北野_顔写真.jpg
北野雅朗
(エコギアプロスタッフ 兵庫県在住)
フィールド:兵庫県

このたび、エコギアから新発売の「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」を使って、タチウオのテンヤゲームに行ってきました。

仕事終わりの19時過ぎ。
少し時合を外した感はありましたが、ルアーアングラーも退散し、エサ釣りのウキが所々で海面に浮いている感じです。

早速、8gのテンヤに「エコギア熟成アクア スーパーどじょう」を装着してキャストします。

tachiuo1_1106.jpg

操作方法は、基本的にはスローリトリーブ。レンジを意識してゆっくり引いていきます。
活性の高い時間帯は表層の反応が多いのですが、この時間帯ではさすがに反応が薄いようです。

反応を見ながら少しずつレンジを下げていくと、中層でアタリが出始めます。

タナ(レンジ)がわかればそこをデッドスローで通すだけ......。

タチウオ独特の明確なアタリで連続ヒット。

tachiuo2_1106.jpg tachiuo3_1106.jpg tachiuo4_1106.jpg tachiuo5_1106.jpg

その後ノリにくくなってきたら、テンヤのウエイト(5~11g)を変えたり、
フックをダブルに変えたりして追加し、1時間ぐらいで数本ゲットできました。

これからタチウオもどんどん湾奥に入り、最盛期を迎えます。
型も期待できる季節になりますので是非お試しください。

秋アジング

梅田洋樹_顔写真.jpg
梅田洋樹
(エコギア フィールドスタッフ 山口県在住)
フィールド:山口県

こんにちは、エコギア フィールドスタッフの梅田洋樹です。

秋も深まり、朝夜は少し多めに着ないと寒い季節になってきました。
そんな中、アジングにいって来ましたのでレポートしたいと思います。

今回エントリーしたのは潮間帯のポイント。
潮間帯とは、潮が引くと干上がり、満潮になると海水に浸かる場所のことです。

そんなドシャローでアジが釣れるの??と言われる方もいらっしゃいますが、釣れます。
そんなシャローにもベイトが入り、それを追ってアジも入って来ます。

使うリグは、フロートリグ。
ワームは、アジ職人 アジマスト 2.4インチの017: クリア シルバーFlk.をチョイス。



数投してみて潮の流れを確認し、潮上にキャストして流しながらアプローチすると、すぐにヒット!

aji1_1029.jpg

25cm近いナイスサイズのアジでした。その後は20cmクラスがポツポツ釣れる程度。

aji2_1029.jpg

このポイントは11月からが本番なので、今回はアジが多少でも入っているかの確認が目的だったため、早々に見切り場所移動。
今度はテトラ帯へ。

ここではシラスヘッドファイン #8の0.9gに、アジ職人 アジマスト 2インチ(445: スパークルオレンジ)でスタート。



すると 1 投目でヒット。コンスタントに釣れ続きます。

そして、ワームカラーをローテーションしていきます。
444: 琥珀イエロー シルバーFlk.でもヒット。



aji3_1029.jpg

アジマストをカラーローテーションしていきアジをキャッチしていきます。
しかし、4、5投してアタリがなくなったので熟成アクアにチェンジすることに。

エコギア熟成アクア 活アジコムシ 1.7インチのJ04: ホヤイエローに変更。

J04:ホヤイエロー

すると、その1投目で強いアタリがあり、ヒット!
ワームを丸呑みしていました。

aji4_1029.jpg

エコギア熟成アクアは強烈な味と臭いで魚の食性を刺激し、バイトに持ち込みます。
食い込みも抜群で、他のワームより口の中に入っている時間が長い印象です。
ですからアワセを入れなくても掛かることや、気づいたら掛かっていたということもあります。

パイロットルアーにはアジ職人 アジマスト。
そして食い渋りには熟成アクアと使い分けて是非ともハイシーズンのアジングを楽しんで下さい!

沖堤防でモンスターキジハタ現る!

顔写真.jpg
平岩秀一郎
(エコギアプロスタッフ 福岡県在住)
フィールド:鹿児島県 谷山一文字

10月半ば、週末ごとに九州も悪天候続きでしたが、唯一、鹿児島だけは平穏な天気予報でした。

鹿児島では事実上、ロックフィッシュゲームのオフシーズンはあって無いようなものですが、
一般的にはシーズン序盤と終盤は一発大型の魚が狙える時期。自分の経験からも全くもって同感です。

海水温は緩やかに下降しているものの、夏場の異常な高水温から逆に適水温に移行している時期とも言えます。
今シーズンは周辺のオフショアゲームでもオオモンハタの活性が非常に高いと聞いています。

ゲーム的には手堅く釣れているオオモンハタを狙っても楽しいのですが、
1本出るか出ないか分からない、でも出たら良型の可能性が高いキジハタを狙う方がゲーム性もあって楽しそうです!

ということで、ロッドはロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO76XHC2。
ベイトタックルのテキサスリグのみで、一発大型狙いに絞ったゲームを展開する事にしました。


当日の満潮は午前8時半。

ここ最近の状況は、日の出から2時間程度しか魚の活性がなく、
その後はルアーのサイズを落としたりリグを軽くしたり、魚が潜む基礎の穴の奥へリグを送り込んで口を使わせる
といった食わせの釣りが中心となっています。

しかしながら、谷山一文字のような深く荒い基礎でこのゲームをメインで終日続けると
根掛かりも半端なく、ラインシステムを組み直す時間も馬鹿にならず、モチベーションも釣りのテンポも落ちます。
そして、最大の問題は基礎の深い穴の奥で食わせたとしても、大型のキジハタが獲れる確率が低い。
というのが持論です。

どうしても魚をキャッチしたい。もしくはキャッチしないといけない状況でなければ、
自分は積極的に穴撃ちをする事はあまりありません。

しかしながら、最近の谷山のキジハタ狙いで感じるのは、追いが少ないということ。
穴撃ちしないと口を使ってくれないという状況が多く、テキサスリグですら
ボトムに依存しない自分のスタイルでは釣れにくくなっているのは事実。

ただ、今回は食わせの釣りを封印。
「これで釣れなきゃデコっても構わない」という覚悟で自分の釣りを押し通してみました。

期待した朝マズメですが、全く反応がありません。
キジハタどころか、小型のオオモンハタやカサゴの反応までも......、普段より少ない。

そのまま時間だけが経過......

覚悟はしていたものの、非常に厳しい状況が続きます。
ルアーはロックマックス5インチ。カラーをローテーションして攻めていきます。
323: 北陸クリアホロ。399: ウキハゼ。408: ウォーターメロンバグ。

(323: 北陸クリアホロ)

(399: ウキハゼ)

(408: ウォーターメロンバグ)

8時半の満潮を過ぎ、さらに海中に日差しも入り始めたタイミングで、ルアーを
リングマックス バス 5.3インチ(338: スプレイドグラス)に変更。

 

引き続き、穴撃ちはせずに「keep casting!」。

諦めずに続けていると、ハイリフトからのカーブフォールで着底した瞬間、何かが触ったような微かな違和感。
魚か根掛かりか?

次の瞬間! 凄まじいトルクでロッドが絞り込まれ、自分も腰を落として耐えます!
これはキジハタでは無いかも?と思える、今まで味わった事のない強力なトルク感。

RPO76XHC2のバットパワーで最初の突っ込みを何とかかわすと、今度は重々しいトルクで横へ動いた!
これはチャンス!基礎より上だ!獲れる!と確信。

数回の突っ込みを繰り返されながら何とか上がってきた魚影を見て驚愕!
「キジハタか!」

無事にランディング出来た瞬間は手が震えました。

rock1_1024.jpg rock2_1024.jpg

キジハタ、58cm、3,200g!

信じた釣りで出逢えた魚。
生涯で一度あるかないか?とも思えるビッグフィッシュをキャッチできて最高の瞬間でした!

rock3_1024.jpg rock4_1024.jpg

厳しい状況下でも「チャンスはある!きっと来る!」と信じてマイゲームを貫く事の大切さを改めて学んだ気がします。
やっぱりkeep castingですね!

rock5_1024.jpg rock6_1024.jpg

ありがとうございました!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO76XHC2
リール:メタニウムXG
ライン:PE 1.2号 リーダー:フロロ 20lb.
ルアー:リングマックス バス 5.3インチ(338: スプレイドグラス)

顔写真.jpg
平岩秀一郎
(エコギアプロスタッフ 福岡県在住)
フィールド:宮崎県 北部

10月初旬、宮崎県北部でボートロックフィッシュゲームを楽しめる機会に恵まれました。

以前から渡船を利用して周辺の沖磯へ渡ったことはあったのですが、この海域でのオフショアの釣りは初めて!

周辺ではキビナゴ漁をする程、ベイトフィッシュの量も豊富で
フィッシュイーターが集まる条件が揃った魅力的なエリアです。


出船後、まずは湾内エリアで太刀魚を狙うことに。
船団が集まっており、それぞれの釣り方で太刀魚を狙っています。

自分は35gのハタジグを入れてみました。

HATA JIG

湾内で潮流が緩ければ、水深30mのライトジギングでも十分使えますね!

rock1_1023.jpg rock2_1023.jpg

朝の短時間で太刀魚ゲームを楽しんだ後は、いよいよ沖磯周辺の海域へ!


海域を熟知されている船長のご案内で、地形とベイトがリンクした好ポイントをテンポよく移動。
お陰でアングラーのモチベーションは常にMAX!

同船された方々はバグアンツのテキサスリグでアカハタを次々にキャッチされていました。
ボトムのアカハタは手堅いのですが、この海域でこの状況。そうなれば狙うはオオモンハタのビッグサイズでしょう!(笑)

という事で、自分はほとんどの時間を今年追加されたNewカラーの
バルト 4インチ(474: CPリアルボラ、475: ネンブツダイ)で巻き倒す作戦を敢行しました。

(474: CPリアルボラ)

(475: ネンブツダイ)

水深が15~40m程のエリアだったので、潮流とベイトの層を考慮して、狙うレンジをできるだけ長く引けるように
スイミングテンヤの25~40gを適宜入れ換えて使用しました。

SWIMMING TENYA

rock3_1023.jpg rock4_1023.jpg

必ずチャンスはある!と信じてバルトを巻き倒した結果、オオモンハタ特有のビッグバイト!
潮流にも乗って強烈なパワーで暴れようとしますが、使用ロッドは
ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2!

細身で柔軟でありながらも、強力なバットパワーとトルクがあるので無駄に魚を暴れさせる事なく、魚との駆け引きが楽しめるロッドです。

rock5_1023.jpg

そして無事にランディング!
狙っていたビッグサイズのオオモンハタだったので大変満足な1本となりました。

rock6_1023.jpg rock7_1023.jpg rock8_1023.jpg rock9_1023.jpg

この地域のオオモンハタはとにかく太い!コンディションが最高!

ベイトフィッシュが非常に豊富で、ジギングで太刀魚や青物。ティップランでアオリイカ。
そしてロックフィッシュゲームでオオモンハタやアカハタ等。
すべて同じ海域で楽しめてしまう羨ましいエリアでした!

また機会をみて挑戦してみたいと思います!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2
リール:ステラ C3000XG
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 20lb.
ルアー:バルト4インチ(474: CPリアルボラ)
+ スイミングテンヤ 30g

大久保 亨一
大久保亨一(エコギア / ノリーズプロスタッフ 茨城県在住)
フィールド:茨城県 鹿島灘

9月末では、まだ25℃を超える高い水温の鹿島灘ですが、
ターゲットのフラットフィッシュも8月末から海水温度に馴染んできた様子。

時化の合間にベイトの接岸が見られれば、
フィールドが安定し出すと反応を見せてヒットに繋がります♪

最近はシンキングペンシルやジグスプーンでのテスト釣行が続いていますが、
これらは北東風の影響を常に受ける鹿島灘には欠かせないルアーです!

でも、そのペンシルやスプーンでも反応がない時には、ワーミングやメタルジグで獲っていきました♪


まずは、スイミングテンヤ 20gに、パワーシャッド 5インチ(326: UVピンクシルバー)。

SWIMMING TENYA



  



アクションは、ズル引き加減のリフト&ステイ。それからチョンチョンと誘いを入れました!
また、ボトムを取ってからリフトし、引き波に送り込むリフト&ドリフトで反応を見て獲っていきました!

flat1_1009.jpg flat2_1009.jpg flat3_1009.jpg flat4_1009.jpg


ハタジグは、シンキングペンシルやタダ巻きで有利なジグスプーンに反応がない時に使用します♪

HATA JIG

干潮に向かうも、向かい風やウネリで波の勢いが下がらず波足長い時。
ルアーが浮きあがりやすく、ボトムが取りづらい状況に効果がありました!

flat5_1009.jpg flat6_1009.jpg

あくまでも自分流ですが、ノーマルのハタジグからチューンアップして使います。
後方に3番か2番のフックを付けて、前方のアイにブレードスピン・リーフのブレード部分を付けます。

flat7_1009.jpg

アクションはボトムを取りながらのリフト&ドリフトで反応しました♪
フグもアタリます(汗)

flat8_1009.jpg

ただ、了承しておいていただきたいのが、ブレードの擦れによる塗装落ちです(汗)
また、塗装落ちさせないためにブレードをフックと一緒に後方に取り付けて反応をみましたが、
自分では飛距離が出ず、バイトも得られずなので、今後の課題です(笑)

晩夏のアジング

梅田洋樹_顔写真.jpg
梅田洋樹
(エコギア フィールドスタッフ 山口県在住)
フィールド:山口県

こんにちは、エコギア フィールドスタッフの梅田洋樹です。

もうすっかり秋の陽気になってきましたね。
山口県では、朝夕は肌寒く感じるほどでアングラーの活性も高くなり、場所取りに苦労する季節になってきました(笑)
そんな晩夏にアジングをしてきましたのでレポートしたいと思います。

今回は 2 つの場所でのアジングです。
まずは地磯からのアジングについて。

この地磯は、道路の街灯が効いていて完全な闇磯とは異なります。
一概には言えませんが、波止とは違い、海中の中にまで磯が続いていて地形変化にとんだポイントです。
海中の瀬に潮が当たったりアジの通り道になっていたりします。

まずは、アジ職人 アジマスト 2インチ(386: UVチャート ブルーFlk.)にシラスヘッドファイン0.9g #8でサーチ。



SHIRASU HEAD FINE

潮は右から左に流れていましたので、その潮に逆らわずに流していくと、すぐにヒット。

aji1_0930.jpg

良型の綺麗なアジでした。
その後も同じ様に流して行くと 連続でヒットに持ち込めました。

aji2_0930.jpg

少しサイズアップしたアジです。
シラスヘッドファインは、ヘッドが魚に見立てた複雑な形をしています。
実はこれがとても良いのです。

ラウンド形状でなく複雑な形をしていれば、その分、潮を捉えてくれます。
潮を捉えると言うことは変化が分かりやすくなります。抵抗も少し重く感じることができて、海中での存在感もわかりやすくなります。

これはすごく重要なことです。

簡単に言うと、アバウトではありますが
ラウンド形状の1.3gでの抵抗がシラスヘッドファインだと0.9gでその抵抗を感じることができてしまいます。

もちろん、ワームや風、潮などの条件によります。
その形状の恩恵で潮が捉えやすく連発に持ち込むことができました。

aji3_0930.jpg

カラーローテーションしながら入れ食いが続きました。


次は波止にあるテトラ帯でのアジングです。
波止やテトラ帯はエントリーしやすく、常夜灯も効いているポイントが多いので、アジングにはもってこいのポイントです。

しかし、幅の狭い波止や特にテトラ帯は非常に危険ですので、ライフジャケット等の救命具の着用をオススメします。

ここでも、もちろんアジマストにシラスヘッドファインの組み合わせ。

aji4_0930.jpg

ガッツリ上顎フッキングです。

テトラ帯でもサイズはダウンしたものの、数釣りを楽しむことができました。

aji5_0930.jpg

これから秋が深まると、アジのサイズも上がりどんどん楽しくなってきます。
是非アジマストとシラスヘッドファインの組み合わせを持ってアジングへ出掛けてみてください!
素敵な出会いがあるかも知れませんよ(笑)

北九州テンヤカップ参戦!

岡村_顔写真.jpg
岡村将良
(エコギアプロスタッフ 広島県在住)
フィールド:福岡県 白島沖

みなさん、こんにちは! エコギアプロスタッフの岡村です。
8月18日に北九州で開催された、第5回 月下美人テンヤカップに参加してきました。

tenya1_0829.jpg

AM 5:00に受付後、釣りをする船を抽選します。
その後に大会挨拶、注意事項、レギュレーション説明等があり、
参加者36名が4艇に分かれて乗船し、5時45分に出船しました。

対象魚は真鯛のみで、最大魚1匹の重量で順位が決まります。

ポイントは45m前後のフラットなエリア。
様子も分からなかったのでオーバルテンヤ6号に活きエビでスタート。

(T09:グリーングロウ)

楽に底取りができたので、すぐに5号に変更。

潮が流れてないからかボトムでは手のひらサイズの真鯛のアタリは有るものの、サイズが上がらない状況。

tenya2_0829.jpg tenya3_0829.jpg

中層にも反応があったのですが、巻いても、誘いながら落としてもアタリはありません。
なかなか状況が厳しい。

昼前には潮も止まり、何にもアタリが無くなりました。
オーバルテンヤを4号にチェンジし、2投目。

tenya4_0829.jpg

フォール中にアタリがあり、すぐさまアワセると1.3kgのマダイが上がってきました。

tenya5_0829.jpg

その後は入れ替えすることなく納竿となりました。

結果は6位でしたが、普段の瀬戸内の釣りとはまた違うので、楽しくもあり改めて奥が深い釣りだと感じました。
来年も機会があればチャレンジしたいと思います。


<タックルデータ>
ロッド:ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM80MH、HTM80H
リール:3000番ハイギア
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 2号
テンヤ:オーバルテンヤ 4、5、6号(T09: グリーングロウ)

夏終盤のアジング

梅田洋樹_顔写真.jpg
梅田洋樹
(エコギア フィールドスタッフ 山口県在住)
フィールド:山口県

こんにちは、エコギア フィールドスタッフの梅田洋樹です。

しばらく暑い日々が続いていましたが、台風が抜け、夜は少し涼しくなってきましたね。
今回の釣行は夏アジング終盤戦。

この日は風が強く、半袖だと少し肌寒く感じるくらいでした。
テトラ帯の風裏になる立ち位置にエントリーし、シラスヘッドファイン 0.9g #8と
アジ職人 アジマスト(444: 琥珀イエロー シルバーFlk.)でスタートしました。

SHIRASU HEAD FINE



表層から狙ってみますが豆アジ。

そこで少しレンジを下げてみようと思い、サミングしながらカウント15まで沈めてみました。
するとヒット。豆アジとは引きの強さが違います。

aji1_20190828.jpg

20cmアップのアジでした。
その後も同じレンジで同サイズがぽつぽつ拾える程度に釣れます。

aji2_20190828.jpg

サイズはこんなものかと思っていると、今までとは明らかにパワーの違う魚が掛かります。
が、テトラに擦られてしまい、ラインブレイクしてしまいました。

気を取り直しスタートするも、風が強くなってきて風裏でも舞い込んでくるようになってきました。
横風なのでラインが脹らみ、しっかりと張りがつくれないのでジグヘッドを1.4gに変更。

これが功を奏し、またヒットに持ち込むことができました。

aji3_20190828.jpg

私はクリアカラーを選択することが比較的多いのですが、今回の釣行ではクリアホロ等のカラーには全くアタリ無し。
カラーはクリアではありますが、オレンジやイエローの色付きの方が圧倒的にアタリが多かったです。

aji4_20190828.jpg

445: スパークルオレンジも今回の当たりカラーの1つでした。



aji5_20190828.jpg

結果、MAX 23cm程度でしたが楽しいアジングをすることができました。

aji6_20190828.jpg

私の中では、同サイズのワームでカラーを多く持ち込むことよりも、
カラーは少なくともワームサイズやシルエットを変えてやることの方が釣果を伸ばすことができると思っています。
しかし、やはりカラーも多い方が良いですね。

引き出しは多いに越したことはありません(笑)。
これから涼しくなるにつれてアジのサイズも上がってきます!

皆さんも是非エコギアワームで釣行を楽しんで下さい。

アジングシーズン到来

北野_顔写真.jpg
北野雅朗
(エコギアプロスタッフ 兵庫県在住)
フィールド:兵庫県 淡路島

夏も終盤を迎え、関西方面ではアジングの季節が始まります。
今はまだまだ小さいアジが大半ですが、色々探していくと良型の群れに遭遇したりすることもあります。
ということで今回はホームの淡路島にアジング調査に行ってきました。

色々なポイントをまわりチェックしていきます。
先発はやはり「エコギア熟成アクア 活アジストレート 2.3インチ」。

aji1_0824.jpg aji2_0824.jpg

アジがいると必ず反応するので、数投してアタリが無ければ即移動していきます。
アタリがあってもなかなか乗らない場合は極小豆アジの可能性があるので、
吸い込みの良い「アジ職人 アジマスト 1.6インチ」を使用します。

aji3_0824.jpg aji4_0824.jpg aji5_0824.jpg aji6_0824.jpg

この豆アジも、これから冬に向けてサイズもどんどん上がって行くので楽しみです。
今シーズンはアジが多く、各ポイントで数の多く狙いやすいと思いますのでアジングが楽しめそうです。


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 67
リール:2000番クラス スピニングリール
ライン:フロロ 1lb.(直結)
ルアー:シラスヘッドファイン 0.6g #10
+ エコギア熟成アクア 活アジストレート 2.3インチ(各色)
+ アジ職人 アジマスト 1.6インチ(各色)

小田島_顔写真.jpg
小田島辰也
(エコギアプロスタッフ 北海道在住)
フィールド:北海道 釧路

皆さんこんにちは!
エコギア プロスタッフの小田島です。

年に数回ある、1週間程の釧路出張。仕事終わりにホテル近くの港へ毎晩通っていました。
北海道の東部に位置する釧路。夏でも朝晩はヒンヤリと涼しく、避暑地としても有名です。

特に夏のナイトロックゲームは数もサイズも良く、日によっては二桁釣果が当たり前!?
アベレージサイズも30cm半ばなんて日もあり、非常に楽しめます。

まずは実績のある足元にケーソンが入っている潮通しのいいエリアへ入りました。
濁りがキツイので、グラスミノーL (464:ハイプレッシャーマジック)とイワシヘッド7gの組み合わせで
ケーソン上をできるだけゆっくり通してやるとすぐに反応があり、25cmほどのクロソイをキャッチ。

  IWASHI HEAD

rock1_0819.jpg

その後も同じトレースラインでポツポツと釣れ続け、気づけば二桁釣果。

rock2_0819.jpg

帰る間際にその日一番の重量感で釣り上げたのは......、

rock3_0819.jpg rock4_0819.jpg

30cm前半の体高のあるクロソイ!


出張最終日も同じエリアに入り、グラスミノーL(479:リアルハゼ)にイワシヘッドを組み合わせ、
ケーソン上をストップ&ゴーで通すと、ワンキャストワンヒット!



この日はフィーディングで差してきている魚がケーソン上に溜まっており、巻きよりもフォールへの反応が◎!

rock5_0819.jpg

時合が落ち着いてからはグラスミノーL(464:ハイプレッシャーマジック)にカラーローテ。



15m程沖にキャストし、ボトムスレスレをできるだけスローに、魚がベイトを追込むのを意識して巻いてあげると
またもや、ワンキャストワンヒット!

カラーローテ、魚の食気によるトレースコースの使い分けで、
この日はアベレージ30cm、数も30本越えで非常に楽しめました。

夏でも比較的涼しい道東エリア。ロックフィッシュは激アツです!
皆さんもぜひ、道東エリアへ遠征してみては!?


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO711LS2
ライン:PE 0.4号 リーダー:フロロ 8lb.
ルアー:イワシヘッド 7g
+ グラスミノーL(464:ハイプレッシャーマジック、479:リアルハゼ)、
バルト4インチ(474:CPリアルボラ)