宿毛のチヌ

  • 投稿日:
広島県在住 田中 謙太郎フィールドレポーター様より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させて頂きます。

12月下旬、私の住む広島市より遥か450kmほど離れた高知県宿毛市へチヌ釣り遠征へと出掛けました。

宿毛と言えば沖の島、鵜来島、そして上物至高のターゲット「巨大尾長グレ」が超有名ですが、地方でのチヌも大型が多く、60cm超も夢ではないフィールドであります。

したがって根っからのチヌ師の私たちにとっても、遠距離ではありますが足しげく通う魅力が宿毛にはあるのです。

早朝現地に到着すると天気は良さそうですが、時期的にも付きものの西寄りの季節風が吹いています。

希望の外面は強風のため断念し、風裏となる湾内へと船長に舵を向けて頂きました。湾内と言えど侮れない実績があり特に荒れる冬時期はチヌの居着き場となっている様です。

まず上げて頂いたのは通称「赤灯台」。池島と大島の水道に位置する潮通し抜群のポイントです。沖は大型フェリーも来航することから水深もありそうです。

マキエは地元広島で使用しております配合と同じで、いつもの遠投を視野に入れたこの配合、水分量ですと少々の強風でもポイント設定した場所へしっかりとマキエを飛ばせ、低層まで十分エサ利かせる事が出来るため大変重宝しております。

2枚潮気味の下げ潮が湾外へ結構な流速で流れ出て行きます。手前の障害物、掛け落ちに沿って仕掛けを流していきます。マキエも2枚潮を考慮した巻き方で工夫を加えます。

仕掛け回収時にはサシエも残ることが多いため、潮の速度が緩みマキエも滞留しそうな場所で誘いをかけたりと時折アクションを加えてみます。

Bの小型カン付棒ウキにガン玉を打ち、しっかりとタナを取った仕掛けで馴染ませ流す事数投目、食いは良い様で前アタリから一気にウキが消し込みます。ここのチヌはサイズ以上の引きを見せ、まるで「グレ」の様に浮かせてからもしつこく粘るので取り込むまで油断出来ません。何度かの強い引き込みに耐え無事にランディングしたのはコンディション抜群の40cmUP。筋肉質で美しい魚体はいかにも引きの強さを予感させます。

チヌにはサシエのローテションが不可欠と考えるので、サシエも「くわせオキアミスペシャルチヌ L」「くわせオキアミ半ボイルL」「練りエサ・高集魚レッド 食い渋りイエロー アピールホワイト」とチヌの目先を変えながら釣り、大型は出なかったものの40cm前後の数釣りを楽しむ事が出来ました。

 

釣行日 12月21日

 

当日使用配合エサ 

マルキユー チヌパワームギ チヌパワーDASH チヌパワーV10白チヌ ナンバー湾チヌ 各1袋づつ 生オキアミ3kg2角

DSC_0007.JPG

宿毛5.jpg宿毛7.jpg宿毛9.jpg宿毛6.jpg2宿毛.jpg
DSC_0016.JPG