当に大活躍してくれます。

また、アジマストとソフトサンスンは、ワームのマテリアルがとても柔らかいので、
アジがワームを吸い込んだ時に、口の中でワームが折れ曲がってくれるので、フッキングもしっかりと決まります。
何よりも柔らかい素材が、アジに違和感を与えないので、バイトが深いというのも釣果が伸びる要因になっています。

aji2_0923.jpg

どうしても確実に釣果を出したくなるとワームのサイズを小さくしてしまう方向に行きがちですが、
逆にアピール力を考えると、ワームは大きくした方が圧倒的に効果的で、ことアジに関しては強くオススメしたい点です。

まだまだ奥が深いアジングゲーム。
ボートから楽しむスタイルはオカッパリから釣るよりも圧倒的に魚と出会うチャンスが増えます。
ということは必然的にそこから得られる情報量も格段に増えるということ。

是非皆さんもボートアジングにチャレンジしてみてください!!


<タックルデータ> ジグ単、バチコン用
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 67 / 69
ライン:エステル または フロロ1.5lb.
ルアー:アジ職人 アジマスト2.4インチ、ソフトサンスン
    + アジチョンヘッド 1.5g、2g、2.5g

<タックルデータ> メタルジグ用
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 67 / 69
メタルジグ 5g~7g
ライン:PE 0.2~0.3号 リーダー:フロロ 3lb.
ルアー:5~7g メタルジグ