TGオーバルテンヤの巻きでバイトを誘発!

三谷_顔写真.jpg
三谷信裕
(エコギアフィールドスタッフ 高知県在住)
フィールド:高知県 高知沖

4月17日 大潮。
この日は、私が船長を務める遊漁船 ロマン号で、テンヤ釣りで出船し、私も一緒に実釣させてもらう事に。

この日攻めたエリアは、水深 25メートル付近のシャロ―フラットの砂地。
天候は終日曇天。しかも前々日に荒れていた事もあり、比較的濁りもきつく、真鯛が浮いている事を想定していました。

そこで、軽めのオーバルテンヤでボトムから約5メートルのレンジをフォール主体で探ってみます。
しかし、チダイや1キロクラスの真鯛はキャッチしたものの、ノッコミの大鯛はアタッてきません。

それもそのはず。風も無く、潮流も弱く、ドテラ流しでの流速は0.2ノット。ほぼ動いていない状況です。
「せめて風が吹いてくれれば......」と考えていると、正午前から南の風が程よく吹きだしました。

軽いテンヤでは少々やりにくいラインの角度になりだしたので、一気に重く、TGオーバルテンヤ10号(TG03:ゴールドメタル)にチェンジ。



これは、風で押されているものの潮流自体は動いていない事から、
「ボトムでのリアクションバイトの誘発」と、「濁りの強い水色に効果的なゴールド系のカラーを」とのチョイスでした。
ボトムでのストロークの短く早いフォールでリアクションバイトを狙いますが答えが出ない。

そこで、一度回収しようとリールを巻きだしたその時、巻き感に違和感が!
明らかに水流が変わり、テンションが変化したのでチェイスだと確信し、スローに巻いてみるとすぐにアタリが。
しかしフッキングには至らなかったため、逆に、逃げるベイトを演出するべく早巻きすると、一気にガツン!

tenya1_0426.jpg

キャッチできたのは、72センチの綺麗なノッコミの真鯛でした。

真鯛は動いているものに反応が良く、テンヤ釣法ではフォールでの釣りが主体になりますが、当然上への動きにも反応してきます。
その際は、テンヤのヘッドの体積が大きい方が波動が強く、効果的な事も多々あります。
状況に応じて、シャロ―エリアでもTGオーバルテンヤを使ってみると、攻め方の幅が広がり、一層テンヤ釣法が面白くなりますよ!


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710ML
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 2号
ルアー:TGオーバルテンヤ 10号(TG03:ゴールドメタル)