渋谷 直隆
渋谷直隆
(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 各地リザーバー

晩秋を迎え朝晩すっかり寒くなった今日この頃ですが、みなさん良いゲームをされていますでしょうか。
今回は、主に晩秋~冬季にかけて活躍してくれるインザベイトバスによるディープウォーターゲームをご紹介したいと思います。

bass1_1119.gif bass2_1119.gif

実際に今年もこの秋から絶好調で、ホームレイクである青蓮寺ダムでは滅多に出ない55cmアップまで登場し、
今の時期のリザーバー攻略での主軸となっているゲームです。

近年はディープレンジのバスを攻略するにあたり、フィッシングプレッシャーもあって、
間違いなく魚が居るところにライトリグを落としても全く口を使ってくれないことも多く、
メタル系のスピードとキラメキでリアクション的にバイトさせてしまうことが以前よりもより効果的になっているように感じています。

そんな中でも特にクリアウォーターでは、あまり激しいアクションや波動を発生せずに、
どちらかと言うとナチュラルで弱めなタイプのルアーが結果をもたらせてくれるように思います。

そこでインザベイトバスです。

IN THE BAIT / BASS

ボディー自体はいわゆる「I字」に近くほとんどアクションせず、
引っ張った時はもちろん、フォールの時も、あるいはステイさせている時も、リアのブレードが常に動くことで
ちょうど良い強さ(弱さ)で自発的に魚を誘い続けてくれます。

ライトリグに比べると十分に強く、かつスピーディーにエリアをチェックでき、
勝負が早いことも一日の限られた時間の中で有効となります。

さらには絶妙のバランスで作られているため、ほとんど根掛かりせず、
仮に引っ掛かってもロッドをあおるとほとんどの場合は自重ではずれてくれて、ロストが少ないことも嬉しいルアーです。

●使い方・アクションは大きく3パターンあります。

① キャストしてリフト&フォール
水温が下がり切っておらずまだ魚が広く散っていて魚に追う力がある時は、
少しキャストしてフリーまたはカーブフォールでボトムに落とし、
そこからリフト&フォールを繰り返して手前まで引いて来るというのがまずは一番基本的な使い方かと思います。


② バーチカルなヨーヨー釣り
もうひとつの使い方は、魚探でベイトの群れや立ち木などのストラクチャーを捉え、
バーチカルで直撃する方法が効果的です。

誘い方はリフト&フォールになるのですが、もっとわかりやすく表現すると
いわゆるヨーヨー釣りのような感じでロッドを上げ下げします。

スーッとゆっくりロッドを立て、そのまま張らず緩めずでフォールさせます。
バイトはフォール時が多いですが、上げる時に追い喰いして来ることもよくあります。

ちなみにメタル系ルアー全般に言えることですが、あまり激しく動かすとコイ科魚類がアタックして来てしまうことが多いように思います。
バスにはマイルドでゆったりとした動かし方が合っているんじゃないかと思いますし、
そんなにすごく動かさなくてもルアーは常に自発的に魚を誘ってくれていますので、
冬期のメタルゲームでコイ科魚類率の高い方々はその辺りを意識されるとバス確率が上がるのではないかと思います。


③ ドラッギング
応用編としては、②をしながらエレキで操船し、ドラッギングして動いて行くというのも
広いフラットやチャンネルなどを攻める時には効果的です。
また、タテ方向の動きよりも横に泳がせた時の方が良い時があり、
ラインを多めに出してのドラッギングで完全な横引きというのもアリです。

特にタテのゲームでバイトはあるけれどフッキングに至らないという時に効くことが多く、
「ディープウォーターでのミドスト」のような感覚でうまく一定のレンジをキープしてあげると
連続してバイトして来るようなことも何度も経験しています。

●ウェイトの使い分け、カラー、タックル

インザベイトバスには7g、12g、18gの3サイズがありますが、
魚のレンジが5m前後の時は7g。10m前後になると12g。15mを超えてくると18gというのを基本にしています。

もちろん、風や流れがあるとか、浅いけれども速く落としたい、深いけれどもゆっくり落としたい、など
状況により臨機応変にウェイトはチェンジしてもらえればと思います。


カラーですが、シルバーやゴールドなどのいわゆるメタリック系のカラーを基本とし、
晴天やクリアウォーターで魚がブレードのキラメキを嫌っていそうな時はほとんど光らないガンメタブレード系、
そして曇天や荒天時はシルエットがハッキリと出るペイント系、と3系統に分けて使い分けています。
この考え方の中でその日の当たりカラーを探して行くと良いと思います。

ちなみにメタリック系ではBR-261 メタルスプレイドグラスと、BR-262 カメヤマワカサギ、
ガンメタ系ではBR-120 ライブギルとBR-353 ブラックフラッシュ、
ペイント系ではBR-24 パールアユオレンジベリーが個人的なフェイバリットカラーです。


タックルですが、ロッドはハードベイトスペシャルのHB660MLS-SGtというグラスコンポジットを用い、
ラインはPE 0.6~0.8号+リーダーでフロロ8lbを合わせています。

この組み合わせにより、伸びのないPEラインをグラスティップが吸収してくれることで
バイトをはじくことなくフッキングをもたらせてくれます。
またファイト中も魚のパワーをうまくいなしてくれて皮一枚のような浅い掛かりの時も身切れを防いでくれるので、
このゲームになくてはならないロッドとなっています。

bass3_1119.gif

ということで、魚がディープ化するけれどもまだ追う力がある今くらいからの時期が、スピニングメタルをおぼえるには一番良い時期です。
特にクリアリザーバーではディープエリアを素早くチェック出来て効果的な一手になって助けてくれることがよくありますので、
ぜひチャレンジしてみていただければと思います!

<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB660MLS-SGt
ライン:PE 0.6~0.8号 リーダー:フロロ 8lb
ルアー:インザベイト/バス 7g、12g、18g


■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」
http://ameblo.jp/nshibuya199403/

watanabe_kensuke.jpg
渡辺健資
(ノリーズプロスタッフ 青森県在住)
フィールド:秋田県 八郎潟

こんにちは、ノリーズプロスタッフの渡辺健資(わたなべ けんすけ)です。
今回は真夏の灼熱の中で爆発的な釣果を生んだ、ショットオーバー2の紹介です!

SHOT OVER 2

8月の八郎潟は水温が32℃から34℃まで上昇する事もあり、
バスは一段深い水深2メートル付近を回遊するワカサギやボラの稚魚に付いています。

それを捕食するビックバスに有効なのがショットオーバー2です!
流れのあるボディウォーターや、河川のアウトサイド側など、
ワカサキやボラの稚魚が溜まるレンジのやや上をかすめていくようにショットオーバー2を通します。
すると食い上げてくるような強烈なバイトでビックバスが口を使います。

bass1_20210811.gif

ショットオーバー2の強すぎず弱すぎないウォブルロールアクションが、
水温32℃を越えるような状況下でもバスにスイッチをいれ、バイトに持ち込めます。

ぜひ皆様も、熱中症などには十分注意しながら、ショットオーバー2で灼熱のバスフィッシングをお楽しみ下さい。


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB680L
ライン:フロロ 12lb.
ルアー:ショットオーバー2(221: ナチュラルゴールド)

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 各地リザーバー

長かった今年の梅雨もようやく明け、いよいよサマーシーズン本番ですね。
皆さんは良いゲームをされていますでしょうか?

今年はあまりの長梅雨でレイニーゲームばかりとなり、濁りと水温低下で苦労してばかりでした。
これからの夏本番も含め、この季節のゲームにおいては「本当は巻きでキメたい」と思っていても
様々な要因でうまくハマらないことが意外に多かったりするのではないかと思います。

しかし、そんな中でいつもクオリティーフィッシュをもたらしてくれるルアーがあります。
それが「フラチャットレディーバランス」の組み合わせです。

bass1_200820.jpg

今回は、私が一昨年の発売以降、困った時にいつも助けられている
「フラチャット+レディーバランス」についてレポートしたいと思います。


私が初めてレディーバランスを目にした時、田辺さんが『今年のイチオシ!』と仰っていたのがフラチャット+レディーバランスで、
『こういう大きなシルエットで、I字に近い動きがビッグフィッシュに効く』、
『14g以上の重めのフラチャットに背負わせて浅いところで速く巻く』と説明していただきました。

その時は何となく、「へえーそうなんだ」というくらいの感じで、正直まだピンと来ていなかったのですが、
実際に使ってみると、とにかく不思議にデカい魚が食って来ることを何度も何度も体験し、
今では「これはスゴイ」と実感しています。

bass2_200820.jpg

そして一昨年の時点ではまだ"出しドコロ"がよくわからないままに様々な状況下でただ投げまくっていたのですが、
昨年からは有効な状況が自分なりに整理できつつあります。


有効なシチュエーションのひとつは、
水に濁りがあって、水の色的には本来はクランクベイトを投げたくなるような状況。
それでありながら、晴れ渡っていたり風がなかったりして巻きでは難しそうに思える時が出番です。

弱めのアクションのクランクやスモールシルエットなクランクを入れてもバイトが出ないのに、
なぜかこんな大きなフラチャット+レディーバランスには食って来るという不思議体験?を何度も味わっています。

bass3_200820.jpg bass4_200820.jpg

もうひとつの有効なシチュエーションは、
良い風が吹いていて、ベイトが絡んで、典型的なスピナーベイト場と思えるのに
人為的プレッシャー等の理由で魚がブレードの波動やキラメキを嫌っているような時。
つまりスピナーベイトでは強過ぎてしまう時です。

この時は、単純に「ブレードがない弱いスピナーベイト」だと思って投げるようにしています。
これがまた効果バツグンで、ナゼかデカい魚が食って来ます。

いわゆる「巻きラバ」をよくやる人であれば、フラチャット本体がラバージグよりはアクションする分、
巻きラバよりは少し強めの位置付けと思っていただくと、より分かりやすいかも知れません。


使い方は、投げて巻くだけ。
表層を引いても良いですし、少しカウントダウンしてから中層を引くのも良いと思います。

スピードを意識してゆっくり引くとかは特に必要なく、
むしろミディアムスピード以上の比較的速めの方がよく釣れる印象があります。

田辺さんに最初に説明していただいた言葉そのままですが、
『ビッグシルエットだけれども動きはI字に近いアクション』がキーです。

レディーバランスという大きめのトレーラーを合わせることによって
フラチャットの動きがちょうど良い具合に抑えられてI 字に近いアクションとなり、
また、14g or 18gというウエイトの重めなフラチャットを用いることにより
不要な浮き上がりを抑えて一定レンジをスピーディーに引けるわけです。

あとは、今年の長梅雨や、あるいは晩秋のような水温低下であまり速いスピードに魚が追い付けない時には
ボトムまで沈めて巻く、いわゆるスローロールのような使い方でも良い結果が出ています。

bass5_200820.jpg bass6_200820.jpg


最後にカラーについてですが、
シルエットが全体的に長く大きなルアーのため、色によって反応がかなり変わります。
なので、カラーセレクトは非常に重要と考えています。

私の場合は、自分の中で好きな組み合わせが5つありますので例としてご紹介します。

① HC15:ライブワカサギ or HC21:スモーキーシャッド + 178:シュリンプ

HC15:ライブワカサギ
HC21:スモーキーシャッド

178 シュリンプ178:シュリンプ


② HC03:グリパンバーサタイル or HC10:タフタイムオレンジインパクト + 004:ウォーターメロン ブラックFlk.

HC03:グリパンバーサタイル
HC10:タフタイムオレンジインパクト

004 ウォータメロン ブラックFlk.004:ウォーターメロン ブラックFlk.


③ HC12:アメザリブラック or HC17:アメザリレッドベリー + 269:ライブワカサギ

HC12:アメザリブラック
HC17:アメザリレッドベリー

269 ライブワカサギ269:ライブワカサギ


④ HC24:ライブゴールドアユ + 317:ライトグリーンパンプキン ブルーFlk.

HC24:ライブゴールドアユ

317 ライトグリーンパンプキン ブルーFlk.317:ライトグリーンパンプキン ブルーFlk.


⑤ HC19:ブラックブルーパープル + 467:ブラック ブルーFlk.

HC19:ブラックブルーパープル

467 ブラック ブルーFlk.467:ブラック ブルーFlk.


上記の5パターンを水の色で使い分けて行きます。

①と②は水が比較的クリアな時のチョイスで、
①は最もベイトフィッシュを意識した水になじむ組み合わせ。
②は地味にしたいけれどもシルエットをある程度浮き立たせたい時に用います。

③と④は濁り気味の水の時に用い、③がうす濁り、④はやや濁り くらいの時にマッチするイメージです。

⑤は強く濁った際にシルエットをハッキリ出したい時のセレクトです。

このように、私の場合は基本的にはスカートとトレーラーの色を合わせて、
シルエットが大きい分、レディーバランスの色はやや地味めのカラーでまとめることが多いです。

フラチャット本体にもレディーバランスにもいろいろなカラーバリエーションがあり、
どのように組み合わせるかもこのルアーの楽しさのひとつだと思いますので、みなさん各自で試してみていただければと思います。
追加される新色もとても楽しみにしています。


なお、タックルについては、
かなりしっかりしたロッドでないとフッキングがきちんと決まらずバラシが多くなるように感じています。
MHパワー以上 + 14~16lbラインは必須と思っていただいた方が良いと思います。


ということで、フラチャット+レディーバランスについてレポートさせていただきました。
チャターは小さめのトレーラーでコンパクトシルエットにして使うことに慣れておられる方々も多いかとは思いますが、
大きさ・長さにビビらずに投げてみていただければと思います。

特に夏~秋にかけて、巻きで成立しそうな(成立させたい)場なんだけれども何を投げても来ない
というような時にトライしてみてください。
結果が出れば、そこからだんだんと自分なりの出しどころが理解できてくるんじゃないかと思います。

bass7_200820.jpg

さんざんいろいろローテーションして投げた後なのに、
なぜかこのルアーにはデカい魚が思い切り食って来る、そんな不思議な体験をぜひ味わってみていただければと思います!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナーヴォイスLTT 620PMH / 6100H
※ショートキャスト主体の時は620PMH、
ロングキャスト主体の時は6100Hという感じで使い分けています
ライン:フロロ 14~16lb
ルアー:フラチャット 14g / 18g + 5.8"レディーバランス


■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」
http://ameblo.jp/nshibuya199403/

八郎潟 HBAトーナメント 優勝パターン

watanabe_kensuke.jpg
渡辺健資
(ノリーズプロスタッフ 青森県在住)
フィールド:秋田県 八郎潟

こんにちは、ノリーズプロスタッフの渡辺健資です。
7月5日に行われたHBA 第1戦 デプスCUPで、
3.6" フリップコギルのチェリーリグを使って優勝することができたので、タックルやパターンなど紹介していきたいと思います。

bass1_0709.jpg

八郎潟の全体的なコンディションとしては、スポーニングもほぼ終了し、アフターから回復にさしかかったばかりという状況です。
連日の雨の影響もあり、各流入河川から冷たい水が流れ込んでいる感じでした。

その中でも、スポーニングエリアからほど近いこと。そして、流入河川からの水の影響の少ない場所。
このふたつをキーとした場所でバスは盛んに捕食していました。

僕が入ったエリアでは朝から試合終了までコンスタントに1kg以上の魚が釣れ、
トータルすると20本近いキロフィッシュを釣りました。

bass2_0709.jpg

そのほとんどの魚を釣ったのが、最近物凄く可能性を感じている
3.6" フリップコギルのチェリーリグです!

bass3_0709.jpg

使い方は、
【アシや縦ストラクチャーのあるスポットのボトム付近をズル引きでスイミングさせる】という釣り方です。

このリグの特徴的なところは、バイトが出るタイミングとバイトの出かたで、
バイトが出るタイミングは止めた時ではなく、動かして止まるか止まらないかくらいのタイミングです。

そして、バイトの出かたは、いきなりラインがギュィーンと走るようなイメージで、
バスが本気で突進してきてそのまま持っていかれるような感覚です。

みなさんも、ぜひこの凄さを体感してみて下さい!

ヤーヤドー!!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャーNXS STN6100H-St
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:3.6" フリップコギル
+ フェロモンチェリー YELLOW #3/0

大西正人(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 サンクチュアリ

みなさん、こんにちは。
ノリーズ プロスタッフの大西です。

今回は、1月12日に醒井養鱒場にて行われました、トラウトキング選手権大会の地方予選
「アンデッドファクトリー&ラッキークラフトCUP」に参戦してきました。

醒井さんの大会は、どの大会でもとてもよく釣れる事で有名で、エントリーするのにも激戦な人気のある釣り場です。
今回はトラキンの地方予選の終盤に差し掛かっていたからか、総勢66名で争われました。

大会の前週、少しでも状況が掴めるようにプラクティスに入った私のゲームプランとしては、
① とにかく放流魚を追いかける事
② 落ち着いてきたらクランクがメインになる事
この2点がキーになると思っておりました。
また、釣り座によってはかなり難しい状況になることも予想していました。

上記の事を踏まえ、以下の6セットのタックルを準備しました。

<タックルデータ 1> 用途:放流狩り、速めに引くクランク、ディープクランク
ロッド:スパイクアロー 60M-Tz
ライン:フロロ 0.5号

<タックルデータ 2> 用途:放流フォロー、ディープクランク
ロッド:スパイクアロー 62L-Tz
ライン:PE 0.2号

<タックルデータ 3> 用途:2g前後のスプーン、マイクロクランク
ロッド:エスクローザー ec62m
ライン:エステル 0.35号

<タックルデータ 4> 用途:2g前後のスプーン、マイクロクランク
ロッド:エスクローザー ec62ml
ライン:エステル 0.3号

<タックルデータ 5> 用途:ミノー
ロッド:エスクローザー ec61m-st
ライン:エステル 0.4号

<タックルデータ 6> 用途:1g前後のスプーン
ロッド:アンビシャス AB61ML
ライン:フロロ 1.5lb

まず、予選に関してはタックル1と2をメインに釣っていき、
ショートバイトになってきたらタックル3と4で拾っていきました。

レンジに関しては徐々に下がっていくイメージですが、全体的に散らばっているように感じましたので、
レンジを絞るのではなく、巻き上げてみたり、巻き下げてみたり色々な巻き方をしていきました。

場所によっては早い段階でスプーンでの手返しが悪くなっていったので、
そこではまずクランクの早巻きで反応する活性の高い魚を狙い、その後は波動が強くてゆっくり巻けるクランク、
またマイクロクランクでシルエットを落とした中でも強いカラーのクランクとローテしていき釣っていきました。

決勝トーナメントに入ると、場所で活性の高い魚が比較的溜まりやすい釣り座とそうでない釣り座で釣り方を変える必要がありました。
活性の高い魚が溜まりやすい釣り座では予選と同じようなローテで釣っていきました。

そして、活性の高い魚が少ないと予想されるところでは、上記タックル3と4でマイクロクランク、
またはタックル5でのミノーイングでショートバイトを拾っていきました。

trout1_0122.jpg

決勝トーナメントが進むにつれて人的プレッシャーも少なくなっていき、
さらには活性の高い魚が溜まりやすい釣り座になっていくので、
キーポイントで上げた放流魚を追いかける事をしっかりと頭に入れて試合を運んでいき、
その結果、"優勝"することができました。

trout2_0122.jpg trout3_0122.jpg

今回の優勝は、ノリーズのロッドなしでは厳しかったんじゃないかと思っています。

状況として、魚もかなり小さかったり(10cmぐらいの鱒)、いいサイズがいたり、またバイトがあったのか分かりづらい時も多々ありました。
その中でも、ノリーズのロッド達の特性でもあるバラしづらさだったり、感度が良くショートバイトを拾っていきやすいところが、私を助けてくれたと思います。

さて、いよいよ来月中旬からトラキン エキスパート戦が始まります。
試合までしっかりと準備をし、ノリーズタックルを武器に頑張ります。

最後に大会をスムーズに運営していただきました醒井養鱒場様、また冠メーカーのアンデッドファクトリー様、ラッキークラフト様、大変ありがとうございました。
井上 太一
井上太一(ノリーズプロスタッフ)
フィールド:三重県 フィッシングサンクチュアリ

皆さんこんにちは。
ノリーズ トラウトプロスタッフ 井上太一です。

先日、三重県にあるフィッシングサンクチュアリで開催された、トラウトキング選手権大会 地方予選
「アンデッドファクトリー&ノリーズCUP」に参戦して来ました。

trout1_1228.jpg

フィッシングサンクチュアリで釣りをするのが初めてだったので、イメージが無い状態での大会参加となったのですが、
それが私にとっては良い方向に繋がったのかと思います。
釣りの経験が無い分、余計な先入観などを捨てて、目の前の魚を釣る事だけに集中しました。

自分なりの戦略としては、
12月半ばの開催という事で、気温が下がりきらない天候などが続いている感じもあり、
魚のレンジ攻略が重要となると予測し、試合に臨みました。

予選は3グループに分かれて、A・B・Cの3箇所の釣座を回るローテーション方式で、グループ内での総尾数勝負です。
さらに、競技時間内に早上がりをすれば、次の釣座を早い順から取れる面白い形式でした。

予選は大会前に放流された魚がいるため、鱒玄人 ルーニーの2.2gからスタートしました。

masukurouto-rooney.jpg

カウント3くらいで巻いてくると良いバイトが得られ、イイ感じで連発!
バイトが無くなったらボトム層付近を攻めると、また良いバイトが続きました。

しかし、予選も後半に入ると徐々に魚の活性も下がり、厳しい状況になっていきました。
得られるバイトもショートバイトに変わり、簡単には攻略できなくなってしまいました。

そこで、鱒玄人 ルーニーから鱒玄人 ソフィア 1.2gにスプーンを変えて、立ち泳ぎさせるイメージで
手前のかけ上がりを攻めると、また良いバイトが復活しました。

masukurouto-sofia.jpg

この攻略方法で、余裕ではありませんでしたが、各釣座で安定してキャッチ数を伸ばすことができ、予選通過できました。

続く準決勝は、2つのグループに分かれて総尾数上位3名が決勝戦に上がれるルールです。
私は、予選と同じ作戦で挑んだところ、無事通過する事ができました。

残るは決勝戦のみです。
しかし、その決戦の場に上がってきた選手達はその日の状況に上手くアジャストして来た選手ばかり。
予選・準決勝の作戦だけでは、簡単には行きません。

そこで決勝の作戦を冷静に状況判断し、考え直しました。

その作戦とは、時間が日中へと進んだことで魚の活性がもっと下がり、釣果は確実に渋くなっていくと予想しました。
そこで、スタートから軽めのスプーンで中層レンジを丁寧に探ってバイトロスを減らし、1匹を大事にキャッチしていく事にしました。

選択したスプーンは、鱒玄人 ソフィア 1.2gです。
遠投攻略ではなく、手前のかけ上がり徹底的に攻める事を重視しました。

カラーはアース系・ペレット系ではなく、あえて強め(派手め)のカラーを選択しました。
理由は、波動は抑えつつ、カラーでしっかりアピールしてバイトを拾っていくためです。
それが効かなかったり、バイトが出せなくなったら、得意のマイクロゲーム!と決めました。

いよいよ決勝戦の前半がスタート。
開始早々に予想通りに鱒玄人 ソフィア 1.2gでキャッチに成功。
続けて2本追加できました。

後半は、マイクロゲームへ移行。
鱒玄人 ウィーパー 0.9gで、中層から巻き下げと巻き上げを駆使し、
さらにはボトムを着底ギリギリのレンジを巻き誘ってバイトへ導き、試合終了!

前半・後半で総尾数6匹をキャッチし、ノリーズ主催の大会で優勝する事ができました。

trout2_1228.jpg

それと、今大会の準優勝に同じノリーズプロスタッフである相馬選手が入賞し、
結果としてノリーズプロスタッフが1位・2位フィニッシュと嬉しい結果となりました。

エキスパート戦でも相馬選手と共に全力で頑張りたいと思います。

最後に、運営スタッフの皆様と会場を提供していただきましたフィッシングサンクチュアリ様、ありがとうございました。
それと大会に参加していただきました選手の皆様、ありがとうございました。


<タックルデータ 1> (放流魚対策と遠投用)
ロッド:トラウトプログラム スパイクアロー 60M-TZ
ライン:フロロ 2lb.

<タックルデータ 2> (中層レンジ・ボトムから巻き上げ用)
ロッド:トラウトプログラム アンビシャス AB61M
ライン:フロロ 1lb.

<タックルデータ 3> (ボトムレンジを巻き誘う用)
ロッド:トラウトプログラム エスクローザー es62ml
ライン:エステル 0.3号
渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 高山ダム、布目ダム、青蓮寺ダム

12月に入りいよいよウィンターシーズンを迎え、だんだんと難しくなってくる季節ですね。
皆さんは良いゲームをされていますでしょうか?

これからの時期、リザーバーではディープをやると数は安定して釣果に恵まれても、サイズが選べないことが多く、
逆に言うと、いいサイズを狙うにはシャロー~ミディアムレンジをやれば良い魚しか居ないので
ビッグフィッシュには出会えやすい季節と言えます。

特にシャローのパターンが効かない時に、水深 5~8mくらいの比較的状況が安定したミディアムレンジは、
状況を選ばず生活していることが多く、狙い目です。

ミディアムレンジの攻略においては、状況が許せばショットオーバー5ショットストーミーマグナム5といったディープクランク、
パワーロールスーパースローロールなどのスローローリングで成立させたいところですが、
冬に向かうと共にクリアアップして行くことの多いリザーバーでは、特にそうそう巻きでハメられることは多くはありません。

SHOT OVER 3  SHOT STORMY MAGNUM 5

POWER ROLL  SUPER SLOW ROLL

そんな時にオススメなのが、ガンターオーバル5/8oz+FGダディです。

GUNTER OVAL  4-1/2

実はこの組み合わせ、元々好きでよく使っていたのですが、
昨年の12月に田辺さんと高山ダムで同船させていただいた時に目の前で55upを釣って見せていただき、
改めてその効果を目の当たりにしてもっと大好きになったルアーだったりしています(笑)

bass1_201961206.jpg

このルアーは、ボリューム感と大きめのシルエットでビッグフィッシュにアピールしながら、
しかしフォールアクションとしては「ほぼI 字」でスーッと落ちて行きます。

これがビッグフィッシュに効果的で、バスは落ちて来るジグに気付いて
そのままボトムまで追いかけて行き(魚からするとボトムにエサを追い込んでいるイメージ)、
着底後にバイト、もしくは最初のワンアクションかツーアクションでバイトして来ることが多いです。
そしてこのゲームはいわゆるスローダウンゲームに入るパターンではありますが、
意外と手返しは遅くなく、底取りもそう時間はかからない上に長く誘う必要もないパターンのため、
ある程度のエリアカバー能力もあるゲームですので、晩秋~冬季にかけてとってもオススメです。

bass2_201961206.jpg bass3_201961206.jpg

カラーは、「ガンターオーバル 134:ヨシノボリ」+「FGダディ 043:ライトグリーンパンプキン」が鉄板です。

134  


そして水が特にクリアだったり晴れ上がって風もないといったシビアな時には
「ガンターオーバル 136:ライトグリーンパンプキン」+「FGダディ 004:ウォーターメロン ブラックFlk.」が鉄板です。

136  

ぜひ、お試しいただければと思います!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 660H
ライン:フロロ 14~16lb.
ルアー:ガンターオーバル 5/8oz + FGダディ

■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県

9月も後半を迎え、日中はまだまだ暑い日もあるものの朝晩はずいぶん涼しくなり、過ごしやすい日も多くなってきましたね。
皆さんは良いゲームをされていますでしょうか?

今回は、毎年お盆頃~10月上旬くらいまでにかけて楽しんでいる、
落下昆虫を意識したウォッシャークローラーフカフカマッスルゲームのレポートです。

WASHER CROWLER  WASHER CROWLER

夏場~秋のはじめ頃になると、セミをはじめとしたいわゆる落下昆虫に絡めたパターンが
全国各地のフィールドであるのではないかと思いますが、
ウォッシャークローラーシリーズは、まさにこの時期が「出しどころ」のひとつであり、ビッグフィッシュの確率が高く、とっても有効です。

フィールドは、木が水面上に覆い被さっているシチュエーションのところを選びます。
その状況であれば、リザーバーでも野池でも、またはボートor陸っぱりに関わらず、成立するところは多いのではないかと思います。

釣り方は、基本的に木の下にフカフカを投げ、着水で少しポーズを取った後にゆっくりとリールを巻いてルアーをアクションさせます。
あえてあまり速く引かずに、若干ゆっくりめ(音で言うと「ゴボゴボ」ではなく「コポコポ」くらいのサウンドになるスピード)で
引いてあげる方が虫パターンの時は良いように思います。

そして50cm~1mくらい引いたらストップして、3~5秒くらいポーズを取ります。
また引いてはポーズを繰り返し、いかにも弱ったセミが溺れかけている様子を演出します。

bass1_20190926.jpg

フカフカはおなかに付いているブレードのスウィングが生み出すボディーのタテ波動で魚にアピールしながら、
少ない移動距離で狭いスポット内でもしっかりとしたアクション&サウンドとポーズを繰り返すことが出来るため、この釣り方にとても向いています。
とにかく、やや時間をかけてゆっくり誘うことが大事です。

bass2_20190926.jpg

バイトはポーズの最中に出ることが多いので、メリハリを付けてしっかり「止め」の時間を取ってあげてください。
もちろん引いている最中のバイトもありますので特に陸っぱりでは足元まで気を抜かないようにしましょう。

あとは田辺さんがよく「落ちパク」と言っているように、着水と同時にもよく出ます。
このルアー特有の「パシャーン」という着水音がとても魅力的なので、
キャスト時はそのことを意識してあえてやや山なりに投げることも重要です。
落ちパクしなくても、この着水音で魚の興味を引く可能性が高まると考えています。


フカフカをメインとしながら、広いストレッチを線で探りたい時や風があって少し水面が波立っているような場面では、
よりアクションの強いマッスルをチョイスします。

こちらは「セミシルエットのバズベイト」みたいな感覚で、基本はただゆっくり巻くだけでOKです。
多少の風があるような状況下でも、マッスルはしっかりと存在をアピールして魚を引っ張ることが出来ます。
バズベイトよりもスローに引けることも強みです。

bass3_20190926.jpg


カラーは両方のルアー共に、セミを意識してブラック系をチョイスすることが無難ではありますが、
ローライトな日や水が濁り気味の時には派手めの方が効くこともありますので両方揃えておくことをオススメします。

その中でも、マッスルにラインナップされている602:ベーシックイエローオレンジが大のお気に入りです。



オレンジというのは誰もがアピールカラーと捉える色だと思いますが、
落下昆虫を意識する場合にはオレンジはナチュラルカラーにもなり得ると考えています。

どういうことかと言うと、自然界にはハチ、アブ、チョウ、ガ など、オレンジ色の虫は多数存在していますよね。
その意味ではオレンジはただの派手カラーではなく、アピールカラーでありながらナチュラルカラーでもある存在なのではないかと考えているわけです。

ウォッシャークローラーマッスルに限らず、ぜひそんな視点でオレンジ系の他のルアーも投げてみていただければ新たな発見があるかも知れません。
また、フカフカからはもうすぐニューカラー(601:ベーシックホワイト、622:JPブラック)が出ますので、そちらも楽しみにしています。

  

ということで、今回は落下昆虫期のクローラーゲームについてレポートさせていただきました。
もちろんクローラー系のゲームは落下昆虫期だけのものではありませんし、
バイトしてくるすべての魚が落下昆虫を狙っているわけではないとは思いますが、
クローラーベイトで釣りたいけれど「出し時」、「出し所」がよくわからないという方々にはわかりやすい考え方ではないかと思います。

また、そう考えることでマッチするシチュエーションが自ずと見えて来るのではないかと思います。
季節的にもまだまだ行けると思いますので、ぜひチャレンジしてみていただければと思います。

ウォッシャークローラーフカフカ&マッスル共に少し高額なルアーですが、
ずっと心に残るようなビッグワンが「マジで?!」と思うくらいド派手に水面を炸裂させてバイトして来ますので、
お値段以上にプライスレスな価値あるゲームが楽しめると思いますよ!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 620PMH
ライン:低伸張性ナイロン 17lb.
ルアー:ウォッシャークローラーフカフカ(613:ブラックアブラゼミ、615:レッドボディ/クリームヘッド)、
ウォッシャークローラーマッスル(602:ベーシックイエローオレンジ)


■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」

watanabe_kensuke.jpg
渡辺健資
(ノリーズプロスタッフ 青森県在住)
フィールド:秋田県 八郎潟

八郎潟ノリーズプロスタッフの渡辺健資です!
9月に入ってから絶好調のクランキングゲーム。この時期は巻物で数釣りが楽しめる最高に楽しい季節です!

bass1_20190920.jpg

今回はノリーズから新しく登場したコンプリートスクエア70で何匹釣ったかわからなくなるくらい釣りました!

COMPLETE SQUARE 70

bass2_20190920.jpg

1日中コンプリートスクエア70を使い込みました!

bass3_20190920.jpg

八郎潟クランキングゲームといえば、リップラップに当ててリアクションで食わせるというイメージが一般的ですが、
このコンプリートスクエア70は中層で食わせるイメージで効果的にバスをキャッチできました!

bass4_20190920.jpg

イメージは、水深 1m~1.5mくらいのブレイクに潜んでいるバスを食い上げさせるイメージ。
グリグリ巻くというよりは、プルプルしっかり動くスピードで見せて食わせる感じが有効でした!
タイトウォブルアクションの食わせのクランクベイト! まさにこれです!

bass5_20190920.jpg

スーパードシャローで水深 30cmくらいのリップラップを引いてもロストはゼロ!
スタックしてもテンションを抜くと、持ち味の高浮力で浮き上がり、外れやすい!

リズムもよく、ストレス無く巻けるので1日中でもやり切れる!

bass6_20190920.jpg

八郎潟の数釣りハイシーズンには欠かせないアイテムになりそうです!


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB680L
ライン:フロロ 14lb.
ルアー:コンプリートスクエア70

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB710LL
ライン:ナイロン 14lb.
ルアー:コンプリートスクエア70


南敏哉(ノリーズプロスタッフ 佐賀県在住)
フィールド:九州各地

皆さんこんにちは! 九州で活動しております、南です。
前回のNBCチャプタートーナメントに引き続き、今回はJB九州プロシリーズについてレポートいたします。

私が今年参戦したトーナメントは、
1. NBCチャプター 福岡(遠賀川) 5戦
2. NBCチャプター 北山湖(北山湖) 5戦
3. NBCチャプター ヒューマン福岡校(北山湖) 2戦
4. JB 九州プロシリーズ (遠賀川、北山湖)4戦

NBCチャプターが各シリーズ全戦同じフィールドで開催されているのに対して、
JB九州プロシリーズは遠賀川、北山湖で各2戦ずつ行われており、私にとってはどちらも20年以上通いなれたフィールドです。

とはいえ毎年、毎戦どちらの湖も違う顔を見せるフィールドなので、昨年良かった釣りをやっても
いい結果はでないところがバスフィッシング、そしてトーナメントの難しくも楽しいところです。

そして恥ずかしながら、私はこのシリーズにおいて10年以上5位以上の入賞がなく、毎年苦戦を強いられていました。
しかし、それでも「今年こそは!」の信念のもと、今年も1月より時間を見つけては初戦の開催地となる遠賀川へ練習に向かいました。

1~3月の練習では、バスが越冬に使っているであろうスポットを
リグの移動距離を抑えつつ一点シェイクに優れた操作性を持つST620MLS-Ftでしっかり釣り込み、
フィーディングやステージングに使いそうなフラットへの上り口をタダマキ132JPでサーチしていき、
どの越冬エリアがバスのストック量が多いかを探していきました。

TADAMAKI 132

bass1_20190919.jpg

【JB 九州プロシリーズ 第1戦(遠賀川)】

そして迎えた第1戦。
練習内容を基として、バスがスポーニングに向けてコンタクトエリアとして使いそうなハードボトムに対し
朝の冷え込みから少し浮き気味にポジションをとっているのでは?という直感から
HB710LLにセットしたワーミングクランクショットフルサイズをその名の通りワーミングのように丁寧にトレース。

WORMING CRANK SHOT FULL SIZE

すると開始数投にて狙い通りの1kgオーバーをキャッチ!
その後はタイミングを変え、自作フィネス用のスモラバにてリミットを揃え、
2位に入賞することができて、いい開幕スタートになりました。

bass2_20190919.jpg bass3_20190919.jpg bass4_20190919.jpg


【JB 九州プロシリーズ 第2戦(北山湖)】

続いて鬼門の北山湖2連戦。
ここ数年このシリーズでは「北山湖で釣った者が年間レースを制す」といわれるほどの厳しい試合なのですが、
アフタースポーニングの第2戦、私は1匹のバスを釣るために苦労し、その中で選択したのは
ある意味ロードランナーシリーズでは特異なロッドで、とことん「喰わせ」に重きを置いたST680MLS-ULFtのライトキャロを選択。
これでスローなバスに口を使わせることに成功して4位入賞。

bass5_20190919.jpg bass6_20190919.jpg


【JB 九州プロシリーズ 第3戦(北山湖)】

第3戦はサマーパターンに移行しつつある北山湖で、
水通し重視でバックウォーターにあるレイダウンなどのストラクチャーに対してサスペンドしているバスを
カバー越しでもしっかりと掛けて取り込むためにST640M-Ftを迷わず選択。

タックルと釣り方を絞ったことが功を奏し、なんと自分でもビックリの3戦連続入賞の3位!
またこの試合ではもう20年以上一緒に試合に出場し続けている先輩お二方と3人で仲良く(笑)入賞することができました。

bass7_20190919.jpg bass8_20190919.jpg

そして、3戦終了時点で年間トップに立ち、最終戦を前にして自分自身に言い聞かせたことは
守りに入ることなく攻めて勝つつもりで、いつも通り釣りをすること。


【JB 九州プロシリーズ 第4戦(遠賀川)】

プラクティスでも2m以内のフラットエリアにあるハンプ等のシェード側を、
リリースされたばかりのコンプリートスクエア70のクランキングで安定してバスを釣ることができていました。

COMPLETE SQUARE 70

このコンプリートスクエアは、ハイピッチタイトウォブルの恩恵で日によってエリアによって濁り方がコロコロ変わる遠賀川でも
しっかりと魚を引っ張ってくることができ、私の遠賀川クランキングローテーションでは
前述のワーミングクランクショットフルサイズとショットオーバー2とともにローテーションの一角を早速担うことになりました。
(季節によってはオーバー4、5も入りますが、そこらへんはまた別の機会にご紹介したいと思います)

bass9_20190919.jpg

これで最終戦も自信をもって試合開始となりましたが、ここからこの1年間で一番の試練の時が待っていようとは......。

練習で気づいたクランキングパターンでタイミングを2度捕らえたのですが、
魚のポジションが若干変わってバイトの出方が変わったのか?連続ミス......。

試合終了1時間前までノーフィッシュ。
ここまでくるとワラにもすがる思いでST630MLS-ULFtに4"F-シュリルピンのジグヘッドで、
私にとってはとてつもなく重い305gのバスをキャッチすることができ、辛うじて年間優勝することができました。

bass10_20190919.jpg bass11_20190919.jpg

年間優勝はできたものの、最終戦単独の試合で考えれば大きな負け試合となり、試合内容や自分のメンタルの持ち方など
反省するべき点が多々あり、今後の課題が多く残る悔しい試合となりました。

でもそこが試合に出て「楽しい」と感じられるところでもあり、今後も自分のスタイルで挑んでいこうと考えています。

また、今年は11月に河口湖で開催されるJB ジャパンスーパーバスクラシックの参戦権がとれましたので、
普段、私が経験することが少ないフィールドでの試合に出場できることにワクワクしております(笑)


<タックルデータ 1> 第1戦
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB710LL
ライン:ナイロン 12lb.
ルアー:ワーミングクランクショットフルサイズ(350: クリームチャートホットタイガー)

<タックルデータ 2> 第2戦
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST680MLS-ULFt
ライン:フロロ 5lb.
ルアー:3/32ozライトキャロライナリグ

<タックルデータ 3> 第3戦
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST640M-Ft
ライン:フロロ 8lb.
ルアー:1/8ozショートリーダードロップショット

<タックルデータ 4> 第4戦
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB640ML
ライン:フロロ 12lb.
ルアー:コンプリートスクエア70

<タックルデータ 5> 第4戦
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST630MLS-ULFt
ライン:フロロ 4lb.
ルアー:4" F-シュリルピン + 3/32ozジグヘッドリグ