バグアンツ&ロッククローでケーソンブロックを攻略!!

半田 義博
三上顕太(エコギア / ノリーズプロスタッフ 北海道在住)
フィールド:北海道 様似、室蘭

北海道の長い長い冬にも、ようやく終わりが見えてきました。
しかし、海はまだまだ冬モード。そんな中、足を運んだのは北海道でも日高地方にある「様似」。
私の住む苫小牧から約150kmの位置にあり、アイナメ(アブラコ)の魚影は豊富です。

「この時期の魚の動きを確認したい」そんな思いもあって向かった訳ですが、
まだまだ状況的には冬の定番といえる、ケーソンブロックの隙間、俗に言う"穴撃ち"での攻略になりそうでした。
昨年の『ロックフィッシュ地獄』の取材時に見つけていた、いかにも魚がいそうなケーソンブロック地帯。この場所に的を絞ることにしました。

ケーソンブロック攻略においては、その日の根がかり具合をまずチェックするのが私のやり方。
ロックフィッシュの釣りは、根がかりと上手く付き合っていかなくてはいけません。その日の潮の流れ等で同じリグでも驚くほどに根がかり具合は変わります。
そこで重要なのが、タックルバランスの調整の中でも、シンカーとワームサイズでの調整。

今回の釣行でも、スタートはバグアンツ3インチ+ビフテキ14gでまずチェック。

(435:ボトムクローラー)

根がかり事体はそんなに多くないものの、感覚的には少し水を噛みすぎてダルい感じでした。
そうこうしている内に、様似では定番の40cmUPのカジカがヒット。

rock1_0410.jpg

rock2_0410.jpg

カジカがヒットする時は、潮が止まった時やバイトを取りに行こうと動きをスローに意識するとヒットしやすいので
カジカが釣れた時はそこを参考にもう一度リグの再調整を行う必要があります。
上記でもダルいという表現をしましたが、 カジカがヒットしたことは、私の中ではある意味では納得の結果でした。

さて次のリグをどうするか。色々考えた結果、行きついたのがロッククロー2インチにビフテキのタングステン14gの組み合わせ。

(408:ウォーターメロンバグ)

鉛からタングステンへの変更で、同じグラム数でもすり抜けの良さを格段に向上させ、
ワームも無駄なパーツが少ないロッククローに変更して、ワームでもすり抜け向上を図りました。

ロッククローにした理由は他にもあり、
まだ水温が低い季節ではリアクションのような速いアクションで口を使わせる手段もありますが、
春に向けてはどちらかというとスローに見せることが効くシーンも多いので、バグアンツよりもスローに見せられるロッククローを選択しました。

いざ実践!
数投後、先ほども通して反応がなかったエリアで、リグの変更だけでケーソンブロックの隙間をフォール中にガツンとナイスバイト。
本命のアイナメ(アブラコ)をキャッチすることができました。

rock3_0410.jpg

rock4_0410.jpg

特にこの時期のような渋い季節は、細かい事ではありますが、その日の根がかり具合とタックルバランスを今一度見直すと
そこに釣果の差が生まれる事が多々あります。
色々試行錯誤しながら掴む一匹もこの時期ならではの楽しさです。是非この記事を参考にお試しを。


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST720H
ライン:フロロ 10lb.
リ グ:バグアンツ 3インチ(435: ボトムクローラー)+ ビフテキ 14g
ロッククロー 2インチ(408: ウォーターメロンバグ)+ ビフテキTG 14g