東京湾の新たなターゲット!? キビレゲーム

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。
ボートアジングのレポートでも少しふれた、東京湾の温排水の恩恵を受ける魚。
その中に新たなターゲットとして注目を浴びそうな魚がキビレです。

ほんの数年前までは、狙って釣れる様なターゲットではなかったのですが、ここ数年で一気に個体数が増えてきています。
つい先日、ボートからメインターゲットとして狙うキビレゲームにチャレンジしてきました。

僕の中のキビレゲームというと、シャローエリアでポッパーやペンシルベイトで狙うスタイルが思い浮かびましたが、
東京湾のボートキビレゲームはボトムを狙うアプローチがメインになるようでした。
色々と事前の情報を聞いて、あれやこれやとタックルを準備して挑みました。

どんなポイントで釣るのか?と楽しみにしていると、エッ?こんな場所??というようなポイントに案内されました。
バースとバースの間のちょっとしたスペース。水深は8m前後の泥底であることがキビレの生息条件のようです。
もう少し硬い底質になるとキビレよりもクロダイの生息域になってしまうようです。

手探り状態で、ルアーアクションのイメージは海底を跳ねる海老をイメージしてのボトムバンプ、ズル引きでアプローチしますが、中々バイトが得られず苦戦しました。
そんな中、同船していたアングラーにキビレがヒット! いつもと違い、かなりスローにアプローチしてのヒットとなったようでした。

私も当初聞いていた釣り方を一旦置いておき、今日の状況に合わせてスローにアプローチすると、
フッキングに至らないまでも、徐々にバイトが頻発するようになって来ました。

初めは、オススメだったロックマックス3インチでアプローチしていましたが、
さらにボリューム感を持たせてフォールをゆっくり見せるために、チヌ職人 バグアンツ2インチに変更。

ROCK MAX

BUG ANTS

ジグヘッドも、ブリーマーヘッド3.5gから2gにチェンジしてアプローチすると、
カーブフォール中に今までに無かったほど明確で強いバイトを感じ、
フッキングすると、強烈なチヌ系特有のロッドをたたく感覚が手元に伝わってきました。

BREAMER HEAD

この日は、おりからの大寒波襲来の影響で、水温が一気に5度近く下がってしまったようで、
キビレの活性が一気に低下してしまったようです。
通常の状況なら、かなり速い動きに高反応を示すキビレも、この日ばかりはゆっくりと動くものへの反応しか出来なかったようです。

chinu1_0224.jpg

chinu2_0224.jpg

状況の良い日には、ワームでのアプローチよりもブリーマーバイブのようなハードルアーでアプローチする方が、釣りのスピードも速く探れ、
さらにキビレからの高反応を得られるので、数釣り向きだともガイド船の船長さんからお話がありました。

もう少し状況が良くなったら、またチャレンジしてみたいと思います。


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM80MH
リール:2500番
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 12lb
ルアー:チヌ職人 バグアンツ2"、ロックマックス3"
    + ブリーマーヘッド 2.0g、3.5g