紀東のアカハタ

三重県在住の葛原フィールドスタッフ様より釣果レポートが届きましたのでご紹介します

紀東エリアの水温の上昇とともに、アカハタの釣果も上がってき安定して釣果が出るようになってきました。
前日まで海が荒れていたため、濁りとうねりが少し残っていましたが、
バルト3.5インチとキジハタグラブ4.5インチで釣果が出ました。
最初は、スイミングテンヤ20gにバルト3.5インチをセットし、スイミング
中心に反応が有るポイントを、広範囲に探って魚をキャッチしていき、
反応が無くなればテキサスリグにキジハタグラブ4.5インチをセットして、
ボトムを叩いていくと釣果が伸びました。
今回ワームのカラーはある程度水深が有ったため、グローカラーをチョイス。
餌取りの多い場所は、ナチュラルカラーを使用しました。
サイズの方は、ジャスト30cmまでしかキャッチしてはいませんが、それ以上のサイズもこれから期待できそうです。

IMG_20150419_062207.jpgIMG_20150419_063526.jpg

的矢湾のチヌ

前川 正廣様よりレポートが届きましたのでご紹介させて頂きます

鳥羽市・相差(相差海釣りセンター)は乗っ込みチヌが真っ先に釣れる釣り場として知られています。少し時期尚早ですが、状況を見るために2月21 日(土)に釣行しました。当日は風も緩い穏やかな日に恵まれ、的矢湾の湾口にあるカセに上がりました。このポイントの水深は15m前後で潮は速 く、外洋に面しているのでウネリも入り易いですが、チヌの魚影が濃いところです。

先ずはダンゴの準備を開始。【パワーダンゴチヌ】1袋と【紀州マッハ攻め深場】1/2袋をベースに【メガミックス】1/2袋、【細びきさなぎ】 1/2袋(バラケ具合で調整)を混ぜ、液体集魚剤の【チヌにこれだ!!】1/2本(200cc)と少量の海水、アミエビ1kgの水分でパサパサに 仕上げました。(これを1日に2セット) 今年は誰も乗っていないカセなので、先ずは魚を寄せるために【活さなぎミンチ激荒】と荒割りしたアケミ 貝をアンコにした団子を5個投入してから釣りを開始。刺し餌は、摂餌効果を高めるために【アミノ酸α】を振りかけたボケとオキアミを使用しまし た。
 潮は程良く流れているので、完全フカセで刺し餌を流していきます。底から中層も意識して立体的に探っていくが、餌取りすらアタリはありません。 今度は針上50cmにガン玉6Bを付けて刺し餌を止め、仕掛けを持ち上げて少し流し、止めを繰り返していると初めてのアタリ。でもこれは本命では なく小さなヒラメでした。正午を迎える頃、オモリにダンゴを握り、ボケをダンゴの外に出したまま落とすと着底して数秒後に「ゴンッ」とダンゴアタ リ、思わず竿を握る手に力が入ります。さらに「ゴン、ゴン」と続いた後、「クッ」と穂先を押さえる食いアタリをフルスイングし、慎重に巻き上げる と無事タモに納まったのは綺麗な魚体のチヌ(42cm)でした。その後はアタリがない時間が続きましたが、最後の1投で待望のアタリが出て、少し 小ぶりのチヌ(33cm)を追加して納竿となりました。
今回のチヌは抱卵していませんでしたが、あと数週間もすれば、腹パンの乗っ込みチヌが釣れ始めるはずです。

釣り場風景.JPG

ダンゴ.JPG

DSC00992.JPG

DSC00990.JPG


【問い合わせ先】
相差海釣りセンター:0599(33)6789
エサ市場えさきち鳥羽本館:0599(26)3305

柏島のグレ

  • 投稿日:

高知県宿毛市在住の谷本鋼紀フィールドレポーター様より釣果レポートが届きましたのでご報告させて頂きます

1月に入り四国西南部では、至る所でグレの好釣果が聞かれるようになってきました。

そんな中124日に高知県大月町柏島に釣友と3人で釣行してきました。

柏島で私がお世話になっているのは井上渡船さん。

この日の磯割はムロバエ周り、私達3人はムロバエ群礁にある「えびすの岡」に渡礁しました。

この磯は、柏島の一級磯「アンパン」の西隣に位置し、足場も良く定員は13名の磯です。

マキエサは、生オキアミ9キロに 「イワシパワーグレスペシャル」「グレパワーV9徳用」「グレパワーV9」「爆寄せグレ」を各1袋混ぜ合わせたものを使用。

サシエサには「くわせオキアミスーパーハード(M)、(L)」に「活性起爆材・グレ」をまぶしたものと「くわせオキアミ半ボイルM」をローテーションして使用しました。

朝は早い下り潮が南側にある「カモ」との水道をビロー島の方に流れていて、同行の2人が本流を、私は北側からそれに引かれる潮を釣っていきました。

1投目、横から出るサラシにマキエを3回打ち、仕掛けをサラシの切れ目に投入。ウキの周りにもマキエを2回打ち、流していきます。ウキは3Bで、タナは2ヒロ半、仕掛けがなじみ2メートルほど流れたところでウキが素早く消し込みます。取り込んだのは35センチの尾長グレでした。

同じ釣り方で30分。35センチ~38センチの口太と尾長グレを3匹追加。

同行の2人も潮の中でダイレクトなアタリを満喫しています。

その後、下り潮がさらに速くなり、3人が観音周りで本流を流して釣ることに。

タナは同じでウキをLサイズからLLにして、潮の中にマキエを3回前打ちし、仕掛け投入。すぐに追加で3回打って流していきました。

30m~40m流れた所でウキが見えなくなると同時に道糸がバリバリと出ていきます。

潮の中から姿を見せたのは40センチの口太グレでした。

その後、潮が変わる10時頃まで、釣れるポイントは20m~70m沖と様々でしたが、3人の誰かは竿が曲がっているという状況になりました。

イサギ混じりで、小さい魚はリリース。30センチ~45センチの尾長グレと口太グレ、同じ位の割合で釣れました。

10時を過ぎると潮が変わり、当ててきた潮が南側にあるシモリと、その向こう側の「カモ」との間を流れるようになり片潮で、3人では釣り辛い状況になりましたが、気の知れた仲間同士、休憩をとりながら順番に釣っていきイサギを中心に110枚程追加して終了となりました。

四国西南部、寒グレ絶好調です!!

場所によっては良型のイサギ、シマアジも釣れるので「イワシパワーグレスペシャル」「爆寄せグレ」など集魚効果の高いベースエサを混ぜるのがおススメです。

皆さんも是非、釣行計画を立てて足を運んでみて下さい。

150124_144555.jpg150124_163759.jpg150123_125419.jpg

呉市のメバル

  • 投稿日:
日高幸俊フィールドレポーター様より釣果報告頂きましたのでご紹介させて頂きます

 呉市とびしま海道

とびしまエリアのメバルは産卵期の終盤に入りました。

産後のメバルは痩せているイメージがありますが、激流ポイント周辺では筋肉質のメバルが力強いファイトを楽しませてくれます。


この日選んだポイントはとにかく潮が複雑でキャストする度に流れる方向が変わったりで、決して釣りやすいポイントでは無いですが、その流れを上手く攻略できれば数釣りができます。

0.8号のキャロライナリグにシラスヘッドファイン0.6gをセット。

今の時期、メバルが主に捕食しているのはアミ。


まずはアミパターンで実績のある、小さいながらもしっかり波動を出してアピールできるグラスミノーで様子を見てみます。

カラーはアミパターンに有効とされるクリア系の「ピュアクリアホロ」を使用。

メバルの活性も良いようで開始早々からヒットします。


IMG_0624.JPG
ポツポツと釣れ
続けるのですが、いまいち連発はしません。
そこでワームをメバル職人ミノーSSに変更しローテーションしてみるとナチュラルチャートグローにアタリが集中しました。

暗い海中で光らせて使用するよりも外灯の効いているポイントから明暗の境目までは意外にもグローが効果を発揮してくれる場面が多く、今回もそれが結果に繋がりました。


IMG_0626.JPG
さすがに同じワームばかりを投げているとメバルの反応も薄くなってくるので、こまめにカラーとシルエットをローテーションしながら釣っていると潮止まりまで釣れ続けてくれました。


メバルに混じりアジが釣れる可能性もあるポイントなので、アジの回遊も期待しアジ職人アジマスト2インチも使用しましたが、これもメバルが丸飲みする程に状況にマッチしてくれ数を釣らせてくれました。



IMG_0628.JPG

カラーはもちろん、ワームの種類をこまめにローテーションし
てやる事で魚に過度のプレッシャーを与えずに楽しめると思います。
この日のサイズはアベレージが21~22cm程。
表層から中層でリトリーブ、アクションからのフォールでヒットしてきたメバルは15cmクラスと小ぶりですが、ボトム付近で潮に乗せて流してやると20cm以上ばかりが釣れました。

この日最大の目測24~25cmのメバルを含め、まだ抱卵している個体をできるだけリリースし、ダメージを与えてしまった魚だけをキープ。
結果、釣りあげたメバルは40匹以上と数釣りを十分に楽しませてくれました。


IMG_0635.JPG
これから産卵を終え、春に向けてどんどんとコンディションを回復してくると更に楽しませてくれそうです。

中紀阿尾のグレ

  • 投稿日:

大阪府在住の栗山 高幸フィールドスタッフ様より釣果レポートが届きましたのでご紹介させて頂きます


今年最後12月31日に期待を膨らせて阿尾の磯へと途中、エサを購入しました。

阿尾漁港に到着して1時間程仮眠を取り6時半に出船しました各磯師は黒バエ、二のハエ堤防へと上がります。私たちはここ磯群での一番沖磯の一のハエ南向きに磯上りをしました。友人に沖向き先端を「どうぞと!」私はその横に釣座としました。海況は程よいサラシで比較的釣りやすい状況です。早速、生オキアミ6㌔にマルキュー「イワシパワーグレスペシャル」「遠投ふかせスペシャル」各1袋をよくかき混ぜました。それから仕掛けを作りました。

磯際と竿1本先にマキ餌を撒きます。刺しエサ「グレ丸」を付けてウキを投入します潮は左から右の沖に流れていますが待てどもアタリもなく時間が経つとマキ餌が効いてきたのか、すると竿先にアタリが伝わりアワすと上がって来たのはヘダイのエサ取りです。横の友人が竿をまげてグレ30㌢をまた同サイズを3連発しています。年末で12時最終で気持ちは焦りますウキ下を聞くと2ヒロ半と聞き仕掛けを投入します、するとウキがジワジワと沈み待望のグレです丁寧に取り込みやっと1匹目です、同サイズを追加しました。友人がやりとりをしてグレをゲットしました。友人は中紀で初めて43㌢を釣れて喜でいます。

私に釣れるのは中型グレです磯を休めるためお弁当を食べて一息つけます、時間は9時半釣り再開ですウキが馴染むと同時にスーッと水中に少しずつ沈みますラインがゆるゆると張出し、すかさずアワすと「ガッン」と「これは大物と確信」慎重にやりとりします最後の締め込みを耐えて浮いて来たのはブルー魚体が見えますグレ45㌢を1回でタモに納めました「ヤッター」と同時に疲れと喜びでいっぱいです。その後潮止まりエサが付いたままでウキ下を深くすると、へダイばかりで時間12時納竿としました。

今回は2人でグレ45㌢、43㌢、35㌢~28㌢を7匹と大変満足した釣果でした。

 今シーズンは船長の話では全体的に40㌢級のグレも多く年が明けてから本番入りとのことです。

マルキューグレ一45㎝.JPGマルキュー古久保.JPGマルキューグレ全釣果.JPGマルキューエサ.JPG


☎照ちゃん渡船(0738・64・2601) 

竿:釣研フロートマスターTF
ウキ:釣研SPエキスパートグレ G2
道糸:釣研フリクションゼロ2号
ハリス:釣研ゼロアルファ1.7号
針:オーナーグレ競技用6号

和歌山のグレ

  • 投稿日:
奈良県在住 梅屋 智徳フィールドレポーター様より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させて頂きます。

寒グレシーズン真っ盛りですが、私のホームとしている三重県は絶不調。単発的でなかなか大型ラッシュに突入しません。年が明け新年一発目の釣行先の選定にかなり悩みましたが、和歌山の釣友の勧めで人生初の『江須崎』酒井渡船さんへ4日出掛けました。

 カレンダーでいうところの正月最後の休日でしたが、好調を物語るかの様に釣り人は多く、混雑状態の中、釣友のナビゲーターのお蔭で、【一の島】に運よく仲間と共に4名で渡礁。銘々に釣り座を取り、私は沖向きに釣友と並んで竿を出します。

今回の餌はオキアミ6㌔に配合材は浮かせ&集魚&量に重点を置き、V9SP・遠投ふかせTR・爆寄せグレ・グレジャンボを各1袋ずつ、サシエはグレ丸とスーパーハードMにアミノ酸αをふり掛けて使用します。


下り潮が流れ、いかにも気配ムンムンのなか開始30分程で待望のアタリ!竿1本半先に出来ている潮目にウキが馴染むと30オーバーのイサギ連発。2投に1匹のペースでヒットします。最初はお土産にと喜んでいましたが、生粋のグレ師()としてはグレが釣りたいとの思いで作戦変更!

ウキに直接マキエを合わさずに潮目の中でマキエとサシエが合うようにズラして撒く様にしたところ、先程までと違ってウキがモゾモゾとしたアタリ!アワセるとギュイーンと心地良い引きが...♪ 気持ちいいやり取りの後、姿を現したのは待望のミドルサイズのグレ☆

このグレを皮切りにイサギに程良く邪魔されながらもポツポツとアタリを拾い数匹追加したところで西風がかなり強く吹き付ける様になり、潮も弱く沈黙の時間が長くなり、なかなか思う様にアタリが取れません。

風は益々強くなり風波が容赦なく襲い掛かり横から背後からバシャバシャとシャワーを被りながらも頑張っているとようやく弱いながらも潮がとり、竿3本程の所にヨレができています。すかさず練り込んだマキエで遠投。逆光&風波でウキは見えないが、ラインをひったくるアタリ連発でイズスミやサンノジといった外道が混じりながらもグレのアタリは終日続き、終わってみれば、リリースサイズもあって30~38㌢までを二桁オーバー、初釣りとしては上々の滑り出しの釣行でした。次回は40アップ目指して頑張りま~す☆
1420560481855.jpgDSC_0004.JPGDSC_0028.JPG

境水道で初釣り

  • 投稿日:
島根県在住 小川達矢フィールドレポーター様より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させて頂きます
1月3日の昼前から釣友と二人で境水道にチヌを狙って初釣りに出かけました。

今日のマキエは、オキアミ生6キロ,チヌパワームギ,爆寄せチヌ,オカラだんごを底に溜めれるよう、しっかりと練りました。
サシエは、スーパーハードのLサイズを使用しました。

当日は、雪は積もっていましたが風もなくポカポカと日が照り、久しぶりに気持ちのいい天気でした。

込み潮から釣り始め緩い流れで今にも来そうな雰囲気ですが、エサ取りどころか生命反応がありません。
そこで活さなぎミンチ激荒をマキエに混ぜてポイントを作っていると、開始して1時間が経過した頃、釣友に待望のアタリ!!!
43㎝と釣友も初釣りで狙いの魚が釣れて大喜びです。
このタイミングを逃してなるかと、仕掛けを入れ直しマキエと合わせて流していくと、引かれ潮と本流の合流点でウキがスッと消えました。
38㎝でしたが今年始めてのアタリで本命のチヌが釣れて大満足です。
その後、釣友が2枚追加して完全に潮止まりです。
ウキの手前にマキエを入れて、少しずつサビいていると再びスッとウキが入りました。
底を這うように沖に向かって走ります。これは大きいと感じて慎重に寄せて来ます、手前に来てからも右に左に走り、なかなか底がキレません浮かせた魚を見て、楽に50㎝は超えています。
取り込んでから測ってみると、52㎝!
初釣りで良型が釣れて釣友と大喜びの釣行になりました。

後日、大きいチヌの腹を開けてみるとコーンがびっしり入っていました。
激荒が効いた事を実感した初釣りとなりました。
20150103_155442.jpg1420277409267.jpg1420277420301.jpg20150103_081039.jpg

浦の内の筏釣り

  • 投稿日:
香川県在住 山本 孝義フィールドテスター様より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させて頂きます


1214日(日)に高知県浦の内湾に浮かぶ筏「高橋渡船」に釣行してきました。

予約の電話を入れた際、最近の状況を船頭さんに確認すると、数は釣れているが小型が中心とのこと。

良型は「練りエサ」「さなぎ」等を使えば可能性があるかも?とアドバイスを頂いたので、イメージを膨らませながら用意しました。

しかしこの日は天気予報通り四国を寒波が襲い、前日から雪が降りまさかの「積雪の為通行止め」状態。

時間が経過するもなかなか解除にはなりません。

安全が確認でき次第決行することにしたので、出発は少し遅れましたが、無事到着することができました。

浦の内湾の筏は少し特長があり、筏を複数連結させ一つの大型の筏になっています。

先に筏に乗っていた地元のひとに挨拶を済ませ釣り座を決めます。

 

いつもなら先に「ステージ作り」にとりかかりますが、今回は事前情報も頂いていたので状況確認の為にも、ダンゴを打つ前に釣り座周辺を「広角釣法」で探ってみました。フグ、チャリコ、ニイラギとエサトリは居るようです。情報通り活性は高そうですがさらに活性をあげる為にも「マルキュー」社製の集魚効果のあるダンゴを使います。さらに「オキアミ,アミエビ、活きさなぎミンチ激荒、シラサエビ」をあんこに打ち込みます。練りエサの「魚玉ハード」も上撒きしポイントを作りタックルの準備を進めていきます。

今回は良型も視野に入れラインはクレハ合繊社製「シーガー筏ちぬスペシャル1.2号」をセレクトしました。

 

釣り始めてしばらくすると小型ながら「本命チヌ」が釣れてきます。エサは「くわせオキアミスペシャル(L)」が中心で「カットコーン」シラサエビとローテーションしていきます。

ダンゴ釣りで、底で釣れている時も底ばかりを意識せずに中層も狙っていきます。

食いがいい「マルキュー」の練りエサ「魚玉ハード」「マダイスペシャル」「くわせ練りエサ」「食い渋りイエロー」と数種類用意し「縦の釣り」も釣り方の1つにいれていきます。

また良型のヒット率が高い「激荒のさなぎ、活丸さなぎ」も使用。

時間も進み昼になったので、冷えた身体をアツアツのラーメンで温め午後からも「底、縦、エサのロ-テーション」と意図的に変えチヌを仕留めることが出来ました。

今までの経験上夕方にいい思いをしたことが多いので、再度集中し釣り進めましたが残念ながら狙いの良型は仕留める事は出来ませんでした。夕方16時まで頑張り2028センチを37枚釣ることができ納竿しました。

良型は出ませんでしたが、アタリも多く楽しい1日でした。

この日のダンゴ配合  

マルキュー

「パワーダンゴチヌ」「紀州マッハ攻め深場」「速戦爆寄せダンゴ」「荒びきさなぎ(徳用)」「ニュー活さなぎミンチ荒」

P1010015.JPG



刺しえさも

「マルキュー」「くわせオキアミスペシャルチヌ(L)」「くわせオキアミスーパーハード(L)」「ニュー活さなぎミンチ激荒」「活丸さなぎ」「魚玉ハード」「マダイスペシャル」「くわせ練りエサ」「食い渋りイエロー」シラサエビ

 P1010016.JPG

P1010026.JPG

使用タックル

ロッド 黒鯛工房アスリートMASAKIモデル158 

リール 黒鯛工房アスリートレーサー65RT

 

ライン 

クレハ合繊 シーガー筏ちぬスペシャル1.2号 

ハリ     オーナー スーパー競技チヌ12号 

 

利用渡船   高橋渡船

       携帯090-8741-8321

       事務所088-856-3686

宿毛のチヌ

  • 投稿日:
広島県在住 田中 謙太郎フィールドレポーター様より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させて頂きます。

12月下旬、私の住む広島市より遥か450kmほど離れた高知県宿毛市へチヌ釣り遠征へと出掛けました。

宿毛と言えば沖の島、鵜来島、そして上物至高のターゲット「巨大尾長グレ」が超有名ですが、地方でのチヌも大型が多く、60cm超も夢ではないフィールドであります。

したがって根っからのチヌ師の私たちにとっても、遠距離ではありますが足しげく通う魅力が宿毛にはあるのです。

早朝現地に到着すると天気は良さそうですが、時期的にも付きものの西寄りの季節風が吹いています。

希望の外面は強風のため断念し、風裏となる湾内へと船長に舵を向けて頂きました。湾内と言えど侮れない実績があり特に荒れる冬時期はチヌの居着き場となっている様です。

まず上げて頂いたのは通称「赤灯台」。池島と大島の水道に位置する潮通し抜群のポイントです。沖は大型フェリーも来航することから水深もありそうです。

マキエは地元広島で使用しております配合と同じで、いつもの遠投を視野に入れたこの配合、水分量ですと少々の強風でもポイント設定した場所へしっかりとマキエを飛ばせ、低層まで十分エサ利かせる事が出来るため大変重宝しております。

2枚潮気味の下げ潮が湾外へ結構な流速で流れ出て行きます。手前の障害物、掛け落ちに沿って仕掛けを流していきます。マキエも2枚潮を考慮した巻き方で工夫を加えます。

仕掛け回収時にはサシエも残ることが多いため、潮の速度が緩みマキエも滞留しそうな場所で誘いをかけたりと時折アクションを加えてみます。

Bの小型カン付棒ウキにガン玉を打ち、しっかりとタナを取った仕掛けで馴染ませ流す事数投目、食いは良い様で前アタリから一気にウキが消し込みます。ここのチヌはサイズ以上の引きを見せ、まるで「グレ」の様に浮かせてからもしつこく粘るので取り込むまで油断出来ません。何度かの強い引き込みに耐え無事にランディングしたのはコンディション抜群の40cmUP。筋肉質で美しい魚体はいかにも引きの強さを予感させます。

チヌにはサシエのローテションが不可欠と考えるので、サシエも「くわせオキアミスペシャルチヌ L」「くわせオキアミ半ボイルL」「練りエサ・高集魚レッド 食い渋りイエロー アピールホワイト」とチヌの目先を変えながら釣り、大型は出なかったものの40cm前後の数釣りを楽しむ事が出来ました。

 

釣行日 12月21日

 

当日使用配合エサ 

マルキユー チヌパワームギ チヌパワーDASH チヌパワーV10白チヌ ナンバー湾チヌ 各1袋づつ 生オキアミ3kg2角

DSC_0007.JPG

宿毛5.jpg宿毛7.jpg宿毛9.jpg宿毛6.jpg2宿毛.jpg
DSC_0016.JPG

境水道のチヌ

  • 投稿日:
島根県 在住の小川達矢フィールドレポーター様より釣果レポートが届きましたのでご報告させて頂きます



12月21日、寒波の影響で日本海は大時化です。
しかし、境水道は日本海のウネリが入ってこない為、冬場でも安全に釣りができるので行って来ました。
当日のマキエは、オキアミ生6キロにチヌパワー麦、ナンバー湾チヌ、爆寄せチヌを5リットルの水で底に溜めれるよう、しっかりと練り込みました。
サシエには、スーパーハードLとくわせオキアミスペシャルチヌを用意しました。
釣り始めると予想通り強風で表層の潮が滑っています。
完全に二枚潮です。
ウキの滑っていくラインにマキエが溜まるように横殴りの吹雪の中で頑張って釣っていると凄い速さでウキが入り竿先をひったくっていくアタリ、釣り人は寒くて指がちぎれそうになりながら耐えているのに海の中のチヌは元気いっぱいで35㎝と型のわりに引きが強くビックリしました。
前日に、しっかりと底に溜まるように練り込んだマキエでイメージ通りに釣りができ、ポツポツと追加していき良型は釣れませんでしたが、35~38㎝と数が釣れて楽しみました。
20141108_085016.jpg20141221_171456.jpg