2018年 東京湾ボートメバルゲーム開幕

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。
2月に入り、東京湾のボートメバルゲームが本格的に開幕しました。

この時期の東京湾メバルのメインベイトは、バチと稚鮎になります。
このベイトを知っているのと知らないのとでは釣果に大きな差が出てきます。

釣行したのは2月初旬。
無風状態の海上はまさにメバル日和でした。

好調の続く横浜港内のメバルだったので、今日も楽勝......かと思われましたが、
いつものような反応が得られませんでした。

おかしいな......、と思いながら釣りを続けていた時に、無風状態の海面をパシャパシャとメバルのボイルが始まりました。
やっと爆釣タイムの始まりかと思いましたが、ボイルのど真ん中にルアーをキャストしてもコツンとバイトがあるのみで、
全くフッキングに至らない状況が続いていました。

なんでかな?としばらく状況を見極めていると、何やら海面にスーっと糸を引く波紋が出ることに気がつきました。
その後その糸を引く波紋へとメバルがボイルしているのだということもわかりました。

バチかな?と海面をヘッドライトで照らすと、全くバチが抜けている状況は確認できませんが、何かが泳いでいるようです。
よ~く目を凝らすと、透明のなにかの稚魚であることが判明しました。

冷静に考えると、時期的に稚鮎だと推測。
すぐにワームのカラーをクリア系の物へと変更し、ジグヘッドも一番軽いものへと変更すると、この読みが見事に的中しました。
ここからは入れ食いタイムの始まり。

mebaru1_0222.jpg

正直、こんなに差が出るの?とビックリするくらいのバイトの違いに、マッチザベイトの重要性を再認識しました。
今回は稚鮎のパターンだったのですが、別の場所でキャッチしたメバルはバチを吐き出した場所もあり、
そこではやはりバチカラーに近いものへの反応が非常に良かったです。

mebaru2_0222.jpg

こういったテクニカルなメバルゲームもやはり数が釣れてこその理解となります。
ボートゲームでのメバル釣り、ぜひ皆さんも楽しんでみてはいかがですか。


<タックルデータ>
ロッド:スローリトリーブ74F
リール:2000番
ライン:フロロ 2.5lb
ルアー:メバル職人 ミノーSS、エコギア アクア 活メバルSTグラブ2"
    + シラスヘッドファイン 0.6g

パッケージ  

SHIRASU HEAD FINE