東京湾で楽しむ! フラットフィッシュ&キビレゲーム

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。

僕のホームグランドの東京湾 羽田沖には、サンドボトムのフラットエリアが点在します。
そのフラットエリアには、楽しいフィッシュイーターが生息しています。

中でも僕の大好きな"フラットフィッシュ"と総称されるマゴチ、ヒラメはもちろんですが、
最近大注目のキビレが狙って釣れるようになってきました。
しかも40cmを越えるようなサイズが釣れるとあって、早速 遊びに行ってきました。

羽田沖の狙うエリアは、水深 1.5m~5m。ルアーフィッシングでは本当に理想的な水深です。
狙う水深が浅いと様々なアプローチ方法ができるので、釣りの幅も広がります。

昨年の冬、キビレが狙って釣れると聞いてナイトゲームでトライしました。
まだ最盛期前とあって、なんとか小型サイズでしたが釣り上げることはできました。

フィールドレポートでも紹介させていただきましたが、その時に「5月を過ぎたら是非リベンジに来てください!」と船長からお話がありました。
そしてそのチャンスが巡ってきて、今回はデイゲームで狙うことになりました。


通常はバイブレーションやスピンテールジグなどのハードベイトでの釣りが一般的なようですが、
私はあえてジグヘッドにワームのセッティングでアプローチしました。

ナイトゲームではかなりスローな釣りをする展開でしたが、デイゲームでは「かなりスピーディに誘った方が良いのでは?」というのが私のイメージ。
聞いてみると、やはりハードベイトの時もかなりスピーディに巻いてリアクションでバイトさせる様でした。
ただ、ハードベイトだとバラしも多いとのこと。

この部分で、「ジグヘッドにワームのセッティングの方が有利なのでは?」と思ったのです。

ソフトルアーなら、バイトした時にまず食感で食い込みが深くなり、そして
かじるようにルアーにアタックしてくるキビレの口の中でワームが折れ曲がるのでフッキングが良くなるのでは?と思いました。

このイメージはズバリ的中して、面白いようにキビレゲームを堪能することができました。
おまけに、マゴチももちろんゲットしました!!

chinu1_0607.jpg chinu2_0607.jpg 
chinu3_0607.jpg chinu4_0607.jpg

スイミングテンヤのようなジグヘッドでも良かったのですが、よりバイブレーションやスピンテールジグチックなルアーの引き角度も欲しかったので、
あえてパワーダートヘッドを使用したのが、更なる釣果を生んだと思っています。

ボートから狙う東京湾のフラットエリアキビレゲーム、ぜひ皆さんも楽しんでみて下さい!


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM80MH
リール:3000番クラス
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 16lb.
ルアー:パワーダートヘッド 14g
    + パワーシャッド 5インチ(ハーフカット)