中紀阿尾のグレ

  • 投稿日:

大阪府在住の栗山 高幸フィールドスタッフ様より釣果レポートが届きましたのでご紹介させて頂きます


今年最後12月31日に期待を膨らせて阿尾の磯へと途中、エサを購入しました。

阿尾漁港に到着して1時間程仮眠を取り6時半に出船しました各磯師は黒バエ、二のハエ堤防へと上がります。私たちはここ磯群での一番沖磯の一のハエ南向きに磯上りをしました。友人に沖向き先端を「どうぞと!」私はその横に釣座としました。海況は程よいサラシで比較的釣りやすい状況です。早速、生オキアミ6㌔にマルキュー「イワシパワーグレスペシャル」「遠投ふかせスペシャル」各1袋をよくかき混ぜました。それから仕掛けを作りました。

磯際と竿1本先にマキ餌を撒きます。刺しエサ「グレ丸」を付けてウキを投入します潮は左から右の沖に流れていますが待てどもアタリもなく時間が経つとマキ餌が効いてきたのか、すると竿先にアタリが伝わりアワすと上がって来たのはヘダイのエサ取りです。横の友人が竿をまげてグレ30㌢をまた同サイズを3連発しています。年末で12時最終で気持ちは焦りますウキ下を聞くと2ヒロ半と聞き仕掛けを投入します、するとウキがジワジワと沈み待望のグレです丁寧に取り込みやっと1匹目です、同サイズを追加しました。友人がやりとりをしてグレをゲットしました。友人は中紀で初めて43㌢を釣れて喜でいます。

私に釣れるのは中型グレです磯を休めるためお弁当を食べて一息つけます、時間は9時半釣り再開ですウキが馴染むと同時にスーッと水中に少しずつ沈みますラインがゆるゆると張出し、すかさずアワすと「ガッン」と「これは大物と確信」慎重にやりとりします最後の締め込みを耐えて浮いて来たのはブルー魚体が見えますグレ45㌢を1回でタモに納めました「ヤッター」と同時に疲れと喜びでいっぱいです。その後潮止まりエサが付いたままでウキ下を深くすると、へダイばかりで時間12時納竿としました。

今回は2人でグレ45㌢、43㌢、35㌢~28㌢を7匹と大変満足した釣果でした。

 今シーズンは船長の話では全体的に40㌢級のグレも多く年が明けてから本番入りとのことです。

マルキューグレ一45㎝.JPGマルキュー古久保.JPGマルキューグレ全釣果.JPGマルキューエサ.JPG


☎照ちゃん渡船(0738・64・2601) 

竿:釣研フロートマスターTF
ウキ:釣研SPエキスパートグレ G2
道糸:釣研フリクションゼロ2号
ハリス:釣研ゼロアルファ1.7号
針:オーナーグレ競技用6号