和歌山のグレ

  • 投稿日:
奈良県在住 梅屋 智徳フィールドレポーター様より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させて頂きます。

寒グレシーズン真っ盛りですが、私のホームとしている三重県は絶不調。単発的でなかなか大型ラッシュに突入しません。年が明け新年一発目の釣行先の選定にかなり悩みましたが、和歌山の釣友の勧めで人生初の『江須崎』酒井渡船さんへ4日出掛けました。

 カレンダーでいうところの正月最後の休日でしたが、好調を物語るかの様に釣り人は多く、混雑状態の中、釣友のナビゲーターのお蔭で、【一の島】に運よく仲間と共に4名で渡礁。銘々に釣り座を取り、私は沖向きに釣友と並んで竿を出します。

今回の餌はオキアミ6㌔に配合材は浮かせ&集魚&量に重点を置き、V9SP・遠投ふかせTR・爆寄せグレ・グレジャンボを各1袋ずつ、サシエはグレ丸とスーパーハードMにアミノ酸αをふり掛けて使用します。


下り潮が流れ、いかにも気配ムンムンのなか開始30分程で待望のアタリ!竿1本半先に出来ている潮目にウキが馴染むと30オーバーのイサギ連発。2投に1匹のペースでヒットします。最初はお土産にと喜んでいましたが、生粋のグレ師()としてはグレが釣りたいとの思いで作戦変更!

ウキに直接マキエを合わさずに潮目の中でマキエとサシエが合うようにズラして撒く様にしたところ、先程までと違ってウキがモゾモゾとしたアタリ!アワセるとギュイーンと心地良い引きが...♪ 気持ちいいやり取りの後、姿を現したのは待望のミドルサイズのグレ☆

このグレを皮切りにイサギに程良く邪魔されながらもポツポツとアタリを拾い数匹追加したところで西風がかなり強く吹き付ける様になり、潮も弱く沈黙の時間が長くなり、なかなか思う様にアタリが取れません。

風は益々強くなり風波が容赦なく襲い掛かり横から背後からバシャバシャとシャワーを被りながらも頑張っているとようやく弱いながらも潮がとり、竿3本程の所にヨレができています。すかさず練り込んだマキエで遠投。逆光&風波でウキは見えないが、ラインをひったくるアタリ連発でイズスミやサンノジといった外道が混じりながらもグレのアタリは終日続き、終わってみれば、リリースサイズもあって30~38㌢までを二桁オーバー、初釣りとしては上々の滑り出しの釣行でした。次回は40アップ目指して頑張りま~す☆
1420560481855.jpgDSC_0004.JPGDSC_0028.JPG