「バルト 6インチ」で狙う"BIG"クロソイ!

大泉純輝_顔写真.jpg
大泉純輝
(エコギアプロスタッフ 岩手県在住)
フィールド:岩手県 北三陸

皆さんこんにちは。
エコギアプロスタッフの大泉です。

ここ数日の大寒波の影響で、関東圏も大雪に見舞われているようですね。
「平成で一番の大寒波」らしく、私の住む岩手県でも、厳しい寒さ&雪の毎日です。

今回の大寒波で状況は変わるかとは思いますが、今シーズンの岩手県は水温の低下が遅れており、
年が明けた現在でもベイトフィッシュである「イワシ」の接岸が続いている状況です。

その影響で、昨年12月ごろからアイナメやクロソイといった「ロックフィッシュ」の調子も良く、
寒いながらも、多くのアングラーでフィールドが賑わっております☆

ピークは12月だったようで、年が明けて若干ながら「イワシ」が岸周りから抜け始め、
シャローゲームのシーズンは終盤とのことでしたが、先日、私も遅ればせながら「イワシ」の恩恵を受けるべく、
Bigクロソイ狙いのボートロックに行ってまいりました!


今回は、岩手県は大船渡市・越喜来湾の遊漁船「慶漁丸」さんにお世話になりました!
当日は北からのウネリが高く、南風も強く、厳しい状況のなかスタート。

船頭さんいわく、やはりシャッド系のワームへの反応が良く、朝のうちはグロウやホワイト系のカラーが実績ありとのこと。
また、フォール中のバイトが多いので、アクションは大きめのリフトからのフォールをしっかりさせて、魚へワームを見せてやることが大切とのこと。
そして、ボトムを叩きすぎるとスレやすい傾向があるとのこと。

厳しい状況のなかでもしっかりと魚を呼び込めるように、リグは
スイミングテンヤ 20g + バルト 6"(158: スーパーホログラム/ピンクグロウ(夜光))をセレクト!

SWIMMING TENYA



また、貴重なバイトをモノにできるよう、アシストフックとしてダブルコバリをセット!

rock1_0129.jpg

DOUBLE KOBARI

朝イチは、実績のある 水深10~15mのシャローエリアへエントリーするも、反応なし。
魚探では、シャローエリアでのベイトの反応がほとんどなかったとのこと。

水深25~30mの少し深場のポイントへ移動すると、ボトム付近にベイトの反応が!
一度ボトムをとり、大きめのリフトからのカーブフォールで魚へしっかりとワームを見せてやることを意識し、数投目。
フォール中のラインに不自然な違和感......。

これは!とスイープにあわせると、しっかりと手元に伝わる重量感!
アイナメのようなゴンゴンという首振りではなく、グーっという重みのあるファイトでクロソイだと確信!

ゆっくりとやり取りし、無事キャッチ!

rock2_0129.jpg

45cm前後、goodコンディションのクロソイ!

rock3_0129.jpg

バルト6"を丸のみ!
吐き出したベイトは10cmちょっとの「メロウド(イカナゴ)」でした。

さらなるサイズアップを狙うべく、魚の出た、同じ水深25~30mのポイントを撃っていくことに。
ボトムに起伏の大きな根が広がり、多数のスリットがある、いかにも~なポイント。
このようなポイントは、スリットの側面に魚が着いているとのこと!

大きめのリフトからクラッチを切り、サミングをしながらラインを張らず緩めず、
スリットの側面に沿ってゆったりかつバーチカルなフォールで誘うと......
フォール中のラインが止まる!

先ほどと同じようにスイープにあわせてやると、先ほど以上の重量感!
ラインテンションを緩めないようゆっくりとファイトし......

rock4_0129.jpg

45cmアップのクロソイ!!
よしっ!! サイズアップ成功!!

rock5_0129.jpg

またもや、バルト6" を丸のみでした!

rock6_0129.jpg

このクロソイは、10cmちょっとの「メロウド(イカナゴ)」のほかに、同サイズの「イワシ」「タナゴ」を吐き出しました。


その後は、バルト6" のほかに、同ウエイトのスイミングテンヤ + パワーシャッド6"でも探ってみるも、ショートバイトが続き、いまいち魚と合わない様子......。

rock7_0129.jpg


終始的確なアドバイスをし、最高のガイドをしてくれる船頭さんに最高の魚で応えるべく、
最後までクロソイにこだわり、価値あるクオリティフィッシュを狙い続けましたが、
さらに強くなるウネリと風の影響で、ここでストップフィッシング。

この日は、パワーシャッド6"のようなボディサウンドとキレのある動きではなく、
バルト6"のようなゆったりとした動きのほうが魚に好まれた様子。

また、スイミングテンヤのような「ジグヘッド」を使用することで、
ワームを頭からしっかりときれいな姿勢でフォールさせたことが魚を惹きつけた理由ではないかと思います。
加えて、今回のような厳しい状況のなかでもしっかりと魚を惹きつける「Bigワームの力」、
そして「Bigワーム=Bigフィッシュ」ということについて、身をもって体感した釣行でした。


最後に、ボート Bigクロソイゲームについて一言。
魚を掛けてからのファイトについて、一気にリールを巻くと水圧で浮袋が膨らんでしまうので、
リリース前提であればゆっくりとやり取りして浮袋を膨らませないように気をつけましょう!

シーズン終盤で回遊の魚は徐々に深場へと移動していきますが、ベイト次第ではまだまだ楽しめます!
岩手県沿岸には遊漁船が多くありますので、ぜひ皆さんも、ボートでのBigクロソイゲームを楽しんでみてください!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO76HHC2
ライン:PE 2号 リーダー:フロロ 20lb.
ルアー:スイミングテンヤ 20g、
+ バルト 6"(158: スーパーホログラム/ピンクグロウ(夜光))
+ ダブルコバリ