境水道で初釣り

  • 投稿日:
島根県在住 小川達矢フィールドレポーター様より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させて頂きます
1月3日の昼前から釣友と二人で境水道にチヌを狙って初釣りに出かけました。

今日のマキエは、オキアミ生6キロ,チヌパワームギ,爆寄せチヌ,オカラだんごを底に溜めれるよう、しっかりと練りました。
サシエは、スーパーハードのLサイズを使用しました。

当日は、雪は積もっていましたが風もなくポカポカと日が照り、久しぶりに気持ちのいい天気でした。

込み潮から釣り始め緩い流れで今にも来そうな雰囲気ですが、エサ取りどころか生命反応がありません。
そこで活さなぎミンチ激荒をマキエに混ぜてポイントを作っていると、開始して1時間が経過した頃、釣友に待望のアタリ!!!
43㎝と釣友も初釣りで狙いの魚が釣れて大喜びです。
このタイミングを逃してなるかと、仕掛けを入れ直しマキエと合わせて流していくと、引かれ潮と本流の合流点でウキがスッと消えました。
38㎝でしたが今年始めてのアタリで本命のチヌが釣れて大満足です。
その後、釣友が2枚追加して完全に潮止まりです。
ウキの手前にマキエを入れて、少しずつサビいていると再びスッとウキが入りました。
底を這うように沖に向かって走ります。これは大きいと感じて慎重に寄せて来ます、手前に来てからも右に左に走り、なかなか底がキレません浮かせた魚を見て、楽に50㎝は超えています。
取り込んでから測ってみると、52㎝!
初釣りで良型が釣れて釣友と大喜びの釣行になりました。

後日、大きいチヌの腹を開けてみるとコーンがびっしり入っていました。
激荒が効いた事を実感した初釣りとなりました。
20150103_155442.jpg1420277409267.jpg1420277420301.jpg20150103_081039.jpg