呉市のメバル

  • 投稿日:
日高幸俊フィールドレポーター様より釣果報告頂きましたのでご紹介させて頂きます

 呉市とびしま海道

とびしまエリアのメバルは産卵期の終盤に入りました。

産後のメバルは痩せているイメージがありますが、激流ポイント周辺では筋肉質のメバルが力強いファイトを楽しませてくれます。


この日選んだポイントはとにかく潮が複雑でキャストする度に流れる方向が変わったりで、決して釣りやすいポイントでは無いですが、その流れを上手く攻略できれば数釣りができます。

0.8号のキャロライナリグにシラスヘッドファイン0.6gをセット。

今の時期、メバルが主に捕食しているのはアミ。


まずはアミパターンで実績のある、小さいながらもしっかり波動を出してアピールできるグラスミノーで様子を見てみます。

カラーはアミパターンに有効とされるクリア系の「ピュアクリアホロ」を使用。

メバルの活性も良いようで開始早々からヒットします。


IMG_0624.JPG
ポツポツと釣れ
続けるのですが、いまいち連発はしません。
そこでワームをメバル職人ミノーSSに変更しローテーションしてみるとナチュラルチャートグローにアタリが集中しました。

暗い海中で光らせて使用するよりも外灯の効いているポイントから明暗の境目までは意外にもグローが効果を発揮してくれる場面が多く、今回もそれが結果に繋がりました。


IMG_0626.JPG
さすがに同じワームばかりを投げているとメバルの反応も薄くなってくるので、こまめにカラーとシルエットをローテーションしながら釣っていると潮止まりまで釣れ続けてくれました。


メバルに混じりアジが釣れる可能性もあるポイントなので、アジの回遊も期待しアジ職人アジマスト2インチも使用しましたが、これもメバルが丸飲みする程に状況にマッチしてくれ数を釣らせてくれました。



IMG_0628.JPG

カラーはもちろん、ワームの種類をこまめにローテーションし
てやる事で魚に過度のプレッシャーを与えずに楽しめると思います。
この日のサイズはアベレージが21~22cm程。
表層から中層でリトリーブ、アクションからのフォールでヒットしてきたメバルは15cmクラスと小ぶりですが、ボトム付近で潮に乗せて流してやると20cm以上ばかりが釣れました。

この日最大の目測24~25cmのメバルを含め、まだ抱卵している個体をできるだけリリースし、ダメージを与えてしまった魚だけをキープ。
結果、釣りあげたメバルは40匹以上と数釣りを十分に楽しませてくれました。


IMG_0635.JPG
これから産卵を終え、春に向けてどんどんとコンディションを回復してくると更に楽しませてくれそうです。