ハイブリッドテンヤ真鯛のティップ利用でフォールの質に変化を!

三谷_顔写真.jpg
三谷信裕
(エコギアフィールドスタッフ 高知県在住)
フィールド:高知県 高知沖

4月23日 小潮。
この日は友人のボートで、いつもの高知沖でノッコミ真鯛狙いの釣行。

ポイントは水深約30メートルのフラットな砂地。私はテンヤ、友人はタイラバで狙っていきます。
風が程良く吹き、ボートも小さい事から、流れのスピードを考えてオーバルテンヤの6号をチョイス。

(T12: ゴールドグリーングロウ)

良い感じのライン角度も取れ、期待は膨らみます。
開始早々からポツポツアタリはあるものの、チダイやサバフグなど。
しかし間違えてはいないと信じ続けていると、友人のタイラバにアタリが! 気持ちの良い引きで上がってきたのは68センチの真鯛でした。

その後もいつになくタイラバにはアタリが多いようです。
そこで、それまではティップが曲がらない状態でのロッドワークでフォールのアタリを拾いにいっていたのを、
「タイラバに反応が良い」イコール「強波動の方が良い」と考え、フォールの質を変えてみる事に。
それは、スライドフォールしてくれるオーバルテンヤにテンションを加えてやる事により、波動の強いフォールにする事です。

シャクリ上げてフォールに入る時に、潮をかむ重さを感じてティップを曲げ込み、その曲がりを一定に維持しながらロッドワークでフォールについて行く。
このアクションで波動を強くして攻めてみました。するとすぐに答えが出ました。

曲げ込んだティップが着底前に戻るアタリが!
フッキングもしっかり決まり、上がってきたのはノッコミと呼ぶにふさわしい、美しい魚体の真鯛でした。

tenya1_0427.jpg

ハイブリッドテンヤ真鯛のソリッドティップは、ただ柔らかいだけではなく、柔軟かつ繊細、そして手元までアタリを伝えてくれる高感度。
このロッドの特性を活かして手にした嬉しい一枚となりました。


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710ML
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 2号
ルアー:オーバルテンヤ 6号(T12:ゴールドグリーングロウ)