"富山湾の神秘"ホタルイカ! エコギア熟成アクアで狙うホタルイカパターン

三谷和之_顔写真.jpg
三谷和之
(エコギアプロスタッフ 富山県在住)
フィールド:富山県 富山湾

富山湾にも春の訪れを感じます。富山湾の春と言えばホタルイカが思い浮かぶと思います。
魚たちにとってもホタルイカは絶好のベイトとなり、ホタルイカが接岸すると人も魚もお祭り騒ぎになります!

そこで、ホタルイカを捕食しているターゲットを狙うというのが、富山ではホタルイカパターンと称してアングラー達を魅了しています!
今回はエコギア熟成アクアを使ってホタルイカパターンで狙ってきました。

ホタルイカパターンは基本的にハードルアーを使うことが多いのですが、
今回は、軽いジグヘッドを遠くに飛ばすフロートリグを使って実釣してきました。リグは写真に写っている感じです。

chinu1_0501.jpg

PEとリーダーの結束は小さいスイベルで結束。
PE側にフロートと絡み防止を付けて、リーダー側にはジグヘッドと、アピール目的で蛍光棒を付けてあります。
フロートは遊動するので、スイミングでシャロー、フォールでボトム付近まで落とす事ができるリグです。

今回のポイントは、浅い所で水深 50センチ、深い所で3メートルある根まわりで、シャローからボトムまで多彩な攻め方ができるポイントです。
まさにフロートリグに向いているポイントです。

タックルは、PE 1号にリーダーで12lb.フロロライン。ジグヘッドは、ブリーマーヘッドの2~3グラムを使用しています。
ワームは、エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J01:オキアミ)で、フロートは10.5グラムを装着しています。

A03 アトラクティブオレンジ ブラックFlk.

まず初めは、根の上をデッドスローにスイミングさせて、ホタルイカが表層をフワフワ動くのを演出して誘います。
着水後に少し間を置いてからデッドスローで泳がせてくると、ガツガツとバイトが!
1投目からビックリ本命のクロダイ40センチクラスがヒット! 流石にこれにはビックリでしたが、これがエコギア熟成アクアのパワーなんですね!

chinu2_0501.jpg

ナイスなクロダイでした!

そしてここからがエコギア熟成アクアの本領発揮です!
プリプリのカサゴからアイナメまで、ロックフィッシュも好反応でした!

chinu3_0501.jpg

このアイナメは、エコギア アクア 活チヌスナモグラー(A25:フジツボシェル クリスタル+ブラックFlk.)でヒット!



ホタルイカが接岸する今の時期だけのホタルイカパターンゲーム。
ホタルイカの接岸とアングラーのタイミングがバッチリ合えばビックバイト連発するこのパターン!

chinu4_0501.jpg

富山湾の春の風物詩のホタルイカパターンをみなさんも是非!!


<タックルデータ>
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 12lb.
ルアー:ブリーマーヘッド 2~3g
+ エコギア熟成アクア スイムシュリンプ(J01)、エコギア アクア 活チヌスナモグラー(A25)
+ フロートリグ 10.5g