バルトのストップ&ゴーでビッグアカハタをキャッチ!

安藤_顔写真.jpg
安藤太郎
(エコギアプロスタッフ 静岡県在住)
フィールド:静岡県 西伊豆

皆さんこんにちは。静岡の安藤です。
10月も終盤になり、伊豆半島のグルーパーゲームも後半戦に入ってきました。

今年の伊豆は、10月に入っても水温が高く、ハタ系のロックフィッシュも好調を保っています。
そんな中、私もオオモンハタ狙いでボートロックフィッシュゲームに出掛けてきました。

当日は雨。一般的に"晴天が理想"と言われるオオモンハタ狙いには生憎の天気でした。
おまけに、潮も全くといっていいほど流れず、オオモンハタ狙いには必須のベイトもチラホラいる程度で、厳しい釣りになることを覚悟しました。

そして案の定、釣り始めて数時間は全くアタリもないような状況だったので、オオモンハタからアカハタにターゲットを変更。

アカハタ狙いの鉄則である、テキサスリグによるリフト&フォールで
魚の目の前にワームを落としていき、誘っていきましたが、どういうわけか食わない。

そこで、スイミングテンヤ 30g + バルト 4インチ、カラーは曇天に強い「365:赤金」で
スイミングパターンを試してみると、それまで全く食わなかったのが嘘のように反応が出ました。

SWIMMING TENYA



3回巻いてテンションフォール......。何の工夫もない誘い方でしたが、この日はこれが大正解!
ファーストフィッシュは35cmほどの良型のアカハタ。

ここから巻き返して10匹ほど追加した頃だっただろうか。
キャスト後、根周りを前述のストップ&ゴーで丹念に探っていると、フォール中に「ガッ!」とひったくるようなアタリ。
すかさずアワセをいれると、これまでのアカハタとは次元の違うトルクで根に突っ込もうとします。

ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2がバッドまで曲がります。

底で食ったのでアカハタとは予測できましたが、中層でもトルクのある引きで暴れ、
2度3度強烈な突っ込みをした後に、水面に現れたのは滅多にお目にかかれないサイズのアカハタ。

rock1_1030.jpg

rock2_1030.jpg

実測 44cm、ランカーサイズと言っても過言ではないサイズだと思います。
本命・オオモンハタではありませんでしたが、それに勝るとも劣らない力強さでした。

アカハタというと縦の釣りが基本ですが、時にはスイミングで見せてフォールで食わせるという誘い方も有効。
むしろそれしか食わない時もあるということを実感しました。

まだまだ水温の高い伊豆。特に今年は魚影が濃いので皆さんも挑戦してみてください。


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2
リール:4000番
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 25lb.
ルアー:バルト 4インチ(365: 赤金)+ スイミングテンヤ 30g