ルアーのシルエットで釣果に差が出る!ボートアジング

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。
ホームグラウンドの東京湾では、初夏から真夏までの水温が上がりきってしまうまでの間、ボートアジングでの数釣りが楽しめます。

この時期は、水温がアジの適水温となり、スポーニング後のアフターから回復した個体なので、
食欲も旺盛で、サイズ、体高、肉厚とおそらく一年間でボートアジングが一番楽しい時期だと思います。

この時期は、ナイトゲームはもちろんですが、日中のデイゲームでもボートアジングが楽しめるのも魅力です。
さらに、アジ以外にも様々なターゲットが同じタックルで狙えてしまうのも楽しみのひとつです。
今回の釣行では良型のキビレがたくさん釣れました。その前はなんと、ルアーでシロギスが面白いように釣れたこともありました。

aji1_0703.jpg

今回の釣行は、デイゲームの時間帯が短かったので、ナイトゲームが中心となってしまいましたが、
ナイトゲームの時間帯に本当に面白いことがありました。

それは、「エコギア熟成アクア」シリーズを使用していた時のことです。

aji2_0703.jpg

今のアジは、ポイントにハマるとワンキャストワンヒットの状態になります。
これはもちろん、「エコギア熟成アクア」を使用しているからだと私は常に疑わなかったのですが、
今回の事例は、匂いや味だけでなく、ワームのシルエットもアジはしっかりと見ているという事実に直面しました。

エコギア熟成アクアの活アジシリーズで"ストレート"と"コムシ"というタイプの2種類があります。

aji2_0703.jpg aji3_0703.jpg

ポイントに入った時、はじめに「活アジストレート」でアプローチすると、ワンキャストワンヒット。
なんと! 18キャスト連続でヒットさせることができました。

aji4_0703.jpg aji5_0703.jpg

ここまで連続で釣るとさすがにワームも限界だろうと、スレさせないように目線を変えてみようと、
次に「活アジコムシ」をセットしてアプローチしてみたところ、先ほどまでの連続ヒットがウソのように
バイトが遠退いたり、ショートバイトが連発する状況になりました。

「嘘だろ、まさかなぁ~......」と思いながら活アジストレートに戻すと、
またワンキャストワンヒット状態になったのです。

捕食状態になっているアジはなんでも食べてしまうのかと思いきや、
しっかりとベイトのシルエットを見極めて捕食するアジに今回出会えたことで
またひとつ、自分の中の引き出しが増えました。

オカッパリアジングでも同じだと思います。だからアジングはやめられませんね。


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 67、69
リール:2000番クラス
ライン:フロロ 1.5lb.
ルアー:エコギア熟成アクア 活アジストレート、活アジコムシ
    + アジチョンヘッド 1.5g、2g