ついに解禁! 茨城県 鹿嶋沖のマゴチゲーム

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:茨城県 鹿嶋沖

皆さんこんにちは、野呂昌明です。

6月1日。待ちに待った鹿嶋沖のマゴチが解禁になりました。その翌日に早速行ってきました。
昨年は不漁だった鹿嶋沖のマゴチ、さあ今年は?

前日の解禁日はウネリが高く、釣果的にもだいぶ苦戦したような情報でした。
翌日にはウネリはすっかりおさまっていましたが、水色を見ると前日からのウネリの影響が残っている感じです。
マゴチには大敵の底荒れが懸念されながらのスタートとなりました。

とりあえずは、その日の様子を見るために私が必ず使用する、スイミングテンヤ 30gにバルト4インチ(365:アカキン)+ ブレードスピンのセッティングです。

SWIMMING TENYA



(ブレードスピン リーフ シルバー)

これをスイミングさせてみて、浮かせるアプローチにヒットしてくるようなら、この日はいただきなのですが......
やはり状況は厳しいようです。

その後、同色のバルトを3.5インチにサイズ変更 → バルトのカラーローテーション → パワーシャッド5インチに変更 → パワーシャッド4インチに変更
......と、手を変え品を変えてかなりの時間をスイミングパターンで通しますが、バイトすら得られない状況が続きました。

他の乗船者にはポツリポツリヒットが出始めました。しかし、皆さんボトムの釣りに徹していました。

ここは郷に入っては郷に従えです。
釣りを一気にスローな展開にしてみると、答えはすぐに返ってきました。

flat1_0608.jpg flat2_0608.jpg flat3_0608.jpg flat4_0608.jpg

しかし、自分の中では煮え切らない感じです。
解ってはいたけど、やはりスイミングパターンにハメたかったのがこの日の心残りでした。

また、この日はボトムの釣りにもいつもと少し違いがありました。
いつもはボトムの釣りに活躍するルアーが、ギジハタホッグバグアンツなどのホグ系や、キジハタグラブロックマックスなどのグラブ系なのですが、
この日はパワーシャッド4インチでのボトムバンプやズル引きへの反応が圧倒的でした。

シルエットなのか?波動なのか?は掴みきれませんでしたが、この違いに気付けたおかげで、
開幕戦からなんとか当日の竿頭で終えることができました。
次回はスイミングパターンでガンガン釣れるような状況になってくれることを期待しています!

この時期に釣れているマゴチはスポーニングのために浅場に接岸しているので、ほとんどがメスの個体でお腹は包卵の状態です。
必要以上なキープは避けて、リリースも心掛けたいですね。


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM80MH
リール:3000番クラス
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 16lb.
ルアー:スイミングテンヤ 30g
    + パワーシャッド 4インチ/5インチ、バルト 3.5インチ/4インチ、