赤金のバルト 4インチで、50アップのオオモンハタキャッチ!

安藤_顔写真.jpg
安藤太郎
(エコギアプロスタッフ 静岡県在住)
フィールド:静岡県 西伊豆

皆さんこんにちは。静岡の安藤です。
6月中旬に、今年も西伊豆のボートロックゲームに行ってきました。

今年の伊豆はというと、早い時期から水温が上がり、小幅で上下はするものの
オオモンハタ狙いの目安になる20℃を早い段階から保ち続けている、という状況です。
そして、水温の上昇とともに、イワシやキビナゴなどのベイトフィッシュも例年より多く入っています。

当日の予報は海況が芳しくなく、東からのウネリが大きいという予報でしたが、実際の海はほぼベタベタの凪。
外海ではこの予報が当たることが多いのかもしれませんが、伊豆のようないわゆる"壁"のあるエリアだと、ウネリや風の向きによって予報とは異なることも多々あります。
この日は、朝から曇り時々小雨で、オオモンハタゲームには嬉しくない曇天でした。

過去に実績のある場所からスタート。

ベイトの反応はあるものの、開始から1時間以上経っても全く反応がありません。
いつもなら何かしら魚の反応はあるのに......

不安になっていたところで、友人がオープニングフィッシュ。46cmのオオモンハタをキャッチ!
「やられたな」と思いつつ、この日はアカハタさえも単発、というか喰わない。

潮が激流といえるほど動いており、30gではボトムを取りづらいということもありましたが
「魚のいるゾーンまで落ちているのか?」と疑心暗鬼になりながら釣りをしていると、徐々にアカハタとカサゴの活性が上がってきました。

アカハタも楽しいのですが、私たちの目的はオオモンハタ。
巻きの釣りがメインなので、船長の判断で大きく場所を移動して港の近くでキャスティング。

すると、右舷にいたこれまた別の友人がドラグを唸らせながら、51cmのグッドサイズのオオモンをキャッチ!
またやられた......

このポイントもそれっきりで終わってしまったので、船長の判断で過去に大型をキャッチしているエリアに移動すると、魚探に大きなベイト反応。
そして、海面でもベイトが何かに追われている様子がありました。

そこで、友人らがヒットさせたのと同じ
バルト 4インチ(365: 赤金)+ スイミングテンヤ 30g + ブレードスピンを、ベイトがざわついていた沖側にキャスト。

  SWIMMING TENYA



  BLADE SPIN

基本に忠実にボトムをとって中層まで20回転ほど巻いていたところ、ハンドルを巻いていた手が止まった。
一呼吸おいて青物でもなくかといってシーバスでもない独特のトルクある走り。
間違いなくオオモンハタ、それも良いサイズだ!

ドラグをチリチリ言わせ水面に上がってきた魚は、ひとつの区切りとしていたジャスト50(ゴーマル)。
それにしても、大きさもさることながら体高から厚み、全てが大きい!

rock1_0719.jpg rock2_0719.jpg

オオモンハタのような体高のある魚は、サイズが数センチ違うだけでそれ以上に大きく、または小さく見えるものですが、
今年の西伊豆のオオモンハタは早くからベイトを捕食していた影響か、全体的に厚くパワフルです。

その後、同所で別の友人も49cmをキャッチ。
オオモンハタの後はアカハタ狙いに。
エコギア熟成アクア バグアンツ 3.3インチ(J02: 赤イソメ)で、35cmを筆頭に数匹追加し納竿としました。



rock3_0719.jpg


この日釣れたオオモンハタのヒットカラーは全て365:赤金。



シルエットがはっきり見える赤金が強いのはわかっていましたが、この日ほどその強さを感じた日は過去にありませんでした。

私を含めた4人で行き、46、49、50、51cmと全員良型をキャッチすることができ、シーズン最高のスタートダッシュに成功しました。
伊豆でロックフィッシュゲームを行う際には、バルト 4インチの365:赤金をお忘れなく!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2
リール:4000番
ライン:PE 1号 リーダー:フロロ 20lb.
ルアー:バルト 4インチ(365: 赤金)+ スイミングテンヤ 30g、
    エコギア熟成アクア バグアンツ 3.3インチ(J02: 赤イソメ)