まだまだイケる!東北ロックフィッシュゲーム

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 女川港

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!

今シーズンの三陸はイワシが大量に接岸し、そのおかげでアイナメやソイがシャローに居残っており、まだまだ狙える状況です!
年始に行われた仲間内のトーナメントでもイワシパターンにアジャストすることができ、優勝することができました。

今回はそのときのパターンが再現性のあるものか確かめるべく、女川港へと足を運んできました。
AM 10:00頃にエントリーし、カタクチの群れができる場所を探し、その通り道にぶつかる防波堤からスタートです。

イワシヘッド 5.3gに、ミノーS(159:カタクチ)をセットし、堤防のヘチにサスペンドしているアイナメを狙っていきます。

IWASHI HEAD



水面下50cmほどのレンジを、チョンチョンと軽くシャクってリアクションで探って行きますが、反応しないので、
グラスミノーM(413:艷色グリーンゴールド)でテクトロをしていると、下からアイナメがもんどり打つもミスバイト。



再び同じコースを通してみるも反応しないので、場所を休めることに。
エントリーした時間が潮止まりだったので、潮が動きだして時合いになるのは12時と考え、そのタイミングで再びエントリーすることにしました。

先程バイトした所へグラスミノーM(159:カタクチ)を通すとチェイスするもののバイトまでは至らず。
他の魚も差してきていると考え、堤防の先端付近へ移動し、ヘチをスイミングしていると待望のバイト!
ここの堤防は足元がエグれているのでRPO711LSのパワーで一気に水面まで引き寄せ、抜き上げランディング!
40cmアップをキャッチ(^^)v

rock1_0125.jpg

そしてカタクチが接岸してきてヘチ沿いを回遊し始めたので、
ワームをグラスミノーL(163:チカチカ室蘭)に変え、ヘチ沿いを高速リトリーブするとチェイス!

163:チカチカ室蘭

そのままフォールさせて中層を緩急をつけたリトリーブで探り、足元でトレースコースの軌道が変わった瞬間にワンアクション入れて狙い通りにバイト!
真っ黒のコンディション抜群の47cmをキャッチ!

rock2_0125.jpg

その勢いのまま、チェイスを確認していたコースへアプローチすると一発でバイトするも惜しくもラインブレイク。
ここで、似たようなロケーションに場所を移動し、グラスミノーM(159:カタクチ)で同じようにスイミングすると、思っていた通りバイト!

rock3_0125.jpg

40cmアップを追加して納竿となりました。

イワシパワーのおかげでまだまだロックフィッシュは狙えそうなので、寒さに負けずにフィールドへ行きましょう!
海の中は熱いですよー!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO711LS
ライン:PE 0.3号 リーダー:フロロ 12lb.
ルアー:グラスミノーM(159: カタクチ)、グラスミノーL(163: チカチカ室蘭)